So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

板尾創路の不倫一週間前にとんでもないことを暴露していた峰なゆかの「アラサーちゃん」 [時事ネタ]

板尾創路(いたおいつじ)が不倫したとかで騒がれている。
グラビアアイドルの豊田瀬里奈
食事→カラオケ1時間→ラブホ3時間コースだったそうだ。

板尾1.png

吉本興業のコメントは「映画を見ていただけで男女の関係はありません」なんだと。

豊田は
板尾2.png
「取り返しがつかない。方法がわからない 違うって言ったって、違わなくされるんだ」
とツイート。

こないだSPA!連載のアラサーちゃんで、作者の峰なゆかが「ヤリマンを集めたTV番組の収録に参加したら知人ばかりだった」という4コマを描いていて、その参加者たちが最近ヤった有名人の名前を挙げさせたら板尾創路ばっかりだったとサラリと暴露していた。
板尾4.PNG
もうすでにこういう人認定されてるんだと思って読んでいたが、一週間後の不倫発覚で結構な騒ぎになっていて驚き。
板尾5.PNG
(「週刊SPA!(スパ) 2017年 11/7・14 合併号」より)

 
てなことを書いていたら、
ドコモのdマガジンから、FLASH最新号の板尾創路不倫記事のお知らせがあったよ。
板尾3.PNG

 

FLASH(フラッシュ) 2017年 11/21 号 [雑誌]

FLASH(フラッシュ) 2017年 11/21 号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/11/07
  • メディア: 雑誌



豊田瀬里奈/絶対服従 [DVD]

豊田瀬里奈/絶対服従 [DVD]

  • 出版社/メーカー: M・B・Dメディアブランド
  • メディア: DVD


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

超最新の鳥山明のご尊顔が拝める週刊FLASHは必読だ! [時事ネタ]

なんかよくわからんが、海外のなんちゃらを利用して節税なのか脱税なのかしていた人たちのデータが流出した中に鳥山明の名前があった事件がありまして。

dマガジンで写真週刊誌FLASHを読んでいたら、鳥山明に直撃取材していて驚いた。鳥山明のご尊顔を拝めたのはいつ以来だろう。今こんな感じになってるのか。ちょっと清原みたいだ。ゴミ出しをしてるところを強襲されたらしい。鳥山明ぐらいになってもゴミ出しとかするんだなあ。
タックス1.PNG
コメントは「税金対策は丸投げしてるんで。喋るなって言われてまーす。」ぐらいの想定範囲のもの。

タックス2.png
FLASH公式サイトでも読めます)

手塚治虫世代でない俺らにとっては漫画界の神である。
記者も取材終わった後にサインとか求めたのだろうか。

「スーパーサイヤ人3の悟空描いてください!」
「俺はベジータで!」
「武天老師のあの強さおかしくないっすか?」

うーむ、羨ましい。

 
あと、FLASHで小林よしのりの漫画連載してんだね。
なんか聞いたことあったような気はしたが。今後は毎週読もう。


週刊FLASH(フラッシュ) 2017年11月28日号(1447号) [雑誌]

週刊FLASH(フラッシュ) 2017年11月28日号(1447号) [雑誌]

  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/11/14
  • メディア: Kindle版


DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件 (ジャンプコミックスDIGITAL)

DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件 (ジャンプコミックスDIGITAL)

  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/11/02
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

栄光なき天才三国志まんが、柴田秀樹の「禰衡咆哮(でいこうほうこう)」 [名作紹介]

あまり記憶が定かでないけどもその昔、三国志専門漫画誌があって、その中の「禰衡咆哮(でいこうほうこう)」という漫画がすごく印象に残っていた。
禰衡1.png
人魚の肉を食べたことで不死になった論客が、あちこちの英雄に喧嘩を売りまくり、暗殺しまくるという不思議な話。郭嘉や周瑜はこの漫画では禰衡の刺客に殺されたことになっている。
禰衡2.png
そもそも「禰衡」って誰?って話である。最近になって調べてみたが、頭は良いけど毒舌家で変人。曹操が熱心に召抱えようとするが断固拒否。素っ裸になって太鼓を叩いて追放されるというのが人生のクライマックスというよくわからない人物だ。
禰衡4.png
この漫画は「三国志に聞け!英雄の肖像編」という単行本に収録されている。「ザ・スター」の島崎譲などの短編も収録。柴田秀樹作品は他にも二作品収録されている。才気を感じた作家だったが、その後どうしているかはとんと耳に入ってこない。
禰衡3.png

 

三国志に聞け! 英雄の肖像編 (MF文庫 9-6)

三国志に聞け! 英雄の肖像編 (MF文庫 9-6)

  • 作者: コミック三国志マガジン編集部
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2007/08/01
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

俺的にこの漫画がモテるような気がする賞受賞作、井雲くすの「ぼくは愛を証明しようと思う。」 [モテる漫画]

波よ聞いてくれ」はなんで「この漫画がすごい!」とか言われてるかよくわからん。

もともと沙村広明はフリートークだけで保たせられる作家なので読めはするけども、作者の意図通りに作品が展開していないように感じるので読んでいて消化不良感がある。しかしうちの家族間では大好評だ。60過ぎの母も読んでいる。まあ、20世紀少年みたいにあまり漫画読むのに熱心じゃない人に有り難がられて、ドラマ化して人気出て、沙村広明の地位が不動のものとなってくれれば嬉しいなとは思う。

そんな月刊アフタヌーンを、「ヴィンランドサガ」読むついでに「波よ聞いてくれ」も立ち読みしていると「ぼくは愛を証明しようと思う。」という漫画を発見した。すでに単行本2巻まで出ていたのですぐ購入した。これが「なかなかこの漫画が俺的にすごい賞」を獲得する内容だった。

ぼくは愛を証明しようと思う。」は恋愛ハウトゥー本のコミカライズのようだ。かつて自分は恋愛ブログをやっていたこともあり、その手の本はそこそこ読んでいた。この手の理論というのは出尽くしていているので、何と何の情報を組み合わせて的確にコピーライティングするかというので良否が問われる。

この原作者は、

「恋愛工学を知れば知るほど、そして、実際にたくさんの女の行動を目の当たりにすればするほど、世間に広まっている恋愛に関する常識は、すべて根本的に間違っていることを確信した。恋愛ドラマやJ-POPの歌詞、それに女の恋愛コラムニストがご親切にも、こうしたら女の子にモテますよ、と僕たちに教えてくれることの反対をするのが大体において正しかった。」(本文より)

これらのことを非モテコミットと命名し、根本的な意識改革を勧めているのが画期的だと思う。
愛を証明a.png

愛を証明b.png

愛を証明c.png

主人公は大して可愛くもないし誠実でもない女に貢ぎ、そして捨てられている。

愛を証明d.png
女はおもちゃと戯れる子猫みたいなもんだ。子猫の前でおもちゃを動かしてやるとそれを掴もうと夢中になる。しかしおもちゃを置いてやっても動かないものには興味がないんだ。女が脈ありサインを出してきているのはおもちゃを捕まえようとしている子猫と同じなんだ。こっちがスグに応えてしまっては興味をなくしてしまう。

「いい人」がモテなくて、「ちょいワル」がモテる理由を「女はおもちゃと戯れる子猫」として簡単に説明している。つまり真面目で純粋で一途な男というのは、動かないおもちゃと一緒というわけだ。わかりやすい。

ただこういう本はウケが悪いと思う。
日本人の浪花節に反するからだ。

「素朴に頑張り続けているいい人がいずれ報われる」というシナリオで書かないと、漫画もCDも売れない。「引かせないことです」という金言を残した「シェアバディ」はなかなかよいところを言っていたが、3巻で終わってしまった。
ボディ3.png
非モテのオッサンの所作にだんだん好感持ってしまい、やっぱり自分を偽らずに素で勝負した方がいいんじゃないとか思い始めてしまう。

電車男」はたくさんの人が応援した。こんないいヤツなら、絶対エルメスも好きになってくれるに違いないと多くの人が思った。しかし実際、自分だったら電車男と付き合えるかと問われたら「NO」が大多数だったと思う。想像でしかないが、そういう構造なのだ。見世物として純愛には惹きつけられるが、それは恋愛とは別の感情なのだということを皆があまり認識できていないのだ。



ぼくは愛を証明しようと思う。(1) (アフタヌーンコミックス)

ぼくは愛を証明しようと思う。(1) (アフタヌーンコミックス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/07/22
  • メディア: Kindle版



ぼくは愛を証明しようと思う。

ぼくは愛を証明しようと思う。

  • 作者: 藤沢 数希
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2015/06/24
  • メディア: 単行本


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

路上でベロチュー写真を突きつけられても「酔って覚えてない」で切り抜ける武豊の技術に学ぶ。 [時事ネタ]

dマガジンでフライデーを読む。

武豊が競馬番組のキャスターと路上でベロチューしてるとこを撮って、それ持って自宅へ強襲。佐野量子夫人まで出てきて懐かしの天然ボケキャラを発揮。という内容。
武豊1.PNG
どういう弁明するのかなと思ったが、「彼女は知り合い。酔っ払ってよく覚えてない。」で終わってしまった。なるほど、それで済むんだ(済まなかったのかもしれないが)。あまり写真週刊誌にも競馬にも興味がないが、少し勉強になったような気がした。ちなみに記事には二人で夜の街に消えていったと結末が定かでない。ホテルから出てくるなどの決定的瞬間は撮れなかったのだろう。
武豊2.PNG
武豊はなんとなく地味な印象を持っていたが、やはり何億も稼ぐ業界トップなだけあってオーラが違う。倍近く年の離れた女の子もメロメロになってしまったとしても無理はない。ゆうきまさみの「じゃじゃ馬グルーミン★UP!」に出てくる弓削匠のモデルだよな?

 
ところで近況ですが、異動して職場が変わった。

新人の女の子の仕事を見てほしいと言われ、特に問題もなかったので「いいと思うよ」と答えたら、「もっとビシバシ言ってもらっていいですよ(笑)」と本人の返事。あれ?この子いけんじゃね?と思って、休憩時に一緒になる機会があったので会話して見る。するとなんということでしょう。ちょっとぎこちなかったけど、彼女の方から会話を振ってくれたのもあり一時間近く話してしまい、結局時間切れで解散。ちょっと口説いてみようかなと思った。

不定期で続く。
 

あとフライデーのグラビア、長濱ねるも可愛かったです。キャプチャして100万回保存した。
武豊3.PNG
 
 

FRIDAY (フライデー) 2017年11月24日号 [雑誌] FRIDAY

FRIDAY (フライデー) 2017年11月24日号 [雑誌] FRIDAY

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/11/10
  • メディア: Kindle版



長濱ねる1st写真集 ここから

長濱ねる1st写真集 ここから

  • 作者: 長濱 ねる
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/12/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

リドリー・スコット監督作品でも35年経つと見るのが困難になる件 [心に残る1コマ]

ちょっとコロンブスのことを書こうと思って、子供の頃に映画館で見たコロンブスの映画を見てみようかと思った。ジョジョの奇妙な冒険にも出てくる1492コロンブス」だ。
1492a.png
しかしアマゾンではDVDが超高値!
16440円!(2017年11月現在)
地元のツタヤにもネットレンタルでも取り扱いなし!

まあ、当時劇場で見ても「???」というような映画だった。アメリカ大陸は発見したけども、相棒からは嫌われて寂しくエンディング、という記憶だけ残っている。いわゆるエンターティメントではなく、ちょっと高尚な感じの作品だった。

毎週鬼のような数の新作映画が出ているのである。
35年前の大して売れなかった映画をいつまでも店の棚には置いておけないか。

しかし当時はCMとかバンバンやってたのに諸行無常である。
監督はリドリー・スコットやぞ!
「エイリアン」や「ブレードランナー」の!!

YouTubeで本編を見ることはできる。
完全英語版だけども。
英語わかんないけど、コロンブスについてそこそこ知識があるので、なんとなく内容はわかる。そして金かかってる。さすがリドリー・スコットだ。

ちなみにこの映画に「コロンブスの卵」のシーンはない。
1492b.png

 

1492コロンブス [DVD]

1492コロンブス [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹ホームビデオ
  • メディア: DVD



1492 コロンブス [VHS]

1492 コロンブス [VHS]

  • 出版社/メーカー: 松竹ホームビデオ
  • メディア: VHS



1492 コロンブス〈ワイド〉 [Laser Disc]

1492 コロンブス〈ワイド〉 [Laser Disc]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Laser Disc



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

「シン・ゴジラ」に仮面ライダーネタ!庵野監督のファイズ愛がわかる安野モヨコの「監督不行届」 [時事ネタ]

テレビで「シン・ゴジラ」をやってたらしい。
仕事で見れなかったけど。
盛り上がってたみたいで、いいなあと思う。

初見は映画館。
マニア間でも評価が別れる珍しい映画だ。
え?こっち側にいるならわかるよね!?って思うのだが。

すっかり忘れてたが藤島じゅんにムカついたことを思い出した。
あんなマイナー作家に、「お前ら貧しいもん食ってるな」と蔑みの言葉を吐き出させるぐらい伝わらない人には伝わらない映画だったのだ。よく考えて見るとすごい。

あと、シンゴジに仮面ライダーファイズネタが仕込まれていたらしい。
ファイズ4.png

監督の庵野秀行とファイズといえば、妻の安野モヨコによるエッセイ漫画「監督不行届」。
ファイズ3.png

巻末の解説によると、庵野監督はバンダイから35000円もする大人仕様のライダーベルトを複数ルートから複数本進呈されたらしい。

ファイズ.png

俺は平成ライダーは龍騎一択。
ファイズは龍騎の後だったので、割と真面目に見てた。色々と思い出深い。スマートブレインは敵組織の名前。

ファイズ2.png


監督不行届 (Feelコミックス)

監督不行届 (Feelコミックス)

  • 作者: 安野 モヨコ
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2005/02/08
  • メディア: コミック



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

ゴルゴに消された漫画は生きていた!「カメントツの漫画ならず道」2巻 [新刊]

カメントツの「カメントツの漫画ならず道(2)」が届いた。

さいとうたかをの回がウェブでなかったことにされていたので、単行本未収録になるに違いない!今のうちにゲッサンのバックナンバーを買っておかねば!今は電子書籍で気軽に手に入るから便利だなあ!

↓以前そんなことを書きました
デカデカと1.png

…と、少し得意になってたんですけど、届いた単行本見たら、帯からして「さいとうたかを」の名前がデカデカと掲載されていたよ!なんだったんだ!
デカデカと2.jpeg

あー、、、現代版バロム1よみたいなあ。


超人バロム1 1 (サンデーコミックス)

超人バロム1 1 (サンデーコミックス)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • メディア: 単行本


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

「ば〜っかじゃねえの!?」ファンにオススメの一冊?「歴史系倉庫世界史の問題児(クズ)たち」 [心に残る1コマ]

歴史系倉庫 世界史の問題児(クズ)たち」を買った。
世界史の偉人のクズエピソードを4コマにしているサイトの単行本化だそうだ。
タイトルは「風雲児たち」に引っ掛けているのだろうか、ひょっとして。

世界史は詳しくないのだが、この4コマの中になんか既視感あるエピソードがあるなあと思ったら、ネットで大ブームを起こしたワンカット、「ば〜〜〜〜〜っかじゃねえの!?」の話だった。
じゃねえの1.jpeg
「ば〜〜〜〜〜っかじゃねえの!?」は岩明均の「ヒストリエ」からの一コマ。
王様の嫌がらせで息子の肉を食わされたと分かっても耐えた将軍ハルパゴスが、いざ反旗をひるがえす瞬間の絵だ。

ヒストリエでは王様がなぜそんな振る舞いをしたか、若い頃に蛮族に友人を料理されちゃったトラウマを説明してたけども、「問題児たち」ではハルパゴスがなぜ王様から嫌がらせされたのかを描いている。
じゃねえの2.png
ところでこの王様、その後どうなったか検索して調べて見ると、処刑されたとかされなかったとか一致しない。「問題児たち」では処刑されたとある。「ヒストリエ」ではよく読むとその末路がはっきりと描かれていない。どういうことだ。

 
 
歴史系倉庫 世界史の問題児たち

歴史系倉庫 世界史の問題児たち

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2016/09/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



ヒストリエ コミック 1-10巻セット (アフタヌーンKC)

ヒストリエ コミック 1-10巻セット (アフタヌーンKC)

  • 作者: 岩明均
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/03/23
  • メディア: コミック



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

敵か味方か?ソニック誕生秘話を盗作と一蹴するブレイクJハリスの「セガvs任天堂」 [ゲーム]

dマガジンでファミ通を読んでいたら、ソニックの記事が目に止まった。新作が出るということで、過去作を振り返った特集をしている。デザイナーの大島直人が、ソニック・ザ・ヘッジホッグのデザイン決定の経緯を語っているのだけど、当然ながら「フィリックス・ザ・キャット」についての言及はなかった。

フィリックス1.png

ブレイクJハリスの「セガvs任天堂」下巻にはこうある。
フィリックス2.png

-----------------------
「ところで」フィッシャーは突然、ある記憶を呼び覚まされて、微笑を浮かべながら言った。

「あのハリネズミのアイディアがどこから来たか、お話ししたことがありましたっけ?」

「例のマスコットコンテストからだろう」とカリンスキーは推理した。

「ええ、それはそうですが、コンテストに出されたアイディアがどこからきたかという話です」

「いや、聞いたことがないと思うよ」

フィッシャーは顔を彼の方に近づけると言った。

「これは僕が一番好きな話の一つなんです。ゲームのデザインをしたのは中さんだし、彼は強烈な個性の持ち主なので、全ては彼の手柄のように言われ、大島さんの貢献はそのどさくさで忘れられていました。そこである時、僕はソニックの本当の生みの親である彼のところに行って、あのアイデアはどうやって思いついたのかと聞いて見たのです。彼は本当に内気でまったく気取ったところのない青年なので、きっと『皆で努力した結果です』とか『たまたまです』などと言うに違いないとばかり思っていたところ、微笑とともに返っきた答えがこうでした。『フィリックス・ザ・キャットの顔をミッキーマウスの体に付けたらああなっただけですよ』

「いやまさか」とカリンスキーは言った。「それはあり得ないだろう」

「いえ、誓って本当のことなんです」とフィッシャーは声を立てて笑いながら言った。

「これはあなたにとって大きな驚きでしょうが、大島さんにとっては今までこのことを一度も咎められたことがない事実の方がよほど大きな驚きなのです。

 二つの異なるキャラを盗作して作られた新たなキャラが彼らの人生をここまで変えてしまったことに二人は苦笑するしかなかったが、フィッシャーは腕時計を見るとそれまでの冗談めかした口調を変えて言った。「ところで、ずっと間違いを繰り返していた人間がそれを認めないと言うのはよくあることですよね。でも、僕が腑に落ちないのは、あなたがどうして今になってそんなことを僕に聞くのかと言うことです。
-----------------------

フィリックス・ザ・キャットに似ていると言う声はキャラ誕生当時から少なくなかったと思う。だが盗作というのは穏やかじゃない。カートゥーンのパブリックイメージから作られたという方が適正だろう。
フィリックス3.png

書いてる人にも、訳してる人にもゲーム愛が多少疑問に思えるこの「セガvs任天堂」。このフィリックスの話は、訳した仲達志も読みどころの一つとしてあとがきで引用している。

ちなみにフィリックスの歴史は古く、ミッキーマウス誕生以前にディズニーがフィリックスをパクったとして訴えられているんだそうだ。

 

週刊ファミ通 2017年11月23日号

週刊ファミ通 2017年11月23日号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/11/09
  • メディア: 雑誌



セガ vs. 任天堂――ゲームの未来を変えた覇権戦争(下)

セガ vs. 任天堂――ゲームの未来を変えた覇権戦争(下)

  • 作者: ブレイク J ハリス
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/03/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック
前の10件 | -
メッセージを送る