So-net無料ブログ作成

あらためて三国志を読み返す。劉虞とは誰か? [名作紹介]

最近「蒼天航路」の再マイブームが来ている。

袁紹と郭嘉が舌戦やってる時に出てくる「劉虞(りゅうぐ)」という名前。どこかで聞いた様な気もするが、記憶が定かでない。蒼天航路読んでるだけでは。袁紹が皇位継承者として後押ししようとした人物ということしかわからないので調べてみた。
劉虞1.png

と言ってもwikiを読んだだけだが。
どこまで真実なのか知らないが、すごい面白いというか、ひどい話だ。
とりあえず、名門の出で幽州の優秀な政治家として知られ、民はおろか異民族からも慕われるという人気っぷりだったらしい。袁紹は劉虞を表に立てて、董卓&献帝タッグと戦おうとした。ウルトラリア充だったのだろう。

そんな光り輝く未来しか見えない劉虞さんの運命はどこから狂い始めてきたのか?あの劉備の学友、公孫瓚のせいらしい。蒼天航路で鳥そっくりの容姿をしていた烏丸族が暴れ出すと、辺境の守りを任されていた公孫瓚は苦戦。上司として劉虞が派遣されてくる。劉虞はハト派、公孫瓚はタカ派ということで、相性が悪い。うまくいかなかったらしい。

袁紹が挙兵し、董卓が都を移すと、献帝は劉虞に助けを求めるために、劉虞の息子を派遣。しかし道中袁術に捕まる。袁術は劉虞の兵を横取りするために工作。公孫瓚は反対したが、劉虞は騙され、袁術の元に兵を送ろうとする。公孫瓚はハリネズミの最期でおなじみの、弟(史実では従兄だそうな)・公孫越を派遣し、邪魔しようとするのだが失敗。劉虞と公孫瓚の仲はますます険悪に。
劉虞2.png

公孫瓚が袁紹と戦いまくり、失敗しまくりなので、劉虞は公孫瓚への補給をケチる。公孫瓚は劉虞が異民族を懐柔するための物資を強奪。なんとか二人の仲を取り持とうとする人が死ぬと、劉虞は公孫瓚を殺そうと兵を起こす。劉虞は反対する部下を「士気を下げた」として処刑すると、ドン引きした部下の中から公孫瓚にチクるものが出てきたりでますます士気は下がった。民衆を盾に城に立て籠もったというなりふり構わない公孫瓚。民は斬るなという人格者っぷりを見せる劉虞だが、これがアダとなり、あべこべに公孫瓚に捕まってしまう。
劉虞.png

多くの人から助命嘆願されるも、公孫瓚は拒否。市中引き回しにして、「皇位継承者なら自在に雨降らせられるんだろ?ああん?」と無茶振りされ、無情にも天気は晴れが続き、詐欺師呼ばわりされて殺されてしまう。この辺、孫策のエピソードと似てる。さらに公孫瓚は劉虞の家を捜索したら銭ゲバだと分かったと、清廉潔白で倹約家という劉虞のイメージを毀損しようとした。
劉虞3.png

結局、このことで公孫瓚の評判はガタ落ち。烏丸族も活性化。袁紹との戦いに負け、本能寺よろしく城に火を放ち家族を殺して自害という最期だった。これと友達という劉備もガラが悪そうである。
スクリーンショット 2016-01-23 8.02.00.png

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 2

お名前(必須)

劉玄徳って極右気取りの暴力団組長、侵略者以外の何者でもないですよね…。
by お名前(必須) (2017-04-20 23:09) 

1up

まあそもそも人権とかない時代ですしね。当時の軍役なんて、どんだけブラックだったんだろうとか最近よく想像します。
by 1up (2017-04-21 07:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る