So-net無料ブログ作成

5年前に終わった作品がアニメ化!今度は32年前に終わった作品としてドラマ化!ジャニーズファンが読むべき島本和彦の「燃えよペン」 [時事ネタ]

TVドラマ化された「アオイホノオ」に引き続き、島本和彦の「炎の転校生」がジャニーズWEST主演で映像化されるそうだ。

炎の転校生といえば、島本和彦の出世作。
単行本を読んだのは小学生の頃だったが、第一話の「先生が死ねと言ったらお前も死ぬんだな!」のやりとりは衝撃を受けた。こんな作風の漫画は初めてだった。これがギャグ漫画と気づいたのは「アオイホノオ」の「俺はアホでいく!」の下りで。いわゆるボケ倒す漫画なのだが、素直にストーリー漫画として読んでいたので新鮮だった。

その炎の転校生だが、1991年にアニメとして、エヴァンゲリオンのガイナックスにより映像化されている。そのメイキングが、「燃えよペン」で漫画化されている。燃えよペンは島本和彦の実体験をベースに、炎尾燃(ほのおもゆる)という架空の漫画家の物語として描かれた同作家のライフワーク的作品。続編を経て、庵野秀明との青春時代を描いた「アオイホノオ」に繋がっていく。言うまでもないが、燃えよペンのタイトルは新撰組の土方歳三を主役にした小説、司馬遼太郎の「燃えよ剣」から。
炎の1.png
漫画ではアニメ化に驚いた炎尾が「あれは5年前に終わった作品ですよ!?」と言うコマがあるが、今回は「32年前に終わった作品ですよ!?」と驚いたのだろうか。
炎の3.png
アニメ化に際して主題歌を作者自身が作成。声優としての出演も果たした。
炎の4.png
最後は(当時あまり普及していなかったという)レーザーディスク専用ソフトというオチがつくのだが、(どれぐらい期間を置いたのかは知らないが)しっかりビデオテープ版もリリースされている。かなり後になってレンタルして見たが、アニメとしての出来は置いといて、島本和彦のアフレコがひどくて印象に残ってしまった。
炎の5.png
島本自身が作詞作曲した主題歌の方はかなり良く、求められているものをキッチリ作っている。今回の実写化も、何らかの形で関わるのだろうか?


燃えよペン

燃えよペン

  • 作者:
  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 1992
  • メディア: コミック



燃えよペン (サンデーGXコミックス)

燃えよペン (サンデーGXコミックス)

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2002/11/19
  • メディア: Kindle版



炎の転校生(1) (少年サンデーコミックス)

炎の転校生(1) (少年サンデーコミックス)

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1984/02/18
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る