So-net無料ブログ作成

2巻じゃない商法は有効なのか?!えびはら武司の「藤子スタジオアシスタント日記まいっちんぐマンガ道」 [新刊]

「藤子スタジオアシスタント日記まいっちんぐマンガ道」の新刊が出ていた。2巻ではなく、「名作秘話編」となっていたため、本屋で見かけた際に新刊なのかどうか判断がつかず購入をためらった。原田久仁信の「KIMURA」も最終2巻が同時発売されていたが、まるで再編集版みたいに装丁が変わっていたので買うのをためらった。何度も繰り返し読めた暇な学生時代と違い、一瞥しただけでは新刊かどうか判断ができない。KIMURAなんか最後まで買ったかどうかまるで記憶にないぐらいなのだ。おそらく通巻表記では売れないということなのだろう。基本、続刊が出るたび、売れ行きは落ちていくものなのだから。
hujiko1.png
さて、「まいっちんぐマンガ道」もすっかり内容を忘れていたので、2巻を読む前に一度1巻を読み返した。作者は子供の頃に流行語になった「まいっちんぐまち子先生」のえびはら武司。スカートめくりやら、おっぱいタッチなど、子供の頃はアニメの放送など楽しみに見ていたが、大人になった今では正直少し苦手な作風である。やはり古い感じがするのだ。
hujiko2.png
しかしそこはやはり藤子F不二雄パワーである。
漫画史に名を残す超絶偉大な漫画家の近いところにいた人間の証言は貴重すぎる。一冊1000円超えの超強気価格設定はどうかと思うが、読んで損はない一冊だ。
hujiko3.png
ところで、ちょうど自分ぐらいの年齢と、それより上とで、藤子不二雄観が違うと思う。自分の年代はまず「ドラえもん」という偉大なヒット作ありきの作家という認識だと思う。アニメも自分より上になると、「オバケのQ太郎」からさらにヒット作を連発した作家という認識。その辺のジェネレーションギャップも少し面白いと思うのだ。あの話は最終回のつもりで描いていたのかとか、なぜここは絵柄やキャラ設定が違うんだろうとか、子供の頃に読んでいて、違和感があった部分の謎が解けたりする。
藤子スタジオアシスタント日記 まいっちんぐマンガ道 名作秘話編

藤子スタジオアシスタント日記 まいっちんぐマンガ道 名作秘話編

  • 作者: えびはら 武司
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2017/04/27
  • メディア: 単行本



藤子スタジオアシスタント日記~まいっちんぐマンガ道~

藤子スタジオアシスタント日記~まいっちんぐマンガ道~

  • 作者: えびはら 武司
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2015/06/30
  • メディア: 単行本



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る