So-net無料ブログ作成

「飛び降りろ」教師の発言は捏造?14年前の「ハーフは汚れた血」事件の再現か?福田ますみの「でっちあげ・福岡殺人教師事件の真相」を読め! [時事ネタ]

埼玉県の小学校で、先生が4年生の生徒に「今すぐ窓から飛び降りろ」「命が惜しいのか。早く飛び降りろ」などと3階の教室から飛び降りるよう何度も迫っていたというニュース。事実が歪められている可能性があることを、クラスの生徒の母親がフェイスブックで語っている。
ラスト2.jpg
実際は、「人からやれと言われたらからといって、悪いことをしていいわけではない」「窓から飛び降りろと言われたら飛び降りるのか?飛び降りないだろう。」と説教したのがねじ曲がって伝わっているのだそうだ。

思い出したのは福田ますみのでっちあげ・福岡殺人教師事件の真相だ。漫画ではなく文章だけども。ハーフの生徒に「汚れた血が混じっている」と発言。他にも虐待行為を訴えられ、世紀の大悪人としてニュースに取り上げられた先生。学校は事実を認め、謝罪した。しかしそれは全て相手の親のでっち上げだったということが判明してくるという恐怖のドキュメント。心底ビビる事実が、そもそも生徒がハーフではなかったという点。家庭訪問をきっかけに生徒親がおかしくなるのだが、どうやったら回避できたのか当人にも読者にも全くわからないのが恐怖。

 
どちらの事件も究極的には真相はわからない。まず当事者ではないのだから。「でっちあげ」の件も、10年以上裁判で争っている。ニュースとは、他人というフィルターを通した伝言ゲームだ、と考えることがまず重要だ。父兄のSNSの発言にしたって本当かどうかはわからない(ちなみに自分はこの発言がSNSに本当にあるのか確かめていない)。義憤にかられる野次馬たちにフィルターを意識させるという意義はあると思う。

 
こういうことを考えたい人には弘兼憲史の「ラストニュース」がオススメか。
ラスト.png
時には報道によって誰かを傷つけることもある。それが許されるのは真実を伝えている場合だけなんだ。


[まとめ買い] ラストニュース(ビッグコミックス)

[まとめ買い] ラストニュース(ビッグコミックス)

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Kindle版



でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相―(新潮文庫)

でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相―(新潮文庫)

  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/01/01
  • メディア: Kindle版



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る