So-net無料ブログ作成
検索選択

仙台育英の足蹴りを見て思い出した、緊張感切れないラフプレー読める野球漫画!あだち充「H2』 [時事ネタ]


高校野球のラフプレーが話題になっている。
体重の乗った走者の蹴りが、見事に一塁手の足に炸裂しているが、こんな衆人環視の中で殺人プレーができるわけもなかろうと思う。
広田4.png

なかろうとは思うけども、思い出してしまうのはあだち充のH2に出てくる栄京の城山監督&広田コンビ。
広田1.png

橘英雄が嫌われ役を買って出るシーンがあり、その時に思いついたキャラクターなのだと思われる。名将&好青年感を利用して、実にいやらしくラフプレーを織り交ぜてきて、読んでいて緊張感をキレさせない。さらにあだち充の超良テンポ、神のコマ割りで表現させ、H2をタッチ以来の傑作たらしめている。ちなみに自分はタッチはあまり好きではなかった、というかずっとあだち充が苦手だったのだがこの作品だけは全巻購入、愛読している。

広田2.png


H2 文庫版 コミック 全20巻完結セット (小学館文庫)

H2 文庫版 コミック 全20巻完結セット (小学館文庫)

  • 作者: あだち 充
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2011/03/01
  • メディア: 文庫


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る