So-net無料ブログ作成

再現不可!?メーカーの枠を超え、ガンプラに挑んだプラモたち。 [シリーズ]

今回はプラモ狂四郎に出ていたガンプラ以外のプラモをご紹介。
メーカーの枠を超えた異種格闘技戦のようなプラモ対決!
現在ではこち亀以外では不可能なんではなかろうか。

 
バルディオス
ガンダム他5.png
1986年に放送されたアニメで、主役ロボットはガンダムのパチモンとも言われることもある。ガンダム同様打ち切りを食らったが、実際はそこから1ヶ月延命したそうである。しかし結末は打ち切り感たっぷりだったために反響を呼び、ガンダム同様映画化決定。そんなことが起こっていたのはまるで知らなかったが、子供の頃TVで毎回楽しみに見ていたアニメだった。主題歌の歌詞が「です」とか「でしょう」とか、やたら丁寧語なのが印象的。プラモ狂四郎ではアッガイと遭遇するが戦闘には至らず残念。

 
エックスウィング
ガンダム他1.png
目立たないが、スターウォーズとガンダムの対決があったのはすごい。使えるデブこと山根が「これからは洋物の時代だ!」と宣言。3対1にも関わらずプラモ狂四郎のコアブースターに敗北。これ以後、山根にとって洋物は用無しになったわけである。山根といえばやっぱグフだよなあ。

 
ジェットモグラ
ガンダム他3.png
パーフェクトガンダム同様、プラモ狂四郎を象徴する名プラモである。出典は1965年に放送されたイギリスのTV人形劇「サンダーバード」。5つのスーパーメカを使い、救助活動を行う。ジェットモグラはサンダーバードのメカの中では小さく、子供心に今ひとつ印象に残らなかった。プラモ狂四郎でなぜこんなにインパクトがあったのか考えるに、劇中でキットが大絶賛されたからではなかろうか。最終シリーズで再登板。キャタピラ部分がガンタンクのものになり、宇宙戦を展開した。

 
コンバットビーグル
ガンダム他2.png
西郷どんそっくりの九州男児の「魔改造」に破れた四郎。リベンジのために猛特訓中の四郎が、ホンダシティという当時大人気だった自動車をベースにして作ったプラモ。デザインは大河原邦男である。これがローラーダッシュするスコープドッグと対決するのである。いま見てもめちゃくちゃ燃える展開なのだが、これ以後登場することはなく、リベンジマッチもフルスクラッチのビルバインが使われた。

 
オモロイド
ガンダム他4.png
1980年に日東科学というメーカーが販売したプラモオリジナル商品。何かしらに変形するSDロボットというコンセプトで、デザインは大河原邦男。当時はこういうのが無数にあったような記憶がある。プラモ狂四郎に採用されたキットの中では、唯一一過性で終わってしまった題材ではなかろうか。そういう意味で印象深いのである。日東科学はオモロイドから5年後に廃業してしまったそう。

 




青島文化教材社 サンダーバード No.3 電動ジェットモグラ 1/72スケール プラモデル

青島文化教材社 サンダーバード No.3 電動ジェットモグラ 1/72スケール プラモデル

  • 出版社/メーカー: 青島文化教材社(AOSHIMA)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



1/800 宇宙戦士バルディオス

1/800 宇宙戦士バルディオス

  • 出版社/メーカー: BANDAI
  • メディア:



プラモデル オーナーズクラブ 1/24 No.13 ’82 ホンダシティ R

プラモデル オーナーズクラブ 1/24 No.13 ’82 ホンダシティ R

  • 出版社/メーカー: マイクロエース
  • メディア:



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る