So-net無料ブログ作成

ネタバレとかいうな!キン肉マンの話をファミレスで駄弁るのは最高だ。石原まこちんの「THE超人様」 [キン肉マン]

橋本環奈が、自分がモデルになったと思われる漫画をTwitterにアップしたらネタバレだと非難するヤツがいてニュースになってしまった。逆に批判されると「単行本派だっている」という意見まで出てきて、もう心底キチガイじゃないかと思う。ちなみにTwitterの投稿は雑誌の発売二日後だったそうだ。


1000年に一人のトップアイドル様が無邪気に漫画家のボケにツッコミを入れてくれたのに、自分の些細な利益の方が大事と水をぶっかけるバカ。橋本環奈が今後気を使って投稿を控えてしまったら、どれだけ漫画界の損失になることか。

で、自分も昔そうやって水をぶっかけられたような経験をしたので、キン肉マンの投稿を控えるようになってしまっていた。別に自分の投稿が橋本環奈の100万分の1も価値があるとは思っていない。何か作者がルールを提示したらしいが、それがキン肉マンに適していると心底思えないのだ。

そもそもキン肉マンは感動が大きすぎる。
毎週、読後にかなり心が動かされる。その熱い感動をすぐに表現したくなるのだが、それにいちいち待ったがかかるのは本当に心が疲れるし、しらける。あんなに面白いのに、単行本も買わなくなってしまった(そのうち買おうと思っているけども)。こういうファンは少なくないのではないだろうか。SNSによる口コミの時代だ。ネットですぐに読めるし。あのルールさえなければ、キン肉マンは今よりもっと大評判になっていると思うのだがどうだろう。

そもそもネタバレ怖いと言いながらTwitterやってるヤツが本当にファンといえるだろうか。俺は好きなスポーツがリアルタイムで見れないときは、数日情報遮断することもあるけれど。そんな覚悟の無い奴をなぜ守ってやらないといかんのか納得がいかん。

そんなわけでえ、そろそろキン肉マンの投稿も再開していきたいと思う。

今週は運命の王子たちが再登場。
敵かと思いきや味方っぽい。
スグルとマリポーサが仲が良さげでなんかほっこりする。
超人様1.png
ビックボディはなんか態度がでかい。
ヘタレのくせして。
ティーカップマンやカレクック以上の見せ場が作れるとはとても思えない。

 
ところで、同日公開の石原まこちんの「THE超人様」は、いま一番単行本化を待ち望んでいる漫画だ。
超人様2.png
スペシャルマン、カナディアンマン、プリプリマンがファミレスで駄弁るだけの内容だが、めちゃくちゃ面白い。同作者の「THE3名様」が元になっている。ドラマ化で話題になっていた時、あらすじを聞いてもどうにも理解できなかったが、超人様を読んですごい納得した。これはアイディアだ。

 

キン肉マン 62 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 62 (ジャンプコミックス)

  • 作者: ゆでたまご
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2018/03/02
  • メディア: コミック



The 3名様 1 (ビッグコミックススペシャル)

The 3名様 1 (ビッグコミックススペシャル)

  • 作者: 石原まこちん
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2001/03
  • メディア: コミック



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る