So-net無料ブログ作成
時事ネタ ブログトップ
前の10件 | -

実は香山リカ系の人だった?と話題に。「絶望に効く薬」のほっしゃん回を読む [時事ネタ]

『女子高生の間で「あべ過ぎ」という言葉が流行っている』という政権批判ツイートが炎上したそうだ。かつて天下の朝日新聞が「アベしちゃおうかな」が流行ってると報道して「アサヒってんじゃねーよ」と批判されたのを知らないみたいだ。アサヒる問題が起こったのは2007年。もう10年経っている。ちなみに去年、社会党がアベるというという言葉が小学生の間で流行っていると演説して話題になったそうだ。行きすぎた政権批判ネタとして「アサヒる問題」は象徴的な出来事なので好きなのだが、こっちは全然知らんかった。

大喜利ネタだと思えばまあいいかなと思うのだが、どの発言主もこれはガチだと譲らない。アサヒるの人は「流行語は盛ったかも」と後年トーンを落としている。こういう発言の人は安倍という姓名の人が世界に一人しかいないと思い込んでいるぐらい総理大臣憎しで視野が狭くなっているのだろうか。女子高生なんだか小学生なんだか知らないが、学校で流行っていたらいじめだよ。次の人が何年後に現れるか知らないが、今度は「総理る」「総理過ぎ」とかにしていただきたい。

たぶん「たべ過ぎ」の聞き間違いではないかと思われる「あべ過ぎ」のツイートを拡散していた人の中に、元芸人のほっしゃんがいた。「ネトウヨは場の空気が読めず、貧乏で厚かましい」という趣旨のツイートをしたことがニュースになっていて、タイムラインを眺めていたら発見。お笑いで結構いいとこまで行ったのに引退した人という印象しかなかったが、調べてみると香山リカ系の人みたいで過去にも何度か物議を醸しているみたいだ。

そういえば俺が苦手な漫画家の山田玲司が書いた俺が好きな漫画「絶望に効く薬」でもほっしゃん出ていたなあと思い出して再度読み返してみたらこれがなかなかの良回だった。その次の回が角川春樹なんで全部吹き飛んじゃうけど。
ほっしゃん1.png
絶薬にでた人はなぜ炎上するのだろうか。出演断られることが多いと愚痴ってる回があったけども、そっち系に見られると思われていたのかもしれない。
ほっしゃん2.png
「一ヶ月の間、自宅を出なかったこともあり…あまりに人と口をきかない時間が長かったため…足をぶつけても「痛い」という言葉が出なくなっていた。それから一人で自分の行動を自分に報告してましたね。

俺もあまり喋らない生活してるので、通勤時にカーステ聞きながらおうむ返ししてリハビリしてる。

ほっしゃん3.png
「小学生の時は5年生で転向するまでは人気者やったんですよ。でも転校して暗くなったんです。オープニングスタッフじゃないと入っていくのが苦手なんですよ。(中略)「でも目立ちたい気持ちもあって…」「目立ちたかったんですよねー。」
ほっしゃん4.png
「残る芸人と残らない芸人の違いってどこにあるんですかねぇ…。」「そらあやっぱ本気かどうかやと思いますよ。本気やから努力が苦痛にならないっていうのもあると思うし」

などなど、なかなか深い。

ちなみに最近心に響いた言葉に、「世間話で政治批判するヤツは仕事ができない」というのがある。西村博之だったか。だいたいこんな風なことを言っていた。ほっしゃんは置いといて、なんか分かるような気がする。

 

ONE ON ONE 絶望に効くクスリ コミック 全15巻完結セット (ヤングサンデーコミックススペシャル)

ONE ON ONE 絶望に効くクスリ コミック 全15巻完結セット (ヤングサンデーコミックススペシャル)

  • 作者: 山田 玲司
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/06/30
  • メディア: コミック



ほっしゃん。単独ネタライブ2005緑亀~ミドリガメ~ [DVD]

ほっしゃん。単独ネタライブ2005緑亀~ミドリガメ~ [DVD]

  • 出版社/メーカー: よしもとミュージックエンタテインメント
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

妖怪1話飛ばしが発生したヒラマツミノルの「アサギロ」はゲッサンのアンタッチャブルなのか [時事ネタ]

ヒラマツミノルの新撰組漫画「アサギロ」。
掲載誌のゲッサンが1話飛ばして掲載していたと知った。
なので今月は2話同時掲載なのだそうだ。
飛ばし.png
書きだめとかあるんだ。
月刊誌なのに!
直しとか無いのかな。

ありそうで無かった新撰組漫画の決定版を期待して単行本を買っていたのだけど、最近はあまり繰り返し読むこともない。先月号も読んでいたが、「ん?もうここまで進んでいたのか?」と少し違和感を感じたぐらいで異変に気づかなかったぐらいの温度なのである。編集部とのコミュニケーションは上手く行っているのだろうか。結構な失態だと思うけども、今までまとめニュースなどに取り上げられたのも見た事ない。ツイッターもおとなしいもんだ。

漫画では芹沢鴨が商家を焼き討ちする展開だったが、漫画の方が炎上してないのは逆にやばいような気がする。芹沢鴨以降を描けるのかは新撰組漫画の一つの試練だと思うが、アサギロはどうだろう。

 


アサギロ 1-16巻セット

アサギロ 1-16巻セット

  • 作者:
  • 出版社/メーカー:
  • メディア: セット買い



ゲッサン 2018年 01 月号 [雑誌]

ゲッサン 2018年 01 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2017/12/12
  • メディア: 雑誌



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

日馬富士引退!暴力ダメ絶対のコメントで絶賛される武井壮にDVの過去を発見するが詳細が不明 [時事ネタ]

日馬富士引退。

飲みの席で、愛の鞭だとデンモクでぶん殴って後輩の頭かち割ったらしい。
後輩の保護者である元貴乃花は業界に自浄作用がないと理解しているので、相撲協会からの呼び出しから逃亡。ストレートに刑事事件にするみたい。。。。というのが自分の理解。

相撲に興味ないけども、日馬富士は中国嫁日記に出てきて知っていた。優勝した時に祝賀会に呼ばれて、作者が感動するぐらいの名スピーチができる人格者みたいに描かれたたよね、そんな人がこんな暴行事件起こすかなあと思って調べてみたらそっちは琴奨菊だった。
デンモク1.png

月さんのショックは計り知れない。
あまりTVみてないらしいので、まだ事件について知らないそうだけども。
デンモク2.png

そして日馬富士引退会見。

これについてタレントの武井壮がいいこと言ってる。


超要約すると「愛の鞭で通じると思ってるのは業界ズレ」

武井壮についてもあまり詳しくないんだけど、なんかいい車に乗ってるのdマガジンの写真週刊誌で読んだなあと思った。
デンモク3.png
ちょっと調べてみたら、この人奥さんのDVをはたらいてたとして文春砲食らってたのね。まあ自分が暴力沙汰起こしてないとは言ってないからOKか。

ちなみに武井壮のDV告発から半年経ってるようだが、検索しても詳細は「続報を待て!」ばかり。多分小さなことを大げさに取り上げたので記事にならんかったのだろう。探していたら嫁日記の作者が、奥さんが病気の時に水を飲ませる気配りがなかったのはDVだみたいなツイートを見つけたが、まあこんなレベルだったのだろう。


それはDVでなく、非モテ特有の気配りできない脳の仕組みによるものだよ。庵野監督も同じ失敗してるよ。
デンモク4.png

逆の立場だけど、↓これをわざわざDVだと取り上げるレベルの話じゃないでしょ?
デンモク5.png

あれだけ事件になってもなくならない相撲界の「かわいがり」。
なんかネタないかなと一丸の「おかみさん」読んだけど、やっぱり超名作すぎて読みふけってしまったよ。野球界の「かわいがり」のついては過去に「実録たかされ」で書いたので、興味があったら読んでくれい。


[まとめ買い] 中国嫁日記

[まとめ買い] 中国嫁日記

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Kindle版



おかみさん 全17巻完結  [マーケットプレイス コミックセット]

おかみさん 全17巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]

  • 作者: 一丸
  • 出版社/メーカー:
  • メディア: -



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

志々雄真実のモデルの一人、小林よしのりが「るろうに剣心」を所有してると聞き、家宅捜索したくなる [時事ネタ]

和月宏伸の児童ポルノ所有の件で小林よしのりがブログに書いていたのでおどろいた。
じどうに1.png
小林よしのりといえば志々雄真実のモデルの一人だが、ジャンプ漫画からは遠いところにいっちゃってるベテラン作家なので関心ないと思っていた。しかし小林氏はるろ剣の単行本を3冊所有していたらしい!岸辺露伴が所有していたことに次ぐおどろきだ!
明日0.jpeg

ところでなんで3冊なんだ?
適当にどんな感じか見るために買ったのだとしたら、すぐに書庫に埋もれて何冊あるのかなんていちいち数えたりはしないだろう。そんなに頻繁に読むとは思えないが、書棚のよく見るわかりやすい位置に3冊置いてあるとしか思えない。

志々雄真実がゴーマニズム宣言からのセリフをまんま引用した17巻と、どんな漫画か理解するために買った1巻、2巻ということなのだろうか。それとも「るろうに剣心」「ガンブレイズウエスト」「武装錬金」の三作というのはいくらなんでも曲解だろうか。

小林氏は「児童に妄想を膨らませるのも内心の自由かもしれない。そこから名作や芸術が生まれる可能性もゼロではないから、表現者としては100%ダメだとも言い切れない。」としつつも、「だが、少年ジャンプはやっぱり猥雑でも健全な児童漫画を発表する媒体なのではないだろうか?わしが少年ジャンプでデビューして、その誇りも持っているから、不愉快で残念である。」と続けている。

るろ剣初期の著者コメントに見られる「プロ論」はゴーマニズム宣言の影響があるんじゃないかと思っていたが、今回小林氏が自身のプロ論から「じどうに関心」はありえないと少し諭しているようにも読めるのは胸熱である。

ちなみに小林氏はゴーマニズム宣言3巻で、角川春樹逮捕の影響で映画作品の上映が中止になった件を「作品と作家の人格は関係ないのだから、中止にするこたねーだろう」としている。
じどうに2.png

じどうに3.png

 
現在小林氏は頭山満の伝記漫画に力を入れてるが、るろ剣と同じ明治時代が舞台である。北海道編の中断で相乗効果も無くなってしまって残念だ。小林氏がそんなことを考えていたら密かに「ええ話や」と思う。

 

ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論 巨傑誕生篇

ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論 巨傑誕生篇

  • 作者: 小林 よしのり
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2014/01/08
  • メディア: 単行本



ゴーマニズム宣言全9巻完結(幻冬舎文庫)

ゴーマニズム宣言全9巻完結(幻冬舎文庫)

  • 作者: 小林 よしのり
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • メディア: コミック



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

悪・即・連載中断!和月宏伸が児ポに財産の5分の3をつぎ込み、るろうに謹慎へ! [時事ネタ]

帰宅中、車内でとんでもないニュースを聞く。
「あの人気漫画、るろうに剣心の作者が書類送検されました。」
そしてCM。

ええええええ!
なんで?
師匠の小畑健みたいに銃刀法違反か?
そしてCM明け。

「児童ポルノを所有していました。」
そっちかあああああああああ!!!!

ニュース内容から察するに、警察が摘発した児童ポルノ業者の顧客名簿から悪質と思える人物を家宅捜索したら、それが和月宏伸だったということらしい。
和月逮捕4.png


「捜査関係者によると西脇容疑者(本名)は『児童が好きだった。』と話したそうです」
好きだったのかああああああ!!!!

意外である。
和月逮捕1.png
確かに美少女フィギュアを購入したりはしていたが、作風からは微塵もそれを感じさせなかった。最初は女性作家かと思ったぐらいである。あまり女性キャラを描くのが得意にも見えない。
和月5.png
 
せっかく始まった北海道編も連載中断だそうだ。
淫行で捕まった島袋光年もジャンプ復帰してアニメ化までされてるぐらいだから再開はしてくれるだろうが、結構待たされることになるだろう。エンバーミング描いてる時に捕まっとけ!と思う。今のうちに書きためしといて、一気に掲載してくれよう。実写映画はどうなるのかなあ。。。

 
和月逮捕3.png
るろうに剣心全28巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)

るろうに剣心全28巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)

  • 作者: 和月伸宏
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2010/11/01
  • メディア: コミック



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

板尾創路の不倫一週間前にとんでもないことを暴露していた峰なゆかの「アラサーちゃん」 [時事ネタ]

板尾創路(いたおいつじ)が不倫したとかで騒がれている。
グラビアアイドルの豊田瀬里奈
食事→カラオケ1時間→ラブホ3時間コースだったそうだ。

板尾1.png

吉本興業のコメントは「映画を見ていただけで男女の関係はありません」なんだと。

豊田は
板尾2.png
「取り返しがつかない。方法がわからない 違うって言ったって、違わなくされるんだ」
とツイート。

こないだSPA!連載のアラサーちゃんで、作者の峰なゆかが「ヤリマンを集めたTV番組の収録に参加したら知人ばかりだった」という4コマを描いていて、その参加者たちが最近ヤった有名人の名前を挙げさせたら板尾創路ばっかりだったとサラリと暴露していた。
板尾4.PNG
もうすでにこういう人認定されてるんだと思って読んでいたが、一週間後の不倫発覚で結構な騒ぎになっていて驚き。
板尾5.PNG
(「週刊SPA!(スパ) 2017年 11/7・14 合併号」より)

 
てなことを書いていたら、
ドコモのdマガジンから、FLASH最新号の板尾創路不倫記事のお知らせがあったよ。
板尾3.PNG

 

FLASH(フラッシュ) 2017年 11/21 号 [雑誌]

FLASH(フラッシュ) 2017年 11/21 号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/11/07
  • メディア: 雑誌



豊田瀬里奈/絶対服従 [DVD]

豊田瀬里奈/絶対服従 [DVD]

  • 出版社/メーカー: M・B・Dメディアブランド
  • メディア: DVD


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

超最新の鳥山明のご尊顔が拝める週刊FLASHは必読だ! [時事ネタ]

なんかよくわからんが、海外のなんちゃらを利用して節税なのか脱税なのかしていた人たちのデータが流出した中に鳥山明の名前があった事件がありまして。

dマガジンで写真週刊誌FLASHを読んでいたら、鳥山明に直撃取材していて驚いた。鳥山明のご尊顔を拝めたのはいつ以来だろう。今こんな感じになってるのか。ちょっと清原みたいだ。ゴミ出しをしてるところを強襲されたらしい。鳥山明ぐらいになってもゴミ出しとかするんだなあ。
タックス1.PNG
コメントは「税金対策は丸投げしてるんで。喋るなって言われてまーす。」ぐらいの想定範囲のもの。

タックス2.png
FLASH公式サイトでも読めます)

手塚治虫世代でない俺らにとっては漫画界の神である。
記者も取材終わった後にサインとか求めたのだろうか。

「スーパーサイヤ人3の悟空描いてください!」
「俺はベジータで!」
「武天老師のあの強さおかしくないっすか?」

うーむ、羨ましい。

 
あと、FLASHで小林よしのりの漫画連載してんだね。
なんか聞いたことあったような気はしたが。今後は毎週読もう。


週刊FLASH(フラッシュ) 2017年11月28日号(1447号) [雑誌]

週刊FLASH(フラッシュ) 2017年11月28日号(1447号) [雑誌]

  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/11/14
  • メディア: Kindle版


DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件 (ジャンプコミックスDIGITAL)

DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件 (ジャンプコミックスDIGITAL)

  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/11/02
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

路上でベロチュー写真を突きつけられても「酔って覚えてない」で切り抜ける武豊の技術に学ぶ。 [時事ネタ]

dマガジンでフライデーを読む。

武豊が競馬番組のキャスターと路上でベロチューしてるとこを撮って、それ持って自宅へ強襲。佐野量子夫人まで出てきて懐かしの天然ボケキャラを発揮。という内容。
武豊1.PNG
どういう弁明するのかなと思ったが、「彼女は知り合い。酔っ払ってよく覚えてない。」で終わってしまった。なるほど、それで済むんだ(済まなかったのかもしれないが)。あまり写真週刊誌にも競馬にも興味がないが、少し勉強になったような気がした。ちなみに記事には二人で夜の街に消えていったと結末が定かでない。ホテルから出てくるなどの決定的瞬間は撮れなかったのだろう。
武豊2.PNG
武豊はなんとなく地味な印象を持っていたが、やはり何億も稼ぐ業界トップなだけあってオーラが違う。倍近く年の離れた女の子もメロメロになってしまったとしても無理はない。ゆうきまさみの「じゃじゃ馬グルーミン★UP!」に出てくる弓削匠のモデルだよな?

 
ところで近況ですが、異動して職場が変わった。

新人の女の子の仕事を見てほしいと言われ、特に問題もなかったので「いいと思うよ」と答えたら、「もっとビシバシ言ってもらっていいですよ(笑)」と本人の返事。あれ?この子いけんじゃね?と思って、休憩時に一緒になる機会があったので会話して見る。するとなんということでしょう。ちょっとぎこちなかったけど、彼女の方から会話を振ってくれたのもあり一時間近く話してしまい、結局時間切れで解散。ちょっと口説いてみようかなと思った。

不定期で続く。
 

あとフライデーのグラビア、長濱ねるも可愛かったです。キャプチャして100万回保存した。
武豊3.PNG
 
 

FRIDAY (フライデー) 2017年11月24日号 [雑誌] FRIDAY

FRIDAY (フライデー) 2017年11月24日号 [雑誌] FRIDAY

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/11/10
  • メディア: Kindle版



長濱ねる1st写真集 ここから

長濱ねる1st写真集 ここから

  • 作者: 長濱 ねる
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/12/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

「シン・ゴジラ」に仮面ライダーネタ!庵野監督のファイズ愛がわかる安野モヨコの「監督不行届」 [時事ネタ]

テレビで「シン・ゴジラ」をやってたらしい。
仕事で見れなかったけど。
盛り上がってたみたいで、いいなあと思う。

初見は映画館。
マニア間でも評価が別れる珍しい映画だ。
え?こっち側にいるならわかるよね!?って思うのだが。

すっかり忘れてたが藤島じゅんにムカついたことを思い出した。
あんなマイナー作家に、「お前ら貧しいもん食ってるな」と蔑みの言葉を吐き出させるぐらい伝わらない人には伝わらない映画だったのだ。よく考えて見るとすごい。

あと、シンゴジに仮面ライダーファイズネタが仕込まれていたらしい。
ファイズ4.png

監督の庵野秀行とファイズといえば、妻の安野モヨコによるエッセイ漫画「監督不行届」。
ファイズ3.png

巻末の解説によると、庵野監督はバンダイから35000円もする大人仕様のライダーベルトを複数ルートから複数本進呈されたらしい。

ファイズ.png

俺は平成ライダーは龍騎一択。
ファイズは龍騎の後だったので、割と真面目に見てた。色々と思い出深い。スマートブレインは敵組織の名前。

ファイズ2.png


監督不行届 (Feelコミックス)

監督不行届 (Feelコミックス)

  • 作者: 安野 モヨコ
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2005/02/08
  • メディア: コミック



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

羆嵐!三毛別事件が生んだ凄腕クマハンターにRT嵐!あれ?なんか矢口高雄の「野性伝説」と違うぞ?という話。 [時事ネタ]

最近、また「野性伝説」記事のアクセス数が伸びてるなと思ったら、Twitterで三家別事件の話がリツートされまくっていたらしい。


---------------------------------
三毛別ヒグマ事件は概要の恐ろしさもさる事ながら、事件を経験した村の少年が熊絶対殺すマンな猟師になって生涯熊を狩り続けて熊殺しマスターになり、事件から70年後の70回忌の式典での講演中に倒れて三毛別事件の同日に亡くなるという因縁とか怨念とかを感じさせる後日談がヤバい
---------------------------------

まとめサイトの見出しを見ると、熊に襲われて殺されまくった子供の唯一の生き残りが成長して狂気の熊ハンターに!みたいな書かれ方されてるので、そんな話だったかなと「野性伝説」を読み返す。生死に耐えないぐらい子供が殺されるこの漫画。熊に襲われて生き残る子供はいますが、のちの凄腕クマハンターになる大川氏は直接襲われたわけではなく、熊対策本部が設置された民家の子供。後半生はさほどドラマチックでなく淡々とダイジェストで描かれていました。
くまこども2.png

 
それにしても熊が子供を襲うシーンは本当に正視に耐えない。グロいまんがは嫌いだが、この漫画のグロさはインスタ映えするグロさではなくて、神経にくるグロさだ。コピペしようかと思ったが、やっぱり無理だ。被害者の多くが子供というのがポイントか。
くまこども1.png
子供どころか胎児まで殺されているし。この漫画をみんなが読んでいれば、人里に現れた熊をもうちょっとメルヘンチック&ファンタジーに、かつインスタ映えするように対処しろという人もいなくなるのではないか。
くまこども4.png

 
あれ?
調べていて疑問に思った。

矢口高雄の「野性伝説」には大川春義氏は昭和59年に亡くなったとある。昭和59年は1984年である。しかしウィキには1985年に亡くなったとある。どちらが本当なのだろう。
--------------------------------
1985年12月9日、三毛別羆事件の70回忌の法要が行なわれた。大川は町立三渓小学校 (のちに廃校) の講演の壇上に立ち、「えー、みなさん……」と話し始めると同時に倒れ、同日に死去した。大川は酒も煙草もやらずに、当日も朝から三平汁を3杯平らげ、健康そのもののはずであった。その大川が事件の仇討ちとしてヒグマを狩り続けた末、事件同日に急死したことに、周囲の人々は因縁を感じずにはいられなかったという[1]。
--------------------------------
85年説のウィキのソースは「ほっかいどう100年物語」というラジオ番組を書き起こした本。2008年に発行された第8集にあるようだ。それより10年前の1998年に発行された矢口高雄の「野性伝説」では命日が重なったのは『偶然の一致というには出来すぎたドラマと言わざるを得ない』とまで言っているのに、70回忌とかスピーチの最中に亡くなったとは一切触れていない。
くまこども3.png
省いたのかもしれないが、現地取材を行って親族と打ち解けて大川氏が仕留めた熊の毛皮までいただいた矢口氏が大川氏の亡くなった年を間違えるだろうか。

 

野性伝説 コミック 全7巻完結セット (ビッグゴールドコミックス)

野性伝説 コミック 全7巻完結セット (ビッグゴールドコミックス)

  • 作者: 戸川 幸夫
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1998/11/01
  • メディア: 単行本



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック
前の10件 | - 時事ネタ ブログトップ
メッセージを送る