So-net無料ブログ作成
検索選択
シリーズ ブログトップ
前の10件 | -

四半世紀前に話題となった出版業界を揺るがす問題、再販制度とは?土田世紀の「編集王」16巻 [シリーズ]

シリーズでやっている漫画「編集王」の解説。
どうも最高傑作である明治編以降はテンションが上がらないので、このまま終わろうと思う。

ところでAmazonを見ていたら、秋田書店の「チャンピオン」系列誌の電子書籍が軒並み99円!安い!バキと弱虫ペダルしか読んでないけど、地方のコンビニではなかなか立ち読みする機会も少ないので、100円なら買ってもいいかなあと思った。気になって、「サンデー」や「マガジン」もチェックしたが、それらはおそらく本屋で買うのと変わらない値段。さすがチャンピオンは攻めている。

そういえば「編集王」の最終章は「再販制度」を取り上げている。
近年だと児童ポルノ法が漫画業界を揺るがす大きな危機として話題になったが、再販制度も大御所たちが激しいテンションで世論に働きかけて話題になった。
再販1.png
再販制度は大まかにいえば、出版社の決めた価格を維持して流通する法律らしい。
今は電化製品の広告など、価格が表示されていなくて不便だ。現在の状態になる過程で「オープン価格」という表記をよく見かけたことがあると思うが、その前は「メーカー希望小売価格」として、商品の価格が表示されていた。しかし、市場に自由に公正に競争させて経済を活性化させるために価格は販売店が決めるべきという理由から、メーカーの広告からは価格の表示が禁止された。
再販課長2.png
(画像は「課長島耕作」8巻)

課長島耕作」で、メーカー希望小売価格を守ろうとしない小売店に圧力をかけて、独占禁止法違反だとして大騒ぎになる話があった。例えば書店が「ワンピース」を大量に仕入れる代わりに一冊当たりの仕入値を安くし、一冊200円で売りさばくということができないのだ。そういえば本のカバーには価格が印刷されている。今ちょうど手元にある「サッポロポテトバーベQあじ」やコーラのペットボトルには価格なんて印刷されてないのに。
再販課長1.png
(画像は「課長島耕作」8巻)

この制度の維持が正しいのかはよく分からない。
「編集王」での意見は一枚岩過ぎて、ちょっと圧力感がある。異論を唱えた作家は追放されるんじゃないかというぐらいの重苦しい業界の雰囲気を感じる。結局のところ、チャンピオンはディスカウントして売られている。電子書籍といえば「セール」だ。コロッコロ価格が変わる。電子書籍以前から本屋もどんどん少なくなっている。
再販3.png
電子書籍を嫌う人の本質的な理由は「俺が生まれた時から無い」以外に無い。電子書籍ネイティブは増える一方だ。もはや再販制度は維持されたまま、リアル書店とともに形骸化していくのかもしれない。もしくはリアル書店生き残りの最後のカンフル剤が、再販制度撤廃だったりするのかもしれない。
再販4.png


編集王(16) (ビッグコミックス)

編集王(16) (ビッグコミックス)

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1997/12/19
  • メディア: Kindle版



課長 島耕作(8) (モーニングコミックス)

課長 島耕作(8) (モーニングコミックス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1990/05/23
  • メディア: Kindle版



週刊少年チャンピオン2017年07号 [雑誌]

週刊少年チャンピオン2017年07号 [雑誌]

  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2017/01/12
  • メディア: Kindle版


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

編集王に俺はなる!ワンピースよりも3年早かった土田世紀の「編集王」8 [シリーズ]

編集王第9エピソードは最高傑作との呼び声も高い明治編。

セクハラ気質で仕事はビジネスライクの明治が異動してくる。
あまり人の気持ちなど考えないので人望は無いが、きっちり成果を上げるので上司受けがいい。仕事の取り組み方が相反する先輩編集者に「お前みたいな奴から真っ先に出世するんだろうな!」と捨て台詞を吐かれ、「当たり前じゃねえか。」と内心毒づくコマは名シーン。
編集王8a.png
エロ漫画のプロデュースを思いついたことから少しづつ明治の心境に変化が起きてくる。やり方は相変わらずエゲツないのだが、寝食を忘れ仕事に没頭。スタートさせた連載は編集部の機能がマヒするほどの抗議が殺到。雑誌は創刊以来初の完売という快挙を達成する。
編集王8b.png
(↑抗議が盛り上がりすぎて苦悩する編集長。この頃は不況知らずの出版業界だったそうです)
田嶋陽子をモデルにした女性タレントが編集部に抗議に乗り込んだことから、政治問題にまでなりかけるが、社長はギリギリまで「エロ」を引っ張る。この辺のしたたかさの表現も好きだ。いよいよヤバいとなったことから、明治の漫画はエロを封印され、没落が始まる。
編集王8c.png
しかし明治はキッパリと「エロ以外をやる気は無いぜ」と気を吐く。動機はただ売れるためだったが、ここにきて損得なく、ただエロを追求したいという自分の本性に明治は気づくのだった。
編集王8d.png
そしてここから物語は明治の原体験を追う。
体格もよく、勉強も出来たが、自己評価が低かった明治はいじめにあっていた。友達は自身の空想が生み出した宇宙人だけ。そんな明治をただ一人、人間扱いしてくれたクラスメイトの女の子がいた。そして一人の秀才男子高校生との出会いによって、明治の人格を大きく変える出来事が起こる。
編集王8e.png
ここまで凄まじくはないが、少年期の明治の思考には自分もかぶる部分がある。
「きっと人間がひと回り大きく変わろうとする時、あんたはいつもみんなの分の汚れ役を引き受けていたんだよな。」というセリフは感動的だ。

作者は一体どんな着地地点を最初に思い描いていたのか。おそらく初期の構想と違った結末になったのではなかろうか。明治の顔もだいぶ変わって主役の顔になっている。


[まとめ買い] 編集王(ビッグコミックス)

[まとめ買い] 編集王(ビッグコミックス)

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

編集王に俺はなる!ワンピースよりも3年早かった土田世紀の「編集王」7 [シリーズ]

編集王、第8エピソードは、いよいよ主人公が「担当」となる。
作家は第1エピソードに出てきた大物漫画家。
作家本人には仕事に対する意欲は無く、作品も現場に任せっきりでクオリティも低いのだが、過去のネームバリューのおかげで一定の収益が見込めることから出版社は彼を使い続けていた。

「誰が困るのか?」という大人の話。
それをぶち壊したくなるのが主人公。
全てをぶちまけ、また昔のような名作を作ろうと作家に持ちかける。

自らどん底にいることを認めた作家は各漫画雑誌の編集長に土下座して謝罪。
売れない時代にひたむきに下積みをしていた作家の過去を思い出した編集長たちは謝罪を受け入れる。
しかし再出発の祝杯で作家が悪酔いして暴行、逮捕。世間に大ニュースとして広まってしまい作品は全て打ち切りに。作家は重度のアルコール中毒だったのだ。

編集王、屈指の名エピソードの一つである。
作家のマンボ好塚は、ベテランで「塚」なので、手塚治虫がモデルなのかと思っていたので、業界ではこういう評価なのか?と長年疑問だったのだが、ウィキによると武闘派の中の武闘派として知られる梶原一騎など、複数の漫画家を合成して作られているキャラクターだそうだ。ちなみに編集王の作者もアル中で死亡していることから、実体験も盛り込まれているのかもしれない。
編集王8c.png
保釈されて出てきた好塚が、スタッフによって荒らされた職場をみてショック受けるコマは、江川達也の職場として紹介する書き込みなどもあるが、言い得て妙である。
編集王8d.png
「どのスイッチを押せば読者がついてくるか俺は知り尽くしているんだぞ」というセリフは、本人が言いそうだという意味で江川達也的である。江川達也論はまた別にやりたいが、典型的な大作家の転落エピソードなのかもしれない。

編集王8a.png
(好きなコマ1:「そんな事言って楽しそうじゃないですか。」「まあな。少なくとも今は酒よりな」

編集王8b.png
(好きなコマ2:「泣き言を言う権利はあなたにないでしょう。アルコールに依存するやり方を選んだのはあんたなんだから。あんたと同じぐらいデリケートで、それでもアルコールに依存しないで生きている人間だってゴマンと居るんだから。」

編集王8e.png
(好きなコマ3:気がはや過ぎるが、玉吉の四十九日にはお参りしたい)


[まとめ買い] 編集王(ビッグコミックス)

[まとめ買い] 編集王(ビッグコミックス)

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Kindle版


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

編集王に俺はなる!ワンピースよりも3年早かった土田世紀の「編集王」6 [シリーズ]

編集王第七エピソードは新人の新連載立ち上げエピソード。
編集王6a.png

漫画嫌いの新人編集者、本占地。持ち込み当番で担当した新人が可愛い女の子だったことで戸惑いつつ、彼女の光るセンスに仕事へのやりがいを持ち始める。持ち込み作品は悪役編集者や編集長も絶賛。準入選を果たし、二人は連載用作品の執筆を始める。ところが編集長は持ち込んだネームをロクに読みもせず、用意しておいたアイディアを勧める。実績のない新人コンビと、雑誌の売り上げを二倍にした辣腕編集長とどちらが売れる漫画を分かっているか?という理屈だ。なんとか前向きに受け止めようとする二人。しかしそれは雑誌の売り上げを上げるために新人を使い捨てにする編集長のいつもの手だった。。。という話。
編集王6b.png

進撃の巨人」を少年ジャンプがスルーしたことで、雑誌の批判のタネにする人を、まとめサイトのコメントなどでたまに見かける。別冊マガジンが出した利益をそのままそっくりいただけたのだとしたら、確かに大きな損失だろう。しかし、ジャンプ編集部にしたって売れる漫画が確実にわかるなどとは思ってないことは、ジャンプが「10週打ち切り」と言う言葉を生み出したことからも証明されている。ジャンプ版編集王とも言うべき「バクマン。」でもそんなセリフがあった。
編集王6c.png

最近、Kindle読み放題の「マンガで食えない人の壁 -プロがプロたる所以編」で、敏腕編集者として知られる佐渡島庸平が、モーニング連載中の株取引漫画「インベスターZ」を最初にジャンプに持ち込んだ話をしていてぶっ飛んだ。「ドラゴン桜」「砂の栄冠」などの大ヒットメーカーの三田紀房の作品である。それを雑誌のカラーに合ってないと蹴っ飛ばすジャンプも尋常ではない。作品の面白い面白くないは主観的なものである。発言権を強めるためには売れたと言う実績が何よりものを言うはずだが、ジャンプはそんな要素も超越して雑誌のカラーに収まることが何よりも大事なのだ。などと書くと何か尊大で偉ぶったニュアンスになってしまうが、よくいえばこれは「自分たちが面白いと思えるものはこうだ!」と言う確固たる信念、編集方針である。思いっきり主観的な考え方なのだ。誰もが主観を貫きたいと思っている。しかし頂点に立てるものは一人。どこかで結果と折り合いをつけ、バランスをとってしまうものだ。主観を貫いて業界1位。なんとも羨ましい話ではないか。
編集王6d.png
(好きなシーン。この後、主人公が「痛いとこ突きやがる」とニヤリと笑う。)

今回の編集王のエピソードでの編集長のやり方がどうかと言う感想は特にない。作品をどこで発表したいかと言うのも、ある種の作家の打算だからだ。時代が変わったというのもある。昔、作品がアニメ化された漫画家が、「ジャンプは俺の才能を見抜けなかった」とコメントしていたのを思い出す。その漫画家は今はあまり見かけない。アニメ化された作品のタイトルを聞いてもピンとくる人も少ないだろう。その結果に、ジャンプも何もコメントを持たないはずだ。忙しいだろうから。
編集王6f.png
(このエピソードで同作者のヒット作「俺節」のキャラクターがカメオ出演。昔、友達と本屋に行ってこの漫画を買った時、どんなの?と聞かれて「演歌漫画だよ。」と答えたら「お前スゲえな」と感心されたことを思い出す。」
編集王(6) (ビッグコミックス)

編集王(6) (ビッグコミックス)

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1995/07/29
  • メディア: Kindle版



マンガで食えない人の壁 -プロがプロたる所以編-

マンガで食えない人の壁 -プロがプロたる所以編-

  • 作者: NPO法人NEWVERY内 トキワ荘プロジェクト
  • 出版社/メーカー: NPO法人NEWVERY
  • 発売日: 2014/11/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

編集王に俺はなる!ワンピースよりも3年早かった土田世紀の「編集王」5 [シリーズ]

編集王第六エピソードは衰退した人気ジャンルと書店の話。
文学雑誌「絶叫」のヘルプにやってきた主人公が、立て直しのために暴走する。
感化された絶叫の編集長は雑誌の大幅リニューアルを敢行。二人は刷り部数を上げるように営業部に交渉しに行くが、販売の現場で自分の雑誌がどんな扱いを受けるか実態を知るのだった。
編集王5a.png
…とまあ、編集王シリーズの中でも上位に入る好きなエピソードなのだが、ここまで書いてきて大きな矛盾に気づいてしまった。50にもなった編集長が、営業に本屋に連れて行かれるまで実態を知らなすぎるというのがおかしい。
編集王5b.png
まあそれはさておき、第一エピソードの「つまらないのに連載が続けられる大作家の謎」に続いて、「誰が買っているんだという雑誌が作り続けられる謎」が解説されていて、読者的には一読の価値があるだろうと思う。漫画もまだまだ人気はあるものの、読まない世代も増えているそうで、業界の未来図という意味でも読む価値はある。
編集王5c.png
「絶叫」の編集長が、同期である出版社社長とやりあうクライマックスは印象深い。徐々にタメ口になって行く関係がかっこいいなと思うのだが、今回読み返して、そういえば主人公の所属する漫画雑誌編集部「シャウト」の編集長とも同期だったと思い出した。なんか変じゃない?そんなことない?
編集王5d.png
このエピソードで、書店に並べられることなく返本される本屋の実態が紹介されていたが、自分はコンビニでバイトしていたころ似たようなことをやっていた。ラックに収まりきらない量が配本されてくるのだが、種類が多すぎると返本時期の本を探す作業が大変になる(バイトなのにサビ残するほど他の仕事を抱えていた)ので、新しい雑誌を手前に。古い本を後ろに。あふれた本はどんどん返本。毎日段ボール4〜6ケースになった。
[まとめ買い] 編集王(ビッグコミックス)

[まとめ買い] 編集王(ビッグコミックス)

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

編集王に俺はなる!ワンピースよりも3年早かった土田世紀の「編集王」4 [シリーズ]

編集王第5エピソードは締め切り破りの話。
内幕話でよくある「印刷所が〜!」のアレ。
編集王4あ.png
激務のため、妻や子と疎遠になりかけている副編集長。
いつもより早く原稿が集まりそうになったことから、家族旅行の計画を立ててしまう。
しかし作家の一人が完成原稿を破り捨てて逃亡。
編集王4b.png
家族に、関係者に叱責される副編集長。
主人公はチーフアシに原稿の修復を依頼することを思いつくが、辿り着いたチーフアシの自宅で問題の作家と遭遇。編集者の仕事とはなんなのかという議論になる。
編集王4c.png
土田世紀という漫画家の作品はあまり読んでいない。売れっ子で作品が多いが、やっつけで書いたような作品が多いイメージがあり敬遠してしまう。新創刊の雑誌の常連作家という印象だ。手抜きなのか、照れなのか、面白いと思っているのか、変なギャグで逃げてしまうことがある。編集王は第一エピソードの完成度は高いのだが、第二エピソードからいつものソレが始まっている。このエピソードも、なぜ副編集長が宮史郎似のオカマなのかという疑問がある。シリアスでありながら、恥ずかしいからあまり本気で読まないでよという作者の意図を感じてしまうのだ(もちろん誤解かもしれないが)。
編集王4d.png
それにしてもこの締め切り破りの作家、晴海はかっこいい。
ちょっと岸辺露伴的でもある。
編集王(4) (ビッグコミックス)

編集王(4) (ビッグコミックス)

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1995/01/30
  • メディア: Kindle版



編集王 ワイド版 コミック 1-4巻セット (ビッグコミックス ワイド版)

編集王 ワイド版 コミック 1-4巻セット (ビッグコミックス ワイド版)

  • 作者: 土田 世紀
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2000/11/01
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

編集王に俺はなる!ワンピースよりも3年早かった土田世紀の「編集王」3 [シリーズ]

編集王3a .png
編集王第3エピソードは女性編集者の話。
「女性編集者が登場して10年弱」と書かれているが、30年弱の世界を描いた「重版出来」と読み比べてみるのも面白いかもしれない。ちなみにこのエピソードは、いわゆる「キャンディキャンディ白紙事件」を起こした話でもある。
編集王3b.png
彼女が同日に二人の作家からNGを突きつけられるのは大概だと思うが、漫画のキャラとしても華やかし以上の存在価値は無いまま、なんとなくレギュラー化する。
編集王3d.png
「女だから、と本音で語った男性漫画家の方が傷ついている」というセリフはなかなか味わいがある。
編集王3c.png
第5エピソードはコミケの話。
主人公が進退を賭けて同人誌即売会の会場で新人を発掘しようとする。
そこで新人が見つかるというオチは考えづらいし、実際の結果も同じである。コミケの世界を描いてみたいという意図以外は考えられないのだが、そもそも「萌え」の世界と相性の悪い作家である。精一杯歩み寄ってる感はあるのだが、どうにも消化不良なエピソードになった。この辺が底で、徐々に編集王は描くべきスタイルを見つけ出す。

[まとめ買い] 編集王(ビッグコミックス)

[まとめ買い] 編集王(ビッグコミックス)

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Kindle版



重版出来! コミック 1-7巻セット (ビッグコミックス)

重版出来! コミック 1-7巻セット (ビッグコミックス)

  • 作者: 松田 奈緒子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/03/30
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

編集王に俺はなる!ワンピースよりも3年早かった土田世紀の「編集王」2 [シリーズ]

重版出来よりも20年早かった土田世紀の編集者漫画「編集王」。
第2エピソードは企画モノがヒットして、望まない漫画を書かされる漫画家がテーマ。

1:右も左もわからない純朴な青年
2:編集者の口車に乗せられ、女性の裸しか取り柄のないような漫画を書かされる
3:それが大ヒット。辞めたいが、損害賠償10億請求され、辞められない。
4:主人公(側)が辞めさせる。ただし最終回を描くのがケジメと諭す。

という話。

しかし、これになぜか「女性の裸しか取り柄のない低俗な漫画のタイトルを、ブルセラムーンにしよう!」と作者がしたことから、何か別の意味を持ってしまった。ブルセラムーンとは、当時爆発的にヒットしていたセーラームーンが元ネタ。当時、下着を売る女子高生が「ブルセラ」と呼ばれ、社会問題となっていたので、そこに引っかけている。作者の土田世紀は面白いと思ったのだろうか。これを止めない編集者が編集王を編集していると思うと、本当にどうかしてるとしか言いようがない。しかし改変されまくったTVドラマ版でも、名称はそのまま。武内直子の度量が広すぎということなのだろうか。
編集2a.png
タイトルをセーラームーンのパロディにしたことで、最終回を描くことで決着する話の構成も微妙になってしまっている。セーラームーンの漫画は読んだことがないのだが、1話で急に完結するような話とは思えない。何話分かまとめて描いている気配も無い。それでも敵役である編集長は出来上がった最終回を「最高の出来であることはわかっている」と読まずに分析している。他業種の人が業界を知らずに描いたような内容になってしまっている。
編集2d.png
さらに言えば、「最終回を描かせる」という物語決着の手段が主人公のアイディアではないという構成も変だ。これによって第2エピソードからさっそく主人公の無能感が漂い出している。副編集長のキャラは立ったかもしれないが、あまり意味はなかったように思う。
編集2b.png
この企画モノというテーマは、連載の後半、明治編で大傑作となってリボーンされる。
編集2c.png
(役に立たない主人公)
[まとめ買い] 編集王(ビッグコミックス)

[まとめ買い] 編集王(ビッグコミックス)

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Kindle版



編集王 文庫版 コミック 全10巻完結セット (小学館文庫)

編集王 文庫版 コミック 全10巻完結セット (小学館文庫)

  • 作者: 土田 世紀
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2014/06/20
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

編集王に俺はなる!ワンピースよりも3年早かった土田世紀の「編集王」 [シリーズ]

編集王を初めて読んだのは飛行機の中だった。
機内に置いてあったスピリッツでたまたま読んだんだよな。
第二話あたりを。これは面白いと思って、毎号読み出した。

あしたのジョーに憧れてボクサーになったが夢半ばで選手生命を絶たれた主人公、桃井環八(ももいかんぱち)。幼馴染がデスクを務める漫画編集部で「編集王」目指して働き出すという話。ワンピースの「海賊王に俺はなる!」というセリフは、主人公ルフィの性格と、作品の方向性と性格、世界観、あとハッタリなど、作者の戦略性をよく表しているセリフなのだが、それより3年早く土田世紀が「編集王に俺はなる!」と主人公に言わせていたわけである、これはすごいことだ。
編集王1a.png
しかしその内容は、迷走しているようにも見える。業界の手垢のついていないフラットな目線を持った熱血漢が、政治的な世界をぶち壊し、本音で切り込んで行く、みたいなフォーマットを構想していたのだと思う。
編集王1b.png
初回は、誰も口出しできないベテラン作家の作品にリテイクを出す話。窓口であるマネージャーが、セリフを書き加えることで決着がつく。リアルではあるが、少しカタルシスが足りない気がする。思うに、主人公の能力が、作品内の問題解決にあまり貢献できるタイプで無いのでは無いかと思う。オタクっ気が無いというか、漫画をあれこれ戦略的に分析する能力が無いというか。そのせいか、後半に行くに従って、主人公の影は薄くなって行く。(続く)
編集王1c.png
[まとめ買い] 編集王(ビッグコミックス)

[まとめ買い] 編集王(ビッグコミックス)

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Kindle版



編集王 コミックセット (BIG SPIRITS COMICS) [マーケットプレイスセット]

編集王 コミックセット (BIG SPIRITS COMICS) [マーケットプレイスセット]

  • 作者: 土田 世紀
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1994/07/01
  • メディア: コミック






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

腐女子の系譜、アニパロコミックスは発売できなくなりました最終回 [シリーズ]

天空戦記シュラトは星矢、トルーパーのヒットに便乗して作られたアニメである。「2作目はパクリだが、3作目からはジャンルになる」という言葉があるが、この業界はそうしたブラッシングを繰り返して成長してきたのである。病的なまでにパクリに厳しい人をたまにネットで見るが、若いのであまり数を見てないんだろうなと思う。
アニパロ7a.png
シュラトはまんまと腐女子の心をとらえた。アニパロコミックス36号以降は星矢の抜きつ抜かれつのデットヒートが繰り広げられるが、掲載数そのものはどちらも落ち込んでいく。44号を最後にシュラトの掲載はない。星矢、翼、トルーパーはほぼ毎号、少なくはなったが最終54号まで掲載されていく。44号だけいえば、天下を取ったのは「不思議の海のナディア」である。エヴァンゲリオンの庵野秀明監督の作品だ。
アニパロ7b.png
体感では翼→星矢→トルーパーと来て、次に天下を取ったのは、グランゾートの後番組、サイバーフォーミュラだったと思っていたが、アニパロコミックスにはあまり反応が出ていない。45号以降、最終54号まで一冊で作家三名がネタにしたのはメタルジャックとアルスラーン戦記のそれぞれ一度づつである。

機甲警察メタルジャックはゲーム雑誌でその存在を知るのみで、よく知らないので意外である。ロボコップの影響を受けたのだろうか。レスキューポリスもののアニメ版という印象だ。浪花愛、巣田祐里子などのベテランを虜にしていたようだ。
アニパロ7d.png
アルスラーン戦記は現在荒川弘によってコミカライズ、アニメ化されているが、この当時は角川書店の劇場長編アニメが公開されていた。夕方5時のアニメ再放送を見ていると、角川書店制作の映画CMが繰り返し流され、たくさんの人が洗脳されていたものである。島本和彦は「ワンダービット」の中でそれをネタにしている。
アニパロ7e.png
天と地と」を見に行って呆然としたことは良い思い出でだ。サイレントメビウスの目当てで劇場に足を運び、同時上映だったアルスラーン戦記を見たのだが、後者の方が面白かった。しかし、まさか話の途中で終わるのは度肝を抜かれたが。
アニパロ7c.png


アニパロコミックス最終号近辺では幽遊白書が登場する。
翼は古いが、幽白は最近の作品というイメージだ。過去と現在が繋がった気がする。

調べるほど、当初の目論見どおりの流れにはならなかったが、この辺でこのシリーズを終了する。次回以降は、忘れてはいけないアニパロ作家にスポットを当てて紹介していきたいと思う。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
前の10件 | - シリーズ ブログトップ
メッセージを送る