So-net無料ブログ作成
心に残る1コマ ブログトップ
前の10件 | -

エイズなんてどんとこい?エイズが気軽にネタにされた時代。 [心に残る1コマ]

アニパロコミックスについて調べていたら、三条陸が須田留貧(すたるひん)というペンネームでみんだ★なおと組んでいたという書き込みを見つけた。へえー、知らなかった。なるほど、みのり書房に出入りしていたので堀井雄二と絡みがあった(出入りする前からの知人なのかもしれないが)。そこからダイの大冒険の仕事が来るわけね。今やスーパーヒーロータイムの脚本家だ。

ところで、「アニパロ作家の誰かがエイズになったというお知らせを見た記憶がある」という書き込みを見つけた。
スタルヒン1.png
調べてみたら須田留貧だった(他1名)。
スタルヒン2.png
1986年のアニパロコミックス11号から。

まあ、たちの悪いブラックジョークなんだろうけど。
エイズという病名のインパクトは当時ものすごかった記憶がある。こち亀の「エイズなんてどんとこいだ!」というセリフが修正されたのは有名だ。当時は割と気軽にネタにされていた。特にゲイがなる病気というイメージが強かったため、腐女子御用達雑誌でネタにする作家がいるのは避けられなかったところだ。

アニパロ時代の三条陸の仕事がどうだったのかといえば、正直良いものとは思えなかった。
スタルヒン3.png
まだ雑誌の路線が固まる前で、当時読者が欲している作風とはズレがあったように思う。それはパロディ漫画で名を馳せたというみんだ★なおであっても同様だった。アニパロコミックスはほぼ女性の感性で作られていく雑誌で、手垢のついた男性作家はお呼びじゃなかったのである。

 

小説 仮面ライダーW ~Zを継ぐ者~ (講談社キャラクター文庫)

小説 仮面ライダーW ~Zを継ぐ者~ (講談社キャラクター文庫)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/11/29
  • メディア: Kindle版






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

ドラマ「スケバン刑事」ブームのあれこれ [心に残る1コマ]

前回掲載したSDスケバン刑事。
ビークラブに掲載されていた広告を貼る。
スケバン1.png
横井孝二のガンダム以外のSD画集が出ないのは惜しい。

ドラマ版スケバン刑事のパロディで秀逸だったのが、アニパロコミックスの中村春美の作品。
スケバン2.png
素顔がわかると身の危険があるので鉄仮面をかぶせて育てられたヒロインという、ドラマオリジナルのトンデモ設定なのだが、それにうまく生活感をのっけてオチにしている。「故郷ではこれで通ってたんですよ。」というセリフが素晴らしい。
スケバン3.png
中村春美は可愛らしい絵でも毒があり、しかもドライという作風が良かった。
 
アニパロといえば、巣田祐里子のスケバン刑事イラストがある。あまりイメージが無いだろうけども、小さいイラストとしては巣田祐里子のレパートリーの中に存在したのだ。
スケバン4.png

 
 
スケバン刑事 80’s 1/1ヨーヨー+1/6鉄仮面DXセット

スケバン刑事 80’s 1/1ヨーヨー+1/6鉄仮面DXセット

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



スケバン刑事 コンピレーションDVD

スケバン刑事 コンピレーションDVD

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • メディア: DVD



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

TVでは決して紹介されないトリビア?あの動物で知られる有名会社があの動物にひどい仕打ちをしていた! [心に残る1コマ]

【トリビア】

ディズニー映画は。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
撮影のために生きたネズミを大量虐殺したことがある。

 
ビビる大木「そんなワケないでしょう!ネズミで大きくなった会社ですよ!?」

八嶋「それでは実際に見てみましょう。こちらが確認のVTRです。」

ディズニーといえば、テーマパークや映画製作で有名な会社である。
映画評論家の偽山智浩さんに聞いてみた。

「はい、ディズニー映画は映画のためにネズミを大量虐殺したことがあります。その映画は1958年のドキュメンタリー映画『白い荒野』です。それまでレミングは大量発生し集団で海に飛び込み自殺するネズミと言われており、『白い荒野』はその撮影に初めて成功したとして話題になったのです。しかし実際その撮影は、購入した大量のネズミをスタッフ自らの手で海に投げ込んだという(三回繰り返した後、ビビる大木の「もういいよ!」というツッコミが入る)捏造されたものだったのです。この映画はアカデミー賞をとり、レミングは集団自殺するネズミとして有名になりました。しかし映画から25年後、1983年にカナダ放送協会の調査によって映画の嘘が暴かれたのです。」

 
。。。とまあ、トリビアに取り上げられたらこんな風になるだろうなあ。「セガvs任天堂」下巻を読んでいるんだけど、レミングスが出てくる章でこのネタが書かれていた。自分は全然知らなかったので調べてまとめてみた。ちなみに、捏造が発覚して関係者がどうなったのかという話は見つからなかったが、監督のジェームズ・アルガーは2000年にファンタジア2000の監督として名前がある。あまりたいした事には発展しなかったみたいね。

ところで、この「セガvs任天堂」は2バージョンで映画製作が進められているらしい。最初にドキュメンタリー。次にドラマ仕立てで。「ソーシャルネットワーク」とか「スティーブ・ジョブズ」みたいな感じなのだろうか。見た事ないけど。

この本で、アメリカのセガスタッフが日本のセガスタッフにフグ料理の接待を受ける描写がある。それがまるで度胸試しの様に書かれているのが気になる。
フグ1.png
意を決したアメリカ人がガツガツ食べると、日本人はドン引きして箸もつけない。そこから、日本のセガ社員は勤勉でクリエイティブなのにアメリカと比べて業績がイマイチな理由に結びつけている。リスクある事にチャレンジする精神に欠けているのだと。
フグ2.png
まあ、フグ料理を外人さんに度胸試しの様に勧めるという、ちと悪ノリな接待もあるかなと思う。しかしドン引きして箸もつけないというのはあり得ない。完全にゲテモノ料理として描写されている。この本は作者の想像で補ってる部分もあると最初から明言しているのだが、これはいただけない。

ハリウッド映画にも色々あるけど、とんでもなく安っぽい映画になるんじゃなかろうかと思う。

 
セガ vs. 任天堂――ゲームの未来を変えた覇権戦争(上)

セガ vs. 任天堂――ゲームの未来を変えた覇権戦争(上)

  • 作者: ブレイク J ハリス
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/03/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



セガ vs. 任天堂――ゲームの未来を変えた覇権戦争(下)

セガ vs. 任天堂――ゲームの未来を変えた覇権戦争(下)

  • 作者: ブレイク J ハリス
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/03/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

水虫になった時に思い出す、蹴り技使いの秘密。安永航一郎の「陸軍中野予備校」 [心に残る1コマ]

なんか足の皮がめくれて痒い。
皮膚科で診察してもらったら水虫だった。
水虫なんて、薄汚いオッサンがなる病気じゃん。。。というイメージがあるので若干凹む。

水虫といえば思い出すのが安永航一郎の「陸軍中野予備校」。週刊少年サンデーに1986年ごろ連載されていたコメディ漫画だ。戦中のスパイ養成所である陸軍中野学校に入るために、終戦を知らずに予備校に通っていた主人公が、日本の支配を狙う悪の秘密組織の送り込む刺客たちと戦うという内容。
陸軍1.png
その刺客の中に足技を武器とする刺客がいて、主人公の細菌兵器によって水虫になってしまう。
陸軍4.png
当時は「水虫は不治の病」「治療薬が作れたらノーベル賞」と言われていたが、今は薬局で薬買って治せてしまうのだから医学の進歩は侮れない。

さらに陸軍中野予備校で思い出すのが、その足技使いの蹴り技の秘密。
陸軍2.png
目にも留まらぬ超スピードで、皮膚は切り裂かれ、高熱で焼かれ、さらに電気ショックまで加わる。そんなことが人間に可能なのだろうかと疑問に思いつつ戦いに挑んだ主人公は、相手の足をキャッチすることに成功!そこには。。。
陸軍3.png
「足にライターとカミソリと電線がっ!!」

そのまんまやないけ!と笑うところなんだろうけども、ボケ倒すという概念をまだ知らなかったので、若干消化不良を残しつつも「そうだったのか」と納得する、という読み方を小学生だった当時していた。

安永航一郎の作風は今までに読んだことのないタイプの新鮮な作風だった。同じようなことを感じた作家の中津賢也も同じサンデー系の作家。ちょっと世にでるのが早すぎたのではと思うところもある。タイトルの「陸軍中野予備校」というのも分かりづらい。いまだに陸軍中野学校について何も知らないし。「県立地球防衛軍」に比べると、キャッチーさに欠けるよなあ。

おっと、水虫は半月ぐらい薬を塗り続けたら皮も元どおりになりましたよ。


陸軍中野予備校(1)【期間限定 無料お試し版】

陸軍中野予備校(1)【期間限定 無料お試し版】

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1986/03/18
  • メディア: Kindle版



陸軍中野予備校 1~最新巻(少年サンデーコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]

陸軍中野予備校 1~最新巻(少年サンデーコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]

  • 作者: 安永 航一郎
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • メディア: コミック


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

「なにもしなかったオノデンが生き残った理由」を読んで思い出す、袋叩きにあった「課長島耕作」 [心に残る1コマ]

「秋葉原 変容し続ける街で「なにもしなかった」オノデンが生き残った理由」というネット記事が面白かった。

「商売を大きくしたいというのは、どんな商人にもある欲求だよね。うちが出店しなかったのは、密度が薄くなる経営はしたくなかったという創業者の精神です。マネージメントにしても接客にしても目の届く範囲内で商いをしたかったんですよ」

「それでお客様にも信用ができて、電話で相談にまでのって、それでも『わかんない』っていうお客様のところには『じゃ行きますよ』ってなる。それを店員たちが『ああ、また今日も親切な電器屋さんやっちゃった』と言ってたんです。私がそれを字にしたのが今の社是です」

思い出すのは「課長島耕作」の10巻。
当時はアメリカの圧力で大型店の規制がゆるくなり、トイザらスなどが出店してきた時代。いよいよそれに備えなくてはという会議をしている中、島耕作は時代に逆行したことを言って袋叩きにあってしまう。
オノデン2.png

オノデン3.png

子供の頃から街のあちこちでチラホラ見かけた小さい電器屋さん。今でもよく仕組みがわからないところがあるけども、アンテナショップという要するに車のディーラーみたいなものらしい。中高生の頃にはもう家電量販店全盛だったので、商売っ気のないアンテナショップがなんのために存在しているのかずっと疑問に思っていた。

新社長誕生に貢献したものの、その奥さんの怒りを買ってフィリピンに左遷される事になった島耕作は、感傷から研修の時に世話になったアンテナショップに立ち寄り、その人情に絆される。
オノデン1.png
それが前述の袋叩きにつながってくる。アンテナショップの店主の息子に愚痴ると、さらなる追加攻撃が加わり、島耕作はさらなるショックを受ける。「生々流転か。。。」とまとめてこの話は終わる。
オノデン4.png
 
アンテナショップを駆逐した家電量販店の中にも、アンテナショップと似たような志を持って生き残っているところがあるという話。こういう話は他でも聞く。物質的に豊かになった消費者は、次に心のケアを求める。守ることと戦うこと、ジレンマは終わらないという歌があるけども、拡大戦略と堅実なビジネスとどちらが正しく間違っているということもハッキリとは言えない。エリア88的に言えば、適しているかどうかという事になるのだろうか。
オノデン5.png

最後に、オノデンの社長の言葉を引用する。
「なんでも相談にのってくれる電器屋さんというのは、以前は街の電器屋さんがそうだったと思うんですが、まだ需要はあると思います。価格の安さだけじゃないです」

 
 

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

引っ越した先に偶然自分と瓜二つの人間がいたという宇宙世紀あるある!「機動戦士ガンダム ジ・オリジン」 [心に残る1コマ]

今更ですが、アニメの「機動戦士ガンダム ジ・オリジン」3巻を見ました。
 
原作で「ないわー」と思った展開、修正されずにそのままアニメ化されてるのでビックリした。

漫画、「機動戦士ガンダム ジ・オリジン」。ガンダムのリファインコミカライズかと思いきや、シャアのエピソード1が始まり、ガンダムの正史に重要な影響を与える存在になった漫画。シャアのファンなら誰もが知る設定なのだが彼はある国の王子様で、本名はキャスバル。幼き日に政変が起こって父の国王は死亡。亡命したキャスバルは、政敵に復讐するためにシャアと名を変え軍人として帰国、頭角を現す。「赤い彗星」の誕生である。

キャスバルがシャアになる瞬間、それが一つの見どころなわけなのだが、リアルタイムで読んでいて、引っ越した先に偶然そっくりさんがいたという展開で驚いた。どうしちゃったんだ、安彦良和と思った。編集部で誰か止める人はいなかったのだろうか。いやいや、何か策があるのだろうと思って読んでいたが。

オリジンa.png

キャスバルの行動は常に政敵に監視されていて暗殺されかけるのだが、そっくりさんの「シャア」と入れ替わり事なきを得る。そっくりさんと二人でおおっぴらに行動しているのに、その場にいる誰も入れ替わりを考えたりしないのだ。キンタローと前田敦子の組み合わせだって、入れ替わる可能性を考えると思うのだが。暗殺者にやる気がないとか、キャスバルの父の信望者だったので見逃したとか、そういう描写もない。そもそも、二人を審査するべき空港の係官が、血の繋がりのない二人がそっくりだと驚く描写がない。そのシーンを見ると、その場にいる誰もが二人が瓜二つだと認識してないかのようである。実に不自然だ。

オリジンc.png

ストーリー作りにおける、「身分を偽るためにそっくりさんを用意しました」というのは、どちらかといえば古典的手法だと思う。ある意味小学生でも思いつくアイディアなので、逆に読者に説得力を与えるハードルが高い。例えば、キャスバルの父を信望する一派、もしくは政敵の政敵からの援助で整形した身代わりを用意して、人権などなんとも思わない政治の世界の冷徹さを描くとかいう方法が(これまた古典的だが)定石だろう。フル・フロンタル誕生の伏線にもなる。それをしなかったのは、安彦良和が「キャスバルの賢さ」を描きたかったからであろう。その結果、登場人物全員バカ、みたいになってしまっている。

おそらく正解は、シャアに出会った次の日から、ヒゲ生やしたりロン毛にしたり、入れ替わる瞬間までキャスバルがキャラを変えておくことであろう。

あまりガンダムファンの反応などチェックしてはいないが、自分的には炎上しそうな事件だと思う。しかし一般的なまとめサイトで取り上げられているのも見たことないので、世間一般的にはこの展開で問題なしと捉えているのだろう。自分が変なのだろうか。まあそれでもいいんだけど、偉大なガンダムサーガに一つ大きなっぽい穴が空いたような気がして、なんだかそわそわしてしまうのである。

オリジンd.png
おもしろプレゼント 雑貨【白】【綿】モビルパンツ 起動紳士パンダム
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

強烈なインパクトを残したアニパロ作家、メヂマ多田はカメントツのルーツか? [心に残る1コマ]

以前、シリーズでアニパロコミックスのことを書いた。

四半世紀前、まだ著作権に緩かった古き良き時代のプロ同人誌だ。
雑誌がなくなり、ほとんどの作家もいなくなってしまった。
その消えた作家の中で、最も自分の心の中に消えない爪痕を残した作家といえばメヂマ多田だ。

と、言っても好きだったわけはない。
できれば視界に入れたくないほど苦手な作家だった(結局全部読んでいるのだけど)。アニパロコミックスの中で男性作家というのは珍しいが、とにかく雑誌のカラーから浮き上がっていた。マニアックすぎるネタのチョイス。潰れたペン先で描き続けた様な気持ち悪い線。作者のキャラクター。。。掲載順やら巻末コメントやら、雑誌的にも存在を持て余している様に見えたのは自分だけだろうか。
メヂマ1.png

メヂマ多田はアニパロコミックスの8号あたりから投稿者としてデビュー。
編集者のコメントから察するに、おそらく姉妹雑誌の常連投稿者だったのだろう。正式に作家陣として採用された時の編集者のコメントが罪深い。
メヂマ3.png
ーーーーーーーーーーーーーー
本人から、どうしたらもっと良くなるかと質問がありましたが、これは難しい問題です。線を綺麗にすればメジャーっぽくなるのでしょうが、それではあなたの持ち味が死んでしまいますし‥。(後略)
ーーーーーーーーーーーーーー
確かに難しい問題だ。
まあ要するに、絵柄以前に漫画として大して面白くないの一言で片付けられてしまうのだけれど。

メヂマ4.png
メヂマ多田は33号で「本人の希望により」突如休載。次号から復活と書かれていたが、結局何の説明もないまま(あったのかもしれないが)54号でアニパロコミックスが休刊になるまで帰ってくることはなかった。あれから四半世紀経ったが、その間、一度として彼の詳細を確認できていない。

後年、頭山(あたまやま)という落語原作のアニメがアカデミー映画短編アニメ部門賞をとった。真っ先に思い出したのはメヂマ多田のラピュタ4コマである。落語風に落としているだけで、本当にそういう落語があるとは知らなかった。魔夜峰央の様な博学さだなと、その時少し見直したものである。こういう方面を伸ばせば良かったのではなかろうか。
メヂマ2.png

こないだふと思ったのだが、自画像がカメントツに似ている?絵柄もなんか似ているかもしれない。アドバイスを求められたアニパロ編集者も、こんな風に描きなさいよとするのが正解だったのかもしれない。
メヂマ5.png



カメントツのルポ漫画地獄 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

カメントツのルポ漫画地獄 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

  • 作者: カメントツ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2017/04/12
  • メディア: コミック



「頭山」山村浩二作品集 [DVD]

「頭山」山村浩二作品集 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

潰れかけた会社のプログラマーから任天堂社長になった岩田聡氏が出演した漫画があった!鈴木みその「あんたっちゃぶる」 [心に残る1コマ]

スクリーンショット 2017-04-06 11.39.03.png
なんとなく鈴木みその「あんたっちゃぶる」1巻を読んでいたら、HAL研究所時代の岩田さんが出ていたのに気づいた。先代の任天堂社長である!
スクリーンショット 2017-04-06 11.39.18.png
HAL研究所は「ジョイボール」というファミコンの周辺機器で注目を集めた会社。岩田さんはそこのプログラマーだったそうだ。なかなか天才だったそうで、4ゲーマーというサイトに故人となった岩田さんを天才ぶりを振り返る記事が載っている。
-------------------------------------------------------

三津原 敏氏(以下,三津原氏):
 岩田さんのキーボードを叩く音はすごいんですよ。ガチャガチャガチャとかいう擬音のレベルじゃないくて,ドゥルルルル!と鳴り響くんですよ。あまりに指の動きが速すぎるせいで,キーボードを打ち続ける音がまるで連続した一個の音のように聴こえるんです。あんなに速いタイピングをする人は,ほかに見たことがないですね。

-------------------------------------------------------
この記事を読んで以来、このブログを打ち込む時にドゥルルルル!を目指しているのだけど、当然うまくいかない。

 
ところで任天堂の新ゲーム機、スイッチの「ゼルダの伝説」がやりたい。
でも時間ないしなあ。。。
なんとかドゥルルルルをマスターして時間を確保できないもんであろうか。


あんたっちゃぶる1

あんたっちゃぶる1

  • 出版社/メーカー: 鈴木みそ
  • 発売日: 2016/11/15
  • メディア: Kindle版






Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • メディア: Video Game



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

批評はどうあるべきか?28年前の記事が刺さる。「怒りのロードショー」から「君の名は。」まで思ったこと [心に残る1コマ]

前回紹介した怒りのロードショー。通巻表記が無いが、2巻は出ないのだろうか?単行本用に書き下ろしされた漫画は作品のテーマである「ファンはどうあるべきか」を描いていて、最終回っぽくもある。

読者からツッコミを受けたのだろうか。
何様だという感じで映画をぶった切る「悪役」の村山が、主人公たちに「お前らもタイタニック観てた女生徒をバカにしてたろ。俺たちは同類なんだよ」と問いかけ、主人公たちは言葉に詰まる。自分が男だからかあまり意識していなかったが、女性読者だったらこの漫画は冒頭からいきなり感情移入できないのかもしれない。
怒りの2.png

ちょっと検証してみよう。

「感情移入側」にいる主人公たち。
主にB級映画を好む。より大衆的な映画が好きな方が読者は共感しやすい。同じように映画をぶった切っていても主人公たちに共感を持つのはそういう単純な理由からなのかもしれない。利口よりもバカっぽい方が共感が持ちやすいというのもある。ドラゴンボールの孫悟空。スラムダンクの桜木花道。伊賀カバ丸。いつもバカだわ素直じゃ無いの。バカ負けというのか、何を言われてもあまり腹が立たない。
怒りの3.png

「敵役」の村山は「テーマに心動かされるのが映画」という定義をしている。やたら「偽善」を嫌う。いわゆる「高尚」な映画を好む。何がムカつくと言えば、「あの名作映画を作ったのは自分」ぐらいの勘違いをしているところであろう。実際には自身がゴミ以下と評価した映画と同レベルの映画を作れるかどうかも怪しいのに。
怒りの4.png

ところで最近「君の名は。」の批評合戦が盛り上がってる。
史上空前のヒットとなったアニメ映画だが、村山的な映画ファンからは酷評もされている。代表的なのは井筒監督だ。こういう人たちから飛び出すのが「映画はダメになった論」である。だが、そんな井筒監督の作った作品を愛してやまない人がどの程度いるのだろうか?それが現実である。そういう人たちが「自分の映画観がダメになった」「世間がダメになった」どちらを選ぶのかという話だ。
怒りの1.png
ちょうど自炊した1989年のパソコン雑誌をチェックしていたら、お便りコーナーに編集者がこんなことを書いているのを見つけた。実にタイムリーだ。
怒りの5.png
「自分では何もせずに、批判ばかりする者は、自分には何もできないことを知っているために、批判のための情報武装によって自己防衛をしているのだ。そういう人種は、昔は多かった。オタクの先祖だな。しかし、今はもう流行らない。考えてみれば、かわいそうな人たちなのだ。」

28年後の今でも刺さる言葉である。
考えてみれば芸術なんかもその繰り返しである。ヒット作品が分析され、それがヒットの要因と固定化される。その常識を打ち破ったものが異端邪道と非難されつつ、新しい時代を作っていく。脳みそが硬化した者はやがて老衰で死んでいなくなり、新しい聖典が生まれる。しかしそれもやがて新しい異端邪道によって衰退の道を辿る。
手塚3.png

子供の頃、あんなに楽しく読んでいたコロコロもジャンプも、仮面ライダーもスーパー戦隊もやがて卒業する。飽きるのだ。映画も熱中して見始めた頃が一番楽しいに決まってる。批評家に好きな映画はと聞いたら、必ず青春時代にみた映画をあげるはずだ。「最近見たアレが一番好き!」なんて評論家はいない。「映画がダメになった」と言い出す人。もう卒業すべき時期が来ているのだ。老けた学生は老害呼ばわりされるのが嫌なら卒業すべきなのだ。
怒りのロードショー<怒りのロードショー>

怒りのロードショー<怒りのロードショー>

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / エンターブレイン
  • 発売日: 2017/01/30
  • メディア: Kindle版


「28日後...×28週後...」感染ダブルパック [DVD]

「28日後...×28週後...」感染ダブルパック [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

みっちゃんはマクドでゲームブックする男に惚れるのか?小川雅史の「速攻生徒会」の巻末漫画「超エース」 [心に残る1コマ]

思い出に残るオマケ漫画といえば、小川雅史の「速攻生徒会(新声社版)」の「超エース」だ。休日にマクドナルドでゲームブックをして遊ぶ作者が、バイトの女の子「みっちゃん」の笑顔に癒されるという微笑ましい内容だ。
みっちゃん.png
「マジいい娘」だなんて、ちょっと良いお兄さんを気取っているけども、好きなんだろ?付き合いたいんだろ?そんなつもりで描いたんじゃないと言いたいんだろうけど、彼女が裸で迫って来たら押し倒しちゃうんだろ?と冷やかしたい気分でいっぱいになる漫画だ。でもマックでサイコロ振ってる男と付き合ったりはしないだろうけどな!

このみっちゃんという子はどういう娘なのだろうか。
そこまで考えてしまうのは俺ぐらいだろうか。
アラフォーで彼女もいたことなしの俺だが、そこそこあの手この手を尽くして来た俺の経験からすると、この「みっちゃん」は。。。

 
1)接客業だから愛想よくしてるだけパターン
基本、接客業で愛想が悪いというのはよっぽどのことである。あまり有利な情報ではない。

2)天然に人懐っこい子の可能性
人懐っこい=コミュニケーション能力が高いということである。
つまり周囲に人材が豊富。彼女の一番になるには高スペックが求められる。
控えが厚いからか、こういう子の中には極端に情が薄い「恋多き女」も多い。

 
うーむ、この1Pでここまで語れるのは、やはり世界で俺一人なのではなかろうか。
我ながらキモいな。モテないハズだ。

さて、なんでこんなことを描こうかと思ったかというと、久しぶりになんかウキウキする出来事があったからなのだ。彼氏いないというので、たまにはド直球でと思い、俺と付き合いませんかと言った途端に気まずい感じになってしまった美容師の女の子。それから数年して、最近徐々に感じよくなって来てるなと思った今日、俺についてくれて一時間ぐらいずっと喋ってくれていたのだった。しかも絶対こないと思っていた俺の職場にも来ていたらしい。これはもう俺に惚れてるとしか思えない!

。。。という病気もすっかり完治した。
伊達に歴戦の負け戦をくぐり抜けて来たわけではない。仮にデートできても、一発でボロが出て振られるパターンだろうなと思う。美容師だからオシャレさんで、ハリボテイケメンの俺とは人種が違う。喋っていても話に詰まってしまったり、うまく言葉が出てこなかったりする。それでも彼女からたくさん話を振ってくれたりしたが。まあ、ささやかな良い思い出で終わるぐらいでも後悔しないようにできればいいなあと思う。

ところでみっちゃんは今なにをしてるのだろう。
速攻生徒会は95年の漫画だから、あれから22年経っているということになる。
つまり18歳の高校生バイトだとしても40歳!
こんなことを考えてるのは世界で俺一人だろうなあ。


速攻生徒会 (1) (ゲーメストコミックス)

速攻生徒会 (1) (ゲーメストコミックス)

  • 作者: 小川 雅史
  • 出版社/メーカー: 新声社
  • 発売日: 1995/01
  • メディア: コミック



速攻生徒会

速攻生徒会

  • 出版社/メーカー: バンプレスト
  • メディア: Video Game



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
前の10件 | - 心に残る1コマ ブログトップ
メッセージを送る