So-net無料ブログ作成
検索選択
漫画の描き方が書かない漫画の描き方 ブログトップ

実写版ジョジョの奇妙な冒険を監督する三池崇史は何者なのか?山田玲司の「絶望に効く薬」 [漫画の描き方が書かない漫画の描き方]

ジョジョの実写映画。
こないだ新しい予告が公開されたが、劇中で使用されるビジュアルは一切使用されてないとのことで見ていない。まとめサイトで映画化に対する反応を読んでいると、あまり映画を見てない人たちだなという印象をもつ。自分も最近は見ていないが、年間400本ぐらい見た時期もあって、だいたい理解したつもりになっているので、この映画化に対する正しい反応を書いて見たいと思う。もちろん独断と偏見で。

成功するかしないか?
答え=成功しない。そもそもこんな事を考える事自体が映画をあまり見ていない証拠。何をもって成功するかという問題もあるが、それ以前に曖昧な定義で考えて見ても、成功したと言える映画が何本あるのか。今年で言えばパッと思い浮かぶのが「シン・ゴジラ」に「君の名は。」に「聲の形」だろうか。結構あるじゃないかと思うだろう。そんなものは分子の話だ。分母はその何百倍なのだ。確率的に言えば成功しなくて当たり前なのである。

ミスキャストじゃない?
もっと外見がオリジナルに似た人を使え!なぜいつも同じような俳優を使うのか?という声は必ず上がる。その手の人たちは映画を見てないから演技力など理解できないし、どうでも良いらしい。そもそも完成された映画すら見ないかもしれない。そういう人が見てる数少ない映画は、映画作品全体の上澄み。アベレージの高い作品である。もっとゴミ見たいな映画をたくさん見ていれば、金のあるところに良い役者が集まるというのが分かるはずだ。原作とそっくりな人が偶然達者な役者さんだった、という都合の良い話は無い。あと演技が上手いだけでもダメだ。特に主役を張る役者は華がないと失敗する可能性は高くなる。

三池1.png
監督の三池崇史って誰?
最後にかめはめ波的なぶつかり合いで地球が崩壊するヤクザ映画を撮って、一躍スターになった監督。あまり自分のイメージに固執せず、異常な数をガンガン作っていく印象。。。なのだが、直感力が優れているとでも言おうか。ラフに引いた線でも何か芸術性を感じさせたりもするのだ。自分的には「中国の鳥人」という映画が好きだ。他は。。。正直、どうでもいいのだけれど。
三池2.png
三池監督は山田玲司の「絶望に効く薬」11巻にも登場している。
なぜあれほど作品が作れるのかという理由が垣間見える。
流れに逆らわない。逆らわなければ倍のスピードが出る。どこにたどり着くのかはわからないけども。目的地を決めるから、歩みは遅くなっていく。そして歩かなければ目的地にたどりつくための力も身につかないのである。
三池3.png


絶望に効くクスリ―ONE ON ONE (Vol.11) (YOUNG SUNDAY COMICS SPECIAL)

絶望に効くクスリ―ONE ON ONE (Vol.11) (YOUNG SUNDAY COMICS SPECIAL)

  • 作者: 山田 玲司
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/10
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

漫画の描き方が書かない漫画の描き方を考察する?記伊孝の「巨匠と過ごす夏」 [漫画の描き方が書かない漫画の描き方]

Kindle読み放題で「巨匠と過ごす夏」という漫画を見つけた。
「となりの山田くん」が作られていた頃、スタジオジブリで一般の参加者を募って行われた演出家育成講座。その参加者の回想漫画であるらしい。

予備知識なしで見たので、ジブリで一定のキャリアを得た人が過去を回想して描いてるのかなと思いながら読んでいた。宮崎駿は似ているものの、なんか微妙な絵柄だなとページを読み進めていると鈴木敏夫プロデューサーが登場。この絵を見て一気に期待が高まった!
巨匠1.png
読後の正直な感想は「面白いけど、いまいち消化不良」。宮崎、押井、庵野、高畑などなど、講座に出てくる巨匠たちは魅力的で、いつまでもこの世界に浸っていたいとまさにプロの筆力を感じるのだが、それ以外の一般人の描写はいまいちで浸っていたくない。この世界観の温度差のメリハリが、少し難しそうな作者の人間性を感じてしまうのだ。
巨匠2.png
作者はこの講座の後にプロの漫画家になったそうであるが、自分はこれまで全く知らなかった。現在は作品を全て自分で管理し、電子書籍を主戦場にしているらしい。「アニウッド大通り」が看板タイトルで、この「巨匠と過ごす夏」はその単行本のオマケ漫画をまとめたものだと知り、いろいろ納得がいった。アニウッド大通りを現在2巻まで読んでいる。まだ判断しづらい部分もあるが面白い。何より絵が上手い。


さて、この漫画で登場する○端さん。
理屈が好きで、自信過剰気味。
自分の作品は作らないが、他人の作品には辛辣。
巨匠3.png
ありがちなプロ志望者である。

作者も「理想が高すぎて描けなかった時期」があったと回想している。理屈好きは作品制作の上で落とし穴なのである。脳は発達するが、筋肉は鍛えてないので望んだ成果が得られない。やる気が出ない。だからいつまでも筋肉が鍛えられず、望んだ成果が出ない。悪循環である。そして筋肉を鍛えるのは地道で、長い時間がかかる作業なのである。ちなみに「巨匠と過ごす夏」では宮崎駿が暇を見つけては常に絵を描いている描写がある。
巨匠4.png
○端さん系の人たちに仮に分析力があったとして、「なぜ描けないか」に分析が及ばないと言うのは不思議である。つまり出来上がった作品に対して、上澄みしか見てないと言うことなのだと思う。作品批評というものは、エベレスト登頂に成功した人に「ガッツポーズがなってない」と文句つけるようなものである。お客様であるなら過程はあまり関係ないかもしれないが、作り手の立場に回るならそうはいかない。プロの漫画家に対し「何百倍の競争率を勝ち抜いて連載を勝ち取って、平均睡眠時間3時間で毎週描き続けた上で、お前より面白い作品作れるぜ!」と、なかなか言える人はいないと思う。


巨匠と過ごす夏(前): 宮崎駿と13人の塾生

巨匠と過ごす夏(前): 宮崎駿と13人の塾生

  • 出版社/メーカー: 記伊孝
  • 発売日: 2015/12/29
  • メディア: Kindle版



[まとめ買い] アニウッド大通り

[まとめ買い] アニウッド大通り

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Kindle版


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

作家はアスリートだ!命がけの現場を描いた小林まことの「青春少年マガジン」 [漫画の描き方が書かない漫画の描き方]

漫画家になるための本は色々あると思うが、肝心なことが書いてないと思う。漫画家になるためにはアスリートでなければならないのではないか。まず、定期的に作品を仕上げられるスピードと体力、そして精神力が必要だ。
青春2.png

冨樫義博かなんかが言っていたと思うが、まず自分で勝手に週刊連載やってみるのも良いらしい。半年続けて平気なら、その人はとりあえずフィジカル的な意味では十分作家向きと言えるだろう。
青春1.png

「青春少年マガジン」では作家の過酷さが伝わって来る傑作。
WHAT'S MICHAEL?」「1・2の三四郎」の小林まことの自伝漫画だ。アオイホノオを読んでいれば、いかに取るのが難しいか分かる100万円の新人賞をかっさらった小林氏。新人賞を競った同世代の作家たちと、過酷な週刊連載の波に飲まれていく。
青春3.png

死線をさまよいつつも小林氏は生き残るが、同志の小野、大和田は命を落とす。このブログは大和田氏の「虹色town」で検索して来られる方が多いので、ファンの方には是非読んでいただきたい。実際、このblog読んで購入したという人も多い。
青春4.png

青春少年マガジン1978~1983 (週刊少年マガジンコミックス)

青春少年マガジン1978~1983 (週刊少年マガジンコミックス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/12/17
  • メディア: Kindle版



■関連過去記事■
虹色town

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
漫画の描き方が書かない漫画の描き方 ブログトップ
メッセージを送る