So-net無料ブログ作成

日馬富士引退!暴力ダメ絶対のコメントで絶賛される武井壮にDVの過去を発見するが詳細が不明 [時事ネタ]

日馬富士引退。

飲みの席で、愛の鞭だとデンモクでぶん殴って後輩の頭かち割ったらしい。
後輩の保護者である元貴乃花は業界に自浄作用がないと理解しているので、相撲協会からの呼び出しから逃亡。ストレートに刑事事件にするみたい。。。。というのが自分の理解。

相撲に興味ないけども、日馬富士は中国嫁日記に出てきて知っていた。優勝した時に祝賀会に呼ばれて、作者が感動するぐらいの名スピーチができる人格者みたいに描かれたたよね、そんな人がこんな暴行事件起こすかなあと思って調べてみたらそっちは琴奨菊だった。
デンモク1.png

月さんのショックは計り知れない。
あまりTVみてないらしいので、まだ事件について知らないそうだけども。
デンモク2.png

そして日馬富士引退会見。

これについてタレントの武井壮がいいこと言ってる。


超要約すると「愛の鞭で通じると思ってるのは業界ズレ」

武井壮についてもあまり詳しくないんだけど、なんかいい車に乗ってるのdマガジンの写真週刊誌で読んだなあと思った。
デンモク3.png
ちょっと調べてみたら、この人奥さんのDVをはたらいてたとして文春砲食らってたのね。まあ自分が暴力沙汰起こしてないとは言ってないからOKか。

ちなみに武井壮のDV告発から半年経ってるようだが、検索しても詳細は「続報を待て!」ばかり。多分小さなことを大げさに取り上げたので記事にならんかったのだろう。探していたら嫁日記の作者が、奥さんが病気の時に水を飲ませる気配りがなかったのはDVだみたいなツイートを見つけたが、まあこんなレベルだったのだろう。


それはDVでなく、非モテ特有の気配りできない脳の仕組みによるものだよ。庵野監督も同じ失敗してるよ。
デンモク4.png

逆の立場だけど、↓これをわざわざDVだと取り上げるレベルの話じゃないでしょ?
デンモク5.png

あれだけ事件になってもなくならない相撲界の「かわいがり」。
なんかネタないかなと一丸の「おかみさん」読んだけど、やっぱり超名作すぎて読みふけってしまったよ。野球界の「かわいがり」のついては過去に「実録たかされ」で書いたので、興味があったら読んでくれい。


[まとめ買い] 中国嫁日記

[まとめ買い] 中国嫁日記

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Kindle版



おかみさん 全17巻完結  [マーケットプレイス コミックセット]

おかみさん 全17巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]

  • 作者: 一丸
  • 出版社/メーカー:
  • メディア: -



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

武術漫画ランキング1位「拳児」!李書文のモデルはあの漫画家だった!! [実写映画化希望!]

武術雑誌「秘伝」の武術漫画ランキング、1位が「拳児」!
公式サイトに会員登録すると読める作画担当の藤原芳秀インタビュー、李書文のモデルが本宮ひろ志ということにウルトラ腑に落ちた!
ひろし1.png
本宮ひろ志をリスペクトしている漫画家はかなり多い。この世代の手塚治虫なのかもしれない。
ひろし2.png
ゲゲゲの女房」みたいに、本宮ひろ志の半生をドラマ化したら当たるんでないかと思う。タイトルは「男一匹ガキ大将の妻」。本宮の妻、もりたじゅんが主人公。
ひろし3.png
藤原&松田コンビの作品は単行本未収録作が結構たくさんある見たい。
まとめて出版してくれないかなあ。
ひろし4.png



月刊 秘伝 2017年 12月号

月刊 秘伝 2017年 12月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: BABジャパン
  • 発売日: 2017/11/14
  • メディア: 雑誌



[まとめ買い] 拳児(少年サンデーコミックス)

[まとめ買い] 拳児(少年サンデーコミックス)

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Kindle版



天然まんが家 (集英社文庫)

天然まんが家 (集英社文庫)

  • 作者: 本宮 ひろ志
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2003/01/01
  • メディア: 文庫


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

志々雄真実のモデルの一人、小林よしのりが「るろうに剣心」を所有してると聞き、家宅捜索したくなる [時事ネタ]

和月宏伸の児童ポルノ所有の件で小林よしのりがブログに書いていたのでおどろいた。
じどうに1.png
小林よしのりといえば志々雄真実のモデルの一人だが、ジャンプ漫画からは遠いところにいっちゃってるベテラン作家なので関心ないと思っていた。しかし小林氏はるろ剣の単行本を3冊所有していたらしい!岸辺露伴が所有していたことに次ぐおどろきだ!
明日0.jpeg

ところでなんで3冊なんだ?
適当にどんな感じか見るために買ったのだとしたら、すぐに書庫に埋もれて何冊あるのかなんていちいち数えたりはしないだろう。そんなに頻繁に読むとは思えないが、書棚のよく見るわかりやすい位置に3冊置いてあるとしか思えない。

志々雄真実がゴーマニズム宣言からのセリフをまんま引用した17巻と、どんな漫画か理解するために買った1巻、2巻ということなのだろうか。それとも「るろうに剣心」「ガンブレイズウエスト」「武装錬金」の三作というのはいくらなんでも曲解だろうか。

小林氏は「児童に妄想を膨らませるのも内心の自由かもしれない。そこから名作や芸術が生まれる可能性もゼロではないから、表現者としては100%ダメだとも言い切れない。」としつつも、「だが、少年ジャンプはやっぱり猥雑でも健全な児童漫画を発表する媒体なのではないだろうか?わしが少年ジャンプでデビューして、その誇りも持っているから、不愉快で残念である。」と続けている。

るろ剣初期の著者コメントに見られる「プロ論」はゴーマニズム宣言の影響があるんじゃないかと思っていたが、今回小林氏が自身のプロ論から「じどうに関心」はありえないと少し諭しているようにも読めるのは胸熱である。

ちなみに小林氏はゴーマニズム宣言3巻で、角川春樹逮捕の影響で映画作品の上映が中止になった件を「作品と作家の人格は関係ないのだから、中止にするこたねーだろう」としている。
じどうに2.png

じどうに3.png

 
現在小林氏は頭山満の伝記漫画に力を入れてるが、るろ剣と同じ明治時代が舞台である。北海道編の中断で相乗効果も無くなってしまって残念だ。小林氏がそんなことを考えていたら密かに「ええ話や」と思う。

 

ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論 巨傑誕生篇

ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論 巨傑誕生篇

  • 作者: 小林 よしのり
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2014/01/08
  • メディア: 単行本



ゴーマニズム宣言全9巻完結(幻冬舎文庫)

ゴーマニズム宣言全9巻完結(幻冬舎文庫)

  • 作者: 小林 よしのり
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • メディア: コミック



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

荒俣宏がジャストマイタイプと語る女たちに「けっ」と思う [モテる漫画]

モテ考」で、作者が好きなタイプが荒俣宏と判明するシーンがある。
読書家で、サブカルにも理解があって動植物が好きでメガネかけていて。。。と連想を繰り返してたどり着いた結論。
荒俣1.png
山田玲司の「絶望に効く薬」2巻に、荒俣宏の奥さんが「彼はジャストマイタイプでした」っていうコマがあったな。元スッチーだそうだ。
荒俣2.png
でも、荒俣宏が金持ってなかったら付き合ってないでしょ?
と、ひねくれたことを思う。
モテ考の作者も、「こんな変な自分が好き」と言ってる、ありふれた女だ。

「絶望に効く薬」を読み返すと、荒俣氏はかなり熱烈に女性については諦めていたらしい。
やっぱりな!
荒俣3.png
それにしても久しぶりに読んだ絶薬の荒俣回面白いわ。
荒俣4.png
そのうち絶薬の神回で打線組んでみたい。

 

ONE ON ONE 絶望に効くクスリ コミック 全15巻完結セット (ヤングサンデーコミックススペシャル)

ONE ON ONE 絶望に効くクスリ コミック 全15巻完結セット (ヤングサンデーコミックススペシャル)

  • 作者: 山田 玲司
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/06/30
  • メディア: コミック





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

鳥をリアルに描くアラサー女が婚活して彼氏を作った!緒方波子の「モテ考(もてこう)」 [モテる漫画]

どうなるアラフォーの恋愛?

昨日は暇だったので、ほぼ初対面の別のバイトの女子大生と1時間ぐらい話してた。
でもこの子はあまり脈とか感じない。
単純に「いい子」なんだろうなーと思う。

帰り道に立ち寄ったコンビニで、見知らぬ外人の女性から車で送ってくれとせがまれてビビる。なんか困ってたのは状況から理解できたので、万が一があっても防犯カメラに映ってるから大丈夫かなと家まで送ってあげましたよ。別れ際、「ワタシノナマエハナンシーデス」とか言われて握手された時は反射的に押し倒したい衝動にかられましたけど耐えましたよ。好みじゃ無かったし。自分の名前名乗り返すべきだったと後で気づいたけど、ありえないシチュエーションにいろんな意味でドキドキしてそれどころじゃ無かった。

 
さて、緒方波子の「モテ考」が面白かった。
ハルタという、コミックビーム系の漫画誌で連載していたらしい。
アラサーの女性漫画家による婚活漫画。
女性はどんなこと考えてるのかという普段の研究の一環で購入してみました。

この漫画で一番オススメしたいポイントは、鳥の描写がリアルだということ。
一見、テーマと関係なく浮いているように見えるが、少し気持ち悪いぐらいに生々しく描写することで、こんなに鳥をリアルに描ける女は絶対モテないだろうなと、作者の非モテさに説得力を与えている。高度なテクニックだ。
モテ考1.png
そして、さりげなくネタバレになってしまうが、ちゃんと彼氏を作って終わるのもすごい。「冷恋」みたいなしたたかな婚活をする女が彼氏できないまま終わってしまったりするのでギャップが面白い。
モテ考2.png
あと、チャラい男性バイト編集者の話も面白い。
お使いで行った先の会社から受付嬢に誘われてデートしてセックス。
「目を見ればわかるっしょ」というのは分かるような気がする。勘違いも多いのだけど。
モテ考3.png
一番面白かったコマは、下のインド人の「ミズイルカ?」だ。
居心地の悪い執事カフェとの対比が面白いのだが、よくこんな発想できるなと思う。
モテ考4.png

 

モテ考 30歳独身漫画家がマイナスから始める恋愛修業 (HARTA COMIX)

モテ考 30歳独身漫画家がマイナスから始める恋愛修業 (HARTA COMIX)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / エンターブレイン
  • 発売日: 2017/08/10
  • メディア: Kindle版


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

「はじめの一歩」はなぜ炎上したか?冗長な展開が破綻させた「頑丈じゃわい」のウソ [注目作品]

はじめの一歩が炎上している。
一歩炎上1.jpg
パンチドランカー疑惑を主人公本人が認めたことで大いに湧いたが、その次の回でまさかのKO負け。対戦相手は名かませ犬ポンチャイ・チュワタナの再来キャラ。新型デンプシーお披露目で死ぬほど長い間引っ張ってきたにも関わらずそれも不発。負けたら引退という流れだったために、ネットの反応は打ち切り予想が支配。はじめの一歩担当編集者が否定のコメントを出すほどの流れだった。そして炎上。
一歩炎上2.png
 
「はじめの一歩」がなぜ少年漫画として画期的だったかというと、ケガして引っ張るという展開がなかったからだと自分は思う。それまでの漫画はケガで万全の状態で戦えないというのを主人公のピンチとして演出するものが多かった印象がある。自分にとって強いのはどっち?というのが一番の興味なのに、それに「もしケガが無かったら」だとか「アヤ」をつけられることは大いにしらける展開だったのだ。

はじめの一歩は仙堂戦で拳のケガはあったが、試合中にケガの影響はない。基本的にどんなに殴られようが、試合後の検査で「頑丈じゃわい」で済まされていた。漫画を面白くするものはリアリティーだが、大元の「もしもこんなウソが許されたら」というのが漫画の核である。一歩の場合、「頑丈じゃわい」という一つのウソを、多数のリアリティーで補強していた。

しかし連載が長期化しすぎて「頑丈じゃわい」も無理が出てきた。試合数が増えれば増えるほど破綻するウソなのである。そして作者の森川ジョージも一歩が殴られることでしかボクシングにおけるピンチを表現できなくなってきたというのが破綻を加速させた。
一歩炎上3.png
一時期作中で、「頑丈じゃわい」に新たな理由づけを試みたことがあったがそれも失敗だったのか、物語はドランカー展開に舵を切る。

 
さて、自分はあまり一歩打ち切りはないだろうとは思っていた。しかし最近同雑誌で長期連載されていたテニス漫画が切られた話もあり、サンデーにおける炎上狙いの打ち切り戦略が業界のトレンドになったのかもしれないという危惧はあった。

打ち切られないとすれば、今後一歩はどういう展開になるのか。
かつて一歩の先輩である木村達也が引退を撤回する話があった。みっともなく宣言撤回して現役にしがみつくという展開になるのだろう。理屈ではない。母親や久美ちゃんを捨ててもボクシングにしがみつく。それが鷹村が散々振ってきた、一線を越えるということなのではないか。

例えば網膜剥離でボクシング協会からライセンスを剥奪され、海外に渡って試合をした辰吉丈一郎(はじめの一歩の表紙に登場したこともあった)のようにだ。

 
ーーーーーーーーーーーーーーー
一歩炎上4.png
ーーーーーーーーーーーーーー
基本的にドランカーになった選手は元に戻らない。
そこにブラックジャックが現れ治療を施すというのも漫画らしい展開であるが、それも無いとは言えない。もしくは「やっぱりドランカーじゃ無かった」で話を引っ張るのかもしれない。そもそも今回の敗戦も、来週「スリップ〜〜!!」で無かったことにされるんではあるまいな、とちょっとドキドキしている。立ち読みだったのでその辺、ちゃんと読んでいなかった。

リカルドマルチネスを倒して世界チャンピオン。
それを見るためにほとんどの読者は冗長すぎる展開、作者の劣化に耐えて一歩を読み続けている。俺は一回負けて再戦で倒すという予想だった。20年ぐらい前にした予想だ。しかしその展開だと350巻ぐらいかかるかもしれないと近年思い始め、流石にそんなのは耐えられないと今では一回やって終わりという考えに落ち着いている。流石にあのチャンピオンをドランカーがぶっつけ本番で倒すという展開にリアリティーを持たすことは無理だ。

路線変更をミスリードだとか、これこそリアリティなのだとか言い出す作家は多い。森川ジョージは今何を考えているのだろうか。

 

はじめの一歩大解剖 (サンエイムック)

はじめの一歩大解剖 (サンエイムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三栄書房
  • 発売日: 2017/09/06
  • メディア: ムック



はじめの一歩(1) (講談社漫画文庫)

はじめの一歩(1) (講談社漫画文庫)

  • 作者: 森川 ジョージ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/11/10
  • メディア: 文庫



nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:コミック

悪・即・連載中断!和月宏伸が児ポに財産の5分の3をつぎ込み、るろうに謹慎へ! [時事ネタ]

帰宅中、車内でとんでもないニュースを聞く。
「あの人気漫画、るろうに剣心の作者が書類送検されました。」
そしてCM。

ええええええ!
なんで?
師匠の小畑健みたいに銃刀法違反か?
そしてCM明け。

「児童ポルノを所有していました。」
そっちかあああああああああ!!!!

ニュース内容から察するに、警察が摘発した児童ポルノ業者の顧客名簿から悪質と思える人物を家宅捜索したら、それが和月宏伸だったということらしい。
和月逮捕4.png


「捜査関係者によると西脇容疑者(本名)は『児童が好きだった。』と話したそうです」
好きだったのかああああああ!!!!

意外である。
和月逮捕1.png
確かに美少女フィギュアを購入したりはしていたが、作風からは微塵もそれを感じさせなかった。最初は女性作家かと思ったぐらいである。あまり女性キャラを描くのが得意にも見えない。
和月5.png
 
せっかく始まった北海道編も連載中断だそうだ。
淫行で捕まった島袋光年もジャンプ復帰してアニメ化までされてるぐらいだから再開はしてくれるだろうが、結構待たされることになるだろう。エンバーミング描いてる時に捕まっとけ!と思う。今のうちに書きためしといて、一気に掲載してくれよう。実写映画はどうなるのかなあ。。。

 
和月逮捕3.png
るろうに剣心全28巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)

るろうに剣心全28巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)

  • 作者: 和月伸宏
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2010/11/01
  • メディア: コミック



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

板尾創路の不倫一週間前にとんでもないことを暴露していた峰なゆかの「アラサーちゃん」 [時事ネタ]

板尾創路(いたおいつじ)が不倫したとかで騒がれている。
グラビアアイドルの豊田瀬里奈
食事→カラオケ1時間→ラブホ3時間コースだったそうだ。

板尾1.png

吉本興業のコメントは「映画を見ていただけで男女の関係はありません」なんだと。

豊田は
板尾2.png
「取り返しがつかない。方法がわからない 違うって言ったって、違わなくされるんだ」
とツイート。

こないだSPA!連載のアラサーちゃんで、作者の峰なゆかが「ヤリマンを集めたTV番組の収録に参加したら知人ばかりだった」という4コマを描いていて、その参加者たちが最近ヤった有名人の名前を挙げさせたら板尾創路ばっかりだったとサラリと暴露していた。
板尾4.PNG
もうすでにこういう人認定されてるんだと思って読んでいたが、一週間後の不倫発覚で結構な騒ぎになっていて驚き。
板尾5.PNG
(「週刊SPA!(スパ) 2017年 11/7・14 合併号」より)

 
てなことを書いていたら、
ドコモのdマガジンから、FLASH最新号の板尾創路不倫記事のお知らせがあったよ。
板尾3.PNG

 

FLASH(フラッシュ) 2017年 11/21 号 [雑誌]

FLASH(フラッシュ) 2017年 11/21 号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/11/07
  • メディア: 雑誌



豊田瀬里奈/絶対服従 [DVD]

豊田瀬里奈/絶対服従 [DVD]

  • 出版社/メーカー: M・B・Dメディアブランド
  • メディア: DVD


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

超最新の鳥山明のご尊顔が拝める週刊FLASHは必読だ! [時事ネタ]

なんかよくわからんが、海外のなんちゃらを利用して節税なのか脱税なのかしていた人たちのデータが流出した中に鳥山明の名前があった事件がありまして。

dマガジンで写真週刊誌FLASHを読んでいたら、鳥山明に直撃取材していて驚いた。鳥山明のご尊顔を拝めたのはいつ以来だろう。今こんな感じになってるのか。ちょっと清原みたいだ。ゴミ出しをしてるところを強襲されたらしい。鳥山明ぐらいになってもゴミ出しとかするんだなあ。
タックス1.PNG
コメントは「税金対策は丸投げしてるんで。喋るなって言われてまーす。」ぐらいの想定範囲のもの。

タックス2.png
FLASH公式サイトでも読めます)

手塚治虫世代でない俺らにとっては漫画界の神である。
記者も取材終わった後にサインとか求めたのだろうか。

「スーパーサイヤ人3の悟空描いてください!」
「俺はベジータで!」
「武天老師のあの強さおかしくないっすか?」

うーむ、羨ましい。

 
あと、FLASHで小林よしのりの漫画連載してんだね。
なんか聞いたことあったような気はしたが。今後は毎週読もう。


週刊FLASH(フラッシュ) 2017年11月28日号(1447号) [雑誌]

週刊FLASH(フラッシュ) 2017年11月28日号(1447号) [雑誌]

  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/11/14
  • メディア: Kindle版


DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件 (ジャンプコミックスDIGITAL)

DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件 (ジャンプコミックスDIGITAL)

  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/11/02
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

栄光なき天才三国志まんが、柴田秀樹の「禰衡咆哮(でいこうほうこう)」 [名作紹介]

あまり記憶が定かでないけどもその昔、三国志専門漫画誌があって、その中の「禰衡咆哮(でいこうほうこう)」という漫画がすごく印象に残っていた。
禰衡1.png
人魚の肉を食べたことで不死になった論客が、あちこちの英雄に喧嘩を売りまくり、暗殺しまくるという不思議な話。郭嘉や周瑜はこの漫画では禰衡の刺客に殺されたことになっている。
禰衡2.png
そもそも「禰衡」って誰?って話である。最近になって調べてみたが、頭は良いけど毒舌家で変人。曹操が熱心に召抱えようとするが断固拒否。素っ裸になって太鼓を叩いて追放されるというのが人生のクライマックスというよくわからない人物だ。
禰衡4.png
この漫画は「三国志に聞け!英雄の肖像編」という単行本に収録されている。「ザ・スター」の島崎譲などの短編も収録。柴田秀樹作品は他にも二作品収録されている。才気を感じた作家だったが、その後どうしているかはとんと耳に入ってこない。
禰衡3.png

 

三国志に聞け! 英雄の肖像編 (MF文庫 9-6)

三国志に聞け! 英雄の肖像編 (MF文庫 9-6)

  • 作者: コミック三国志マガジン編集部
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2007/08/01
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック
メッセージを送る