So-net無料ブログ作成

コンピューターに勝つための裏技は30年前からあった!片山まさゆきの「大トロ倶楽部」 [名作紹介]

AlphaGoとイ・セドルによるコンピューターと人間の囲碁対局が話題になっている。4局目で勝利。セオリーに無い手を打つことで、コンピューターの動揺を誘っての勝利らしい。それでも5回やって、一回しか勝てなかったようだが。

コンピューターにはセオリーに無い手を打つのが有効というのは昔からの定番のようだ。片山まさゆきの「大トロ倶楽部」にもそんなシーンがある(将棋だが)。
大トロ1.png


大トロ倶楽部は1987年から90年までゲーム雑誌「ファミコン通信」に連載されていた漫画。主人公がとんでもない裏技を使ってゲーム勝負するギャグ漫画だ。
大トロ2.png
大トロ3.png
ちなみにこの裏技のやり方は「ABボタンを両方押しつつ、セレクトをグリグリつついて、スタートボタンを舐める」。

ヒロインの名前が「番台菜夢子(ばんだい なむこ)」。当時の人気ゲーム会社、バンダイとナムコから拝借しているが、後にこの二つの会社は合併してバンダイナムコゲームスとなった。全くの偶然の一致である。
大トロ4.png

大トロ倶楽部 1 (アスキーコミックス)

大トロ倶楽部 1 (アスキーコミックス)

  • 作者: 片山 まさゆき
  • 出版社/メーカー: アスキー
  • 発売日: 1993/03
  • メディア: コミック



大トロ倶楽部 2 (アスキーコミックス)

大トロ倶楽部 2 (アスキーコミックス)

  • 作者: 片山 まさゆき
  • 出版社/メーカー: アスキー
  • 発売日: 1993/03
  • メディア: コミック


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました