So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

オバケより怖い!「怪奇まんが道」に登場するモンスター編集者たち [名作紹介]

さらに引き続き「怪奇まんが道」の話を。

御茶漬海苔先生が編集者に吐かれた暴言のエピソードがスゴイ。
怪奇漫画編集1.png
「マンガ家辞めてください」

「連載終わらせてください」とか、「うちでは載せられません」とかならわかるけど、看板作家(?)に職を引退しろとまで言うのは理解不能で、逆にここまで言わすには何があったんだと逆算して考えたくなる。ちなみに宮崎事件の影響で、マンガ表現の規制が厳しくなった時期の話である。ホラー系は特に苦しかったと思う。その苦しさが発言を暴れさせたのか。よっぽど御茶漬海苔先生が言うことを聞かなかったのか。

他に、西村繁男のエピソードが良かった。
少年ジャンプ創世記の伝説の編集者だ。
怪奇漫画編集2.png
諸星大二郎の「暗黒神話」を「面白えじゃねえか。骨太の傑作だな!!」とコメントするシーンがある。ジャンプといえば、血も涙もないアンケート至上主義だったのは事実だろうが、あんなマイナーっぽい漫画を認めることもあるんだなあ。

ちなみに西村繁男といえば、「東大一直線」以降、ヒット作に恵まれなかった小林よしのりに悪態ついたのを暴露され、週刊誌に取り上げられたこともあったという不良(ヤクザ)編集者だ。
怪奇漫画編集3.png
その後、小林よしのりは「おぼっちゃまくん」でウルトラメガヒットを飛ばす。それに関して、祝辞を本人に伝えたというから、いい話だと思う。

他にもカベさんこと、壁村耐三も登場。
少年チャンピオンの伝説のヤクザ編集者だ。
怪奇漫画編集4.png
かっこいい。

と言っても、この人を知ったのは「ブラックジャック創作秘話」がキッカケだったような気がする。原作者が「怪奇まんが道」と同じだ。

 
そのうち伝説の編集者シリーズとか記事書けたらいいなあ。
別にそんなに詳しくはないんだけどさ。

 

怪奇まんが道 奇想天外篇 (ホームコミックス)

怪奇まんが道 奇想天外篇 (ホームコミックス)

  • 作者: あだち つよし
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/12/19
  • メディア: コミック



怪奇まんが道 (ホームコミックス)

怪奇まんが道 (ホームコミックス)

  • 作者: あだち つよし
  • 出版社/メーカー: ホーム社
  • 発売日: 2015/11/19
  • メディア: コミック



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。