So-net無料ブログ作成

ペンは剣よりも強し!だけど最後に頼るのはギャルゲーだ!さわやか「ゲーム雑誌ガイドブック」 [ゲーム]

また職場変わって引っ越し。
美容院も変えた。
出される雑誌は大抵「Number」「GetNavi」「LEON」です。

 
「ゲーム雑誌ガイドブック」というムックを読んだ。
いわゆるファミ通やファミマガ、バックアップ活用テクニックやコンプティークやテクノポリスなどの昔のゲーム雑誌をまとめて紹介した本である。

一通り読み終わった感想。
疲れた。
最初は読んでいて楽しかったのだが、だんだん飽きてくる。
佐々木晃1.jpg

なかなか雑誌ごとのカラーの違いを数ページで紹介するのは難しいし、ものすごく大雑把な言い方をすれば各紙それほど違いのあるものでもない。終わりに至る道のりも、ゲーム機が乱立し世代交代が早くなり、インターネットの発達で需要が減り、自然と休刊、または誌名変更かリニューアル。ギャルゲーに特化しようとして消えていく。そんなんばっかり繰り返し読まされるハメになる。

どこまでジャーナリスト出来るのかという一つの重大なテーマにおいても、ほとんどがゲームメーカーの圧力に屈服するか、あるいは需要がなくて商売にならず淘汰されていくという虚しい結末のオンパレードだ。

何が楽しくて雑誌なんて作ってるんだろ?と段々鬱になってくる。まあでも当時楽しく読んでた大切な思い出を作ってくれてたんだけどね。それが読んでわかるように一冊にまとめられたというのは素晴らしいことなのかもしれない。

特に印象に残ったのは各紙編集長の愚痴みたいなところ。
佐々木晃3.jpg
PCエンジンFAN創刊の際にソフトの本数が少ないと編集後記で書いてみたり、角川お家騒動で生まれた電撃系の雑誌では100字では語りつくせない創刊の苦労があったと書いてみたり、スクエニのゲームをぶった切ったらサンプル貸してもらえなくなったり。。。
佐々木晃4.jpg

あと、あらためて佐々木晃(東京省 TONG KING SHOW)の表紙は本当にいいなあと思った。
佐々木晃5.jpeg
タイトーのゲームでおなじみの人だった。今何してるのかな。今ごろ画集出すとかありませんかね。
佐々木晃6.jpg
 

ゲーム雑誌ガイドブック (ゲームラボ選書)

ゲーム雑誌ガイドブック (ゲームラボ選書)

  • 作者: さやわか
  • 出版社/メーカー: 三才ブックス
  • 発売日: 2019/07/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。