So-net無料ブログ作成

キレてないですよ。間柴世界へ!マロンの策略を粉砕し、勝利確定!! [一歩]

輪島1.png

はじめの一歩、間柴vs伊賀。

青木日本王者への道というストーリーのラスボスとして登場した伊賀が、突如間柴との対戦が決定し、動向に注目が集まっていた。伊賀のセコンド、マロン栗田の狙いは間柴の気性の荒さを見越した反則勝ち。ところが今週発売の少年マガジンにて、一時はもう爆発するしかないと思われていた間柴が、まさかの大人の態度を見せる展開となった。

事情通のAさんに話を聞いてみた。

「いやあ…、いいっすねえ。正直ちょっとウルっときてしまいました。」

Aさんは試合前から間柴の反則負けも予測していましたが、やはり伊賀サイドは反則負けを狙っていました。それを跳ね返すハートウォーミングな展開となりました。

「相手の狙いが分かってもブチギレようとする間柴が良かったですね。セコンドが手を尽くしても止めようとしない。それが地獄会の声援で思いとどまるわけですよ。ベタかもしれないですけど、良かったですねえ。。。(しみじみ)まあ格下は格下なんで、きっちり横綱相撲で勝てる相手ですからね。」

間柴は利確と考えてよいのでしょうか?
そうなると青木のチャンピオンロードが。。。

「問題ないでしょうね。伊賀も不気味なところ見せてますから、今回の一戦でB級ラスボスとしての風格を感じさせました。あまりに強すぎる相手に挑戦するのも漫画っぽいですし、伊賀ぐらいなら勝てるかもしれないし、負けるかもしれないと思わされます。却ってリアリティ増すんじゃないでしょうか。マロンの策略も面白かったし、次にどんな作戦を考えてくるのか期待できます。」

伊賀vs青木はどんな試合になるのでしょうか。

「青木もアイディアマンですからね。マロンとの知略対決になるでしょう。前回、青木はタイトル挑戦で『よそ見』を編み出しましたが、アレはイマイチでした。」

イマイチでしたか。

輪島功一が実際に使った技として有名ですからね。カエルパンチを編み出したのも輪島で、青木もそれを知ってましたけど、『よそ見』は知らずに独自に思いつくという矛盾した構成で、当時結構しらけました。それでやたらと引っ張るし。」

『よそ見』も輪島選手だったんですね。

「TVのバラエティ番組からの知識ですけどね。他にも調印式の後のパーティーで、相手の前で暴飲暴食して減量失敗を誘うなんてこともやってました。まさか伊賀戦で使うことはないと思いますが。。。輪島功一の本を読めば、今後のヒントが見つかるかもしれませんね。ちなみにカエル跳びは車田正美の『リングにかけろ』で知りました。」
輪島3.png



炎の世界チャンピオン

炎の世界チャンピオン

  • 作者: 輪島 功一
  • 出版社/メーカー: 東京新聞出版局
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 単行本



はじめの一歩 コミック 1-123巻セット

はじめの一歩 コミック 1-123巻セット

  • 作者: 森川 ジョージ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/11/16
  • メディア: コミック



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

はじめの一歩、唐突に間柴vs伊賀!どうなる青木の日本王者への道 [一歩]

伊賀.png
一歩が久しぶりに面白い。
なんと間柴と伊賀が対決!
しかもいきなり試合だ!

まず伊賀って誰だという読者も多かろうと思う。
熱心な読者でも記憶から薄れかけていてもしょうがないと思える伊賀は、おそらく作者が青木を日本王者にするために生み出したキャラクター。俺からすればそのキャラクターの誕生は、『青木の試合を時々やるのはいいけれど、伏線まで用意してまでじっくり話を進められると、停滞している「リカルドへの道」がますます停滞するじゃあーねーですか』と呆れてしまう出来事だったのである。

一歩の弟子暴行編のオチで青木の弟を登場させたことから、伊賀との因縁を進めるのだろうなと思っていたが、それがなんと突然間柴と対決である。

まず間柴が負けることは考えられない。
そうなると、伊賀の強敵感が薄まって青木戦の盛り上がりに水を差すことは間違いない。青木弟まで出して伊賀がこのまま「なかったこと」にされる展開も考えにくい。さてどうするのか。

予想1:伊賀が間柴に勝ってしまう
間柴はこの先、一歩とも青木とも戦うことはないので、負けてしまっても構成上は問題ない。ただファン的にはガッカリだろうけど。ただ、間柴を倒した男を青木が倒したら、そりゃあ感動的だろうなあとは思う。でも間柴が負けることはあり得ないと思うけども。

予想2:没収試合になる
沢村戦のように何かやらかして反則負け、みたいに実質勝ち負けをつけないというのは一番現実的だと思う。伊賀の強さをみせつけ、続けていたら分からないぞという内容にする。間柴の内心のお墨付きを与え、決着をつけない。これでもまあ青木戦は盛り上がるだろう。

 
ところで、一歩のかつての戦友たちが、次々と人外への道へ進んでいくキャンペーンも開催中である。鷹村、宮田に続き、間柴も人外に行かせなくてはならないので、必然的に対戦相手である伊賀には悲惨な結末が用意されていても不思議ではない。

なかなか綺麗にまとめるには難易度が高いと思う。
さてジョージの思惑やいかに。
 

あと沢村の伊賀評が早く読みたいなあ。



人外×筋肉BL (Charles Comics)

人外×筋肉BL (Charles Comics)

  • 作者: 鬼嶋兵伍
  • 出版社/メーカー: 三交社
  • 発売日: 2018/12/25
  • メディア: コミック



『人外さんの嫁』アニメDVD付きダイアリー

『人外さんの嫁』アニメDVD付きダイアリー

  • 作者: 八坂 アキヲ・相川 有
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2019/02/25
  • メディア: Diary


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

元日本王者、弟子に暴行「はじめの逮捕」に!休載中に読むべき四半世紀前の超展開ボクシング漫画「B・B」 [一歩]

はじめの逮捕1.png
はじめの一歩。

どういう展開になるかと思いきや、まさかの一歩が手を出すパターンでした。ひょっとしたら強いのかと思われた、ただ一人残ったロン毛のチンピラも即戦意喪失。救護班役として用意されていたキャラだった。

梅沢の判断で事後処理をロン毛に託し青木のラーメン屋の逃亡。久しぶりに登場する青木組。そして一歩の自首します発言で再来週に続く!(クソ野郎!)

どうでもよくないけど、いじめられっ子と板垣が見間違いますね。書き分けできてませんね。急展開で久しぶりに読んだ人は戸惑うのではないでしょうか。

さて、この展開は四半世紀前のボクシング漫画、石渡治の「B・B」にもあった。

策士木地本の嫌がらせに辟易していた高校生の主人公高木だったが、一歩でいえば宮田くんに当たるライバルボクサー、森山との決戦を邪魔されブチギレ。控え室に殴り込み、目ん玉が飛び出るほど痛いパンチを放り込み、ぶっ殺してしまう。
BB8.png

はじめの逮捕2.png
(8巻)
このあとどうなるのか、それは君たちの目で確認して欲しいのだが、ちょっとだけ教えると数巻後にはロシアの強制収容所で血も涙もない鬼軍人として活躍。これがどう森山との最終決戦にたどり着くのか。一歩が日本王者で100巻も回り道しまくってるのに比べ、B・Bはこの超展開で31巻で読めるコンパクトさなのである。来週の一歩がお休みのうちに未読の人は読んでおくべき傑作だ。
はじめの逮捕3.png
(19巻)

関連過去記事 王道ボクシング漫画が超展開!B.Bを読め!
https://omakedvd.blog.so-net.ne.jp/2015-10-04
 

はじめの一歩(123) (講談社コミックス)

はじめの一歩(123) (講談社コミックス)

  • 作者: 森川 ジョージ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/11/16
  • メディア: コミック



[まとめ買い] B.B(少年サンデーコミックス)

[まとめ買い] B.B(少年サンデーコミックス)

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Kindle版


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

幕之内一歩、弟子の暴力行為でセコンド資格剥奪に匹敵する失態 [一歩]

資格剥奪.png
元日本フェザー級王者、幕之内一歩が私的に育てていた弟子が暴力行為を起こしていたことが11月7日、水曜日に判明した。

弟子である少年Aは取り巻きと共に河原でいじめを行なっていたところに幕之内一歩に静止され、紆余曲折を経て禊が済まされたと判断され幕之内一歩の私的な弟子となっていた。始めはAを敬遠していた幕之内だったが、地味でハードで知られる同選手の練習に一ヶ月ついてこれたことから、だいぶ気を許す関係に発展していた。しかし周囲にはAの人間性を疑問視する声もあった。

強くなることに焦っていたAだったが、それは別の不良グループとの抗争の決着をつける日が迫っていたからだった模様。それを知った漫画家で、幕之内の親友である梅沢正彦がAを制止するべく殴り込みをかけるが、心配した梅沢のアシスタントにより、事件は幕之内にも知られることとなった。現場に駆けつけた幕之内が見たものはボクシングを悪用し、不良少年たちをボコボコにして気を吐くAの姿。

Aは「アンタにゃもう用は無いんだよ。土下座するくらいお人好しだからよ。手っ取り早く強くなれる方法が教えてほしかっただけなんだ」とのたまうのだった。

 
この事件に関して詳しい事情通は語る。
「とんでもない裏切りにあった格好ですが、まだまだこれもひっくり返る可能性があります。というのも、この話はまだ回収されていない伏線が多々あるからなんです。物語の発端であるいじめがどういう経緯で行われたのかがまだ判明していませんし、その上Aのバックボーンも単純な悪党で終わらせるには不必要なエピソードが多い。そもそもこの物語は幕之内選手がボクシングを始めるキッカケのエピソードの構図を逆転したものであり、読者のミスリードを誘いたいという作者のケレン味が必要以上に見え隠れしていてウザいくらいです。」

来週以降の展開はどうなるでしょうか?
「不良がまだ一人だけ残っているのが気になります。しかも仲間をボコボコにされたのにビビってる感じがない。ひょっとしたらAは来週負けるのかもしれません。圧倒的な強さを手に入れたと思ったのに、上には上がいた。所詮は一ヶ月の付け焼き刃だったからです。その上で、一歩がボディーブロー一閃で鍛え上げ抜いた強さの尊さをAに見せつけて、和解に至るのかもしれません。その上で諸々の事情が解明され、Aも根っからの悪人ではないと判明するのではないでしょうか。」

「帰納法で考えれば、これがどう幕之内一歩の現役復帰に関わってくるかということです。これをきっかけに指導者の道をしばらく諦めることは説得力があるのかもしれません。」



はじめの一歩(123) (講談社コミックス)

はじめの一歩(123) (講談社コミックス)

  • 作者: 森川 ジョージ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/11/16
  • メディア: コミック



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

悲報!今週のはじめの一歩、やはり森川ジョージはドランカーだったと発覚! [一歩]

今週の「はじめの一歩」を読む。

一歩が引退から復帰するまでの葛藤を描くシリーズである。
あれから数年。。。と、やればバッシング最大の原因である物語の停滞を、ダイジェストの説明で一気にすっ飛ばすチャンスだったのだが、なんと森川ジョージは何も分かっていなかった。

なんと一歩と間柴妹が相変わらず「両片思い」なのである!
てっきり結婚して子供作ってるのを期待してたよ。

読んでいて思った。
これ、同じこと何回も描いてね?
お前、タイムリープしてね?
とっととくっつけちゃえば、話数も短縮されて今頃リカルド・マルチネスと対戦してね?
まるでアニメの「総集編回」である。

この「両片思い」は、最近外人が「意味わからん」と漫画に描いているのを読んだ。
リアリティのない、昭和の漫画表現である。
さすがしょこたんから「おかっぱが素敵ですぅ」と、久美ちゃんのデザインを「お前ありえないぐらいセンスがダセェな」と遠回しにディスられるジョージである。

この先、「くっつきそうでくっつかない」「一度別れちゃうんだよ、意外でしょ?」とジョージに嬉々としてやられることを考えると気が滅入る。微妙な愛想笑いをして原稿を受け取る編集者の顔が目に浮かぶ。

この調子なら復帰まで5巻。
千堂とミキストリの対戦で10巻。
世界1位になった千堂と宮田の対戦で20巻。
宮田と一歩の対戦で40巻。
マルチネスとの対戦で70巻。

だいたい完結は270巻ぐらいになるだろうか。

ジョージもかなり高齢である。
視力も落ちてくる。
完結までにさらにクオリティが下がるのは避けられない。
地獄絵図だ。

覚悟はできているか?
俺はできてない。

 

はじめの一歩(120): 週刊少年マガジン

はじめの一歩(120): 週刊少年マガジン

  • 作者: 森川ジョージ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/03/16
  • メディア: コミック



はじめの一歩  コミック1-118巻 セット

はじめの一歩  コミック1-118巻 セット

  • 作者:
  • 出版社/メーカー:
  • メディア: コミック



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

「はじめの一歩」はなぜ炎上したか?冗長な展開が破綻させた「頑丈じゃわい」のウソ [一歩]

はじめの一歩が炎上している。
一歩炎上1.jpg
パンチドランカー疑惑を主人公本人が認めたことで大いに湧いたが、その次の回でまさかのKO負け。対戦相手は名かませ犬ポンチャイ・チュワタナの再来キャラ。新型デンプシーお披露目で死ぬほど長い間引っ張ってきたにも関わらずそれも不発。負けたら引退という流れだったために、ネットの反応は打ち切り予想が支配。はじめの一歩担当編集者が否定のコメントを出すほどの流れだった。そして炎上。
一歩炎上2.png
 
「はじめの一歩」がなぜ少年漫画として画期的だったかというと、ケガして引っ張るという展開がなかったからだと自分は思う。それまでの漫画はケガで万全の状態で戦えないというのを主人公のピンチとして演出するものが多かった印象がある。自分にとって強いのはどっち?というのが一番の興味なのに、それに「もしケガが無かったら」だとか「アヤ」をつけられることは大いにしらける展開だったのだ。

はじめの一歩は仙堂戦で拳のケガはあったが、試合中にケガの影響はない。基本的にどんなに殴られようが、試合後の検査で「頑丈じゃわい」で済まされていた。漫画を面白くするものはリアリティーだが、大元の「もしもこんなウソが許されたら」というのが漫画の核である。一歩の場合、「頑丈じゃわい」という一つのウソを、多数のリアリティーで補強していた。

しかし連載が長期化しすぎて「頑丈じゃわい」も無理が出てきた。試合数が増えれば増えるほど破綻するウソなのである。そして作者の森川ジョージも一歩が殴られることでしかボクシングにおけるピンチを表現できなくなってきたというのが破綻を加速させた。
一歩炎上3.png
一時期作中で、「頑丈じゃわい」に新たな理由づけを試みたことがあったがそれも失敗だったのか、物語はドランカー展開に舵を切る。

 
さて、自分はあまり一歩打ち切りはないだろうとは思っていた。しかし最近同雑誌で長期連載されていたテニス漫画が切られた話もあり、サンデーにおける炎上狙いの打ち切り戦略が業界のトレンドになったのかもしれないという危惧はあった。

打ち切られないとすれば、今後一歩はどういう展開になるのか。
かつて一歩の先輩である木村達也が引退を撤回する話があった。みっともなく宣言撤回して現役にしがみつくという展開になるのだろう。理屈ではない。母親や久美ちゃんを捨ててもボクシングにしがみつく。それが鷹村が散々振ってきた、一線を越えるということなのではないか。

例えば網膜剥離でボクシング協会からライセンスを剥奪され、海外に渡って試合をした辰吉丈一郎(はじめの一歩の表紙に登場したこともあった)のようにだ。

 
ーーーーーーーーーーーーーーー
一歩炎上4.png
ーーーーーーーーーーーーーー
基本的にドランカーになった選手は元に戻らない。
そこにブラックジャックが現れ治療を施すというのも漫画らしい展開であるが、それも無いとは言えない。もしくは「やっぱりドランカーじゃ無かった」で話を引っ張るのかもしれない。そもそも今回の敗戦も、来週「スリップ〜〜!!」で無かったことにされるんではあるまいな、とちょっとドキドキしている。立ち読みだったのでその辺、ちゃんと読んでいなかった。

リカルドマルチネスを倒して世界チャンピオン。
それを見るためにほとんどの読者は冗長すぎる展開、作者の劣化に耐えて一歩を読み続けている。俺は一回負けて再戦で倒すという予想だった。20年ぐらい前にした予想だ。しかしその展開だと350巻ぐらいかかるかもしれないと近年思い始め、流石にそんなのは耐えられないと今では一回やって終わりという考えに落ち着いている。流石にあのチャンピオンをドランカーがぶっつけ本番で倒すという展開にリアリティーを持たすことは無理だ。

路線変更をミスリードだとか、これこそリアリティなのだとか言い出す作家は多い。森川ジョージは今何を考えているのだろうか。

 

はじめの一歩大解剖 (サンエイムック)

はじめの一歩大解剖 (サンエイムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三栄書房
  • 発売日: 2017/09/06
  • メディア: ムック



はじめの一歩(1) (講談社漫画文庫)

はじめの一歩(1) (講談社漫画文庫)

  • 作者: 森川 ジョージ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/11/10
  • メディア: 文庫



nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:コミック

今週の一歩 [一歩]

【今週の一歩】→
沢村、ゲドーを意識した緊張感ある立ち上がり。
さすが好きな人は違うなというボクシングの駆け引きをしたい。

【今週のキン肉マン】
プレイボーイに予告が。
ベンキマンとアシュラマンの短編が掲載されるらしい。

【今週のアゲイン】↓
若干投げやりな感じがする。

【今週のガンプラ男】↑
やはりヒロインがいなくなってからガンプラ描写が面白い。
メールしたのに返事がなくて葛藤するシーンはリアリティある。
わざとそっけないメールで様子うかがったりすると後悔するんだよなー。

【今週のアイアムヒーロー】→
久しぶりにゾンビ登場。
ヒロインが異常聴覚でゾンビの接近を察知するのは、この先の緊張感を削ぐことになりはしないか。あの赤ん坊にイキナリ噛まれる感じが良いのに。

【今週の砂の栄冠】↓
あまり希望が見えない展開。

【今週のカイジ】↓
なにやってるのかよく分からない。

【今週の小日向】↓
この漫画は外出してる主人公の行き先をなぜか突き止める事が出来て会話に割り込んで来る人ばっかりだな。高杉シンサック。

【今週のBUYUDEN】↓
感動的なのかどうなのか。
あまりボクシング的な面白い駆け引きが無いのがこの漫画の欠点だと思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

今週の一歩 [一歩]

【今週のはじめの一歩】↑
大番狂わせ。
まさか板垣が負けるとは!

これでひょっとして今井vs一歩の流れってワケじゃあるまいなあ。
今井が勝つところなんて想像できないが。
板垣がさらに新技を身につけて復活の流れか。
一歩と戦うのは150巻あたりかな。

【今週のアゲイン】↑
団長のバッドエンド世界。
微妙にキャラが違う感じが面白い。
チャンクマの尻揉みがうらやましい。

ちなみに「聲の形」は読んでない。
いじめ漫画になるのかな。重いわ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

今週の一歩 [一歩]

【今週の一歩】↓
クロノスをウスノロとはなかなか良いダジャレ。
ダジャレが面白いというのはあまり一歩では無い例だ。

ダメージまでゆっくり感じる板垣。
初期のゴールドエクスペリエンスみたいだな。
展開までゆっくりしてきた気がするので、早めの決着を希望。

【今週のアゲイン】→
微妙なパンチラ。
そして団長が分岐点のバッドエンドの方にアゲイン。
面白そうな展開だ。
それにしても、「転げ落ちるとアゲインする階段」になってしまったな。

【今週のアイアムヒーロー】↓
いざむだ毛処理に。
確かに濃そうではある。

【今週のガンプラ男】↑
意外や意外。
オタクが勇気を振り絞るという、ちょっとだけ感動路線だった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

今週の一歩 [一歩]

【今週の一歩】→
ラフファイトで潰す!
アマエリートがやられる典型的なパターンだぜ!
そんな感じか。

【今週のアゲイン】→
3回ぐらいこれで行くのかと思いきや、チャンクマとスガラッキーはセットで終った。結局なにも進展しなかった(意外な結果も無かった)が、来週も続くのだろうか。

【今週のジャコ】↓
ふーんって感じ。
まだ設定説明段階だな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック