So-net無料ブログ作成
モテる漫画 ブログトップ
前の10件 | -

引退 [モテる漫画]

えー、お気付きの方もいると思いますが、デートまたしくじりました。
色々裏目に出ました。こっぴどく振られました。
さすがにもう恋愛は諦めようと思った出来事でした。

色々チャンスはあったけども、結局掴むことは叶わなかった。
結局のところ、自分の敗因は年齢だったような気がします。
10代は暗黒時代、20代は仕事に打ち込んで、30になってから始めたことですけどそれでも遅かった。

年齢の倍近くのアイドル並みに可愛いリア充の女の子から食事に誘われたのが去年。
あそこで上手くいってたら、それこそまるで中国嫁日記電車男みたいな絵に描いたようなハッピーエンドでしたけど、そうはいかなかった。

あの彼女から誘われた瞬間、失敗で終わっても悔いなしと思ったけどいまだに悔やみ続けている。たぶん一生悔やみ続けると思う。それでいいと思うけども。

プロの女の子に何人か相談してみたけど、所作やエスコート、セルフプロデュースにも何も問題がないという。

どんなに頑張っても手に入れられないものが誰しもあるのかもしれない。
圧倒的に俺は恋愛に向いてなかったと思う。

 
そんなわけで今回は、あきらめ名シーン漫画を紹介。
弘兼憲史「ラストニュース」2巻

八百長が発覚して、トカゲの尻尾切りで引退させられた選手がラストニューススタッフに真実の告白を迫られる。このままだと野球がダメになっていく。野球を愛していたんだろ?心の傷はわかるという主人公のプロデューサーに説得され、過去の思い出が走馬灯のように蘇る。
引退1.png
「俺から野球をとったら何も残らない。」
「野球は俺のすべてだった!」

婚活は俺のすべてだったということはないけど、それなりに長い努力の蓄積がある。もう生活習慣になっているので今後もトレーニングを怠ることもないと思う。ただもう終わってしまって二度と戻ることはないのだろうなと思う。

 
あだち充「H2」4巻
肘の寿命が残り三ヶ月と誤診された主人公がさっさと引退式をするシーン。
引退5.png
野球を始めた頃から側にいた幼馴染が見届ける。
やっぱり「野球は俺の全て」なのだがサバサバしてるのがいい。
「行くぞォ!」「行ってらっしゃーい」がいい。
でもちょっと感傷的なのがいい。
 

ゆうきまさみ「機動警察パトレイバー」
ヒロインの泉野明が戦闘中に失神。
学生時代に打ち込んでいたバスケが、パッとしないまま終わってしまった過去を思い出す。
引退4.png
「やるだけやった?」
「それを確認したかったんだ。」

野明が割とサバサバしていて好きなシーン。あと1、2センチ身長があったらと続くのだが、俺もあと1、2年早く始めていたらと思わないこともない。つうか中学で人間不信になりコミュ障を引きずったのは本当にもったいないと思う。昔の写真見ると、ほんと自分で凄まじくイケメンだなと思う。

 
土田世紀「編集王」1巻。
描かない巨匠のマネージャーで、ビジネスに徹している仙台が、主人公の新人編集者に情熱をぶつけられ、自分が熱かった時代と、それでも夢を諦めなければならなかったことを思い出し悔し涙を流すシーン。
引退2.png
世の人はなんとでもいう。
諦めたらそこで試合終了だよ」とか「心が折れない限り敗北はない」だとか。
俺がどんなに努力したのかも知らないでと思う。
でもそこで「そうだよね、ありがとう」と言えるのがモテる男なんだということは後進に伝えておきたい。



森川ジョージ「はじめの一歩」33巻
引退を賭けた間柴とのタイトルマッチに惜敗した木村が、約束通り引退を表明したあとのシーン。
引退3.png
「悔いはない、悔いはないよ。」
「あばよ後楽園ホール。」

結局引退を撤回するのだが、それでもいいシーンだと思う。
これ以後、100巻を重ねてもこれ以上の木村の見せ場は存在しない。
やはりサバサバしてるのがいい。

 
そんな落ち込んでいる俺にまた天使が。
ヘルプで行った職場で出会ったのだがめちゃくちゃ可愛い女の子。
他の人はおざなりな会釈だったけど、ただ一人やたら丁寧に

「××ですよろしくお願いします。あっ、名札忘れちゃって付けてないんですけど(テヘペロ)」と挨拶。

「俺も名札壊れちゃってポケットにホラ!」
「うふふ」
「あはは」

なんてやり取りを本当にしたんですけど、俺はもう絶対アプローチしない。
…まあでも彼女から来たら断る理由は無いよね。来るわけないけど。

 

恋を何年休んでますか スペシャル・コレクション DVD-BOX

恋を何年休んでますか スペシャル・コレクション DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • メディア: DVD



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

キモオタと結婚する蒼井優よりも美人が引きこもりと結婚するドキュメンタリー番組、「このマンガがすごい!」がすごい! [モテる漫画]

南海キャンディーズの山ちゃんと、女優の蒼井優の結婚は衝撃的だった。

見出しが躍った時、フェイクニュースなのではないかと疑ぐりまくったものだ。
交際二ヶ月。絶対すぐ破局するに違いないと思った。
「生理的に無理」、そんなことを言い出す気がする。

記者会見を見ると本当に意外にいいカップルで、絶対に破局しなさそうに見えた。
蒼井優の両親に許しを得に行くエピソードも心が和んだ。
後で聞いた二人のプロポーズのエピソード、「合鍵渡しておきます?深い意味はないんですけど」「深い意味があってもいいですよ」には羨ましくて萌え死にしそうだった。

いや、それでも絶対「生理的に無理」で破局するに決まってるのだが。
と、女性の手のひら返ししか喰らったことのない、イケメンのアラフォーおっさんは思うのである。

 
そんな蒼井優が出ているドキュメンタリー番組、「このマンガがすごい!」がアマゾンプライムにあったので見てみた。こんな番組は全然知らなかったが、タイトルは同名のマンガ大賞からとられているそうだ。毎回ゲスト俳優がリスペクトする漫画を映像化。そのメイキングが主な内容になっている。

第一回の森山未來の「うしおととら」が衝撃的で、獣のやりに支配されたうしおのメイクでオーディション会場に登場する。まるで年末恒例のTV番組「笑ってはいけない」のようだが、参加者は誰一人笑わない。真剣そのもので、ある種のショックを受けた。
森山4.JPG

なかなか面白い番組なのだが、あまりテーマと関係ないところで衝撃を受けた。
第三回の「NHKにようこそ!」では原作者の滝本竜彦がインタビューに答えている。
「NHKにようこそ!」は引きこもりをテーマにしているが、それは自身の体験であるらしい。

引きこもりから脱するために、街ゆく女性に声をかけ続けるという荒業に挑み、若干の改善に至ったという。ちなみに女性限定というのは、やはりモチベーションになるからという正直な理由で、なるほどな、がんばって!と応援したくなる。

やはり散々無視され、つまらないプライドが打ち砕かれ、良い意味で自分と世間の関係の認識を改められたみたいにまとめるのだが、その中でしっかり現在の奥さんを捕まえたのだという。

それがもうめちゃくちゃ美人で、まるで女優じゃん!と衝撃を受けた。
森山2.JPG
対談をする女優二人、蒼井優と森川葵をも超える美人さんなのである。

感動に手のひら返しして、なんでこんな引きこもりに…、だったら俺に…とか、散々世の無理解を嘆いたりしたのだった。

よく見ると、原作者もイケメンなのである。
鼻が高く、ハゲも綺麗に剃り上げてイタリア人みたいだ。
森山3.JPG
キモメンだった時代もあるのだろうが、キモメンもファッションを適切にキャラ設定を行えば、パラダイムシフトが起こる可能性は高いと思う。平井堅も学生時代はキモメンとして女子に雑巾を投げつけられていたという。

才能に感じ入ったのもあるのだろう。
たまに周囲にこういうカップルを見かける。
糟糠の妻なのに美人という。
俺ってよっぽど才能ないんだなーと絶望してしまう。

 
まあ人それぞれ。
地道に今度のデート頑張るしかない。

そしてそっと「NHKにようこそ!」をカートに入れる。
全9巻。
これで今月買った漫画は70冊を超えた。。。
休日返上みたいに電子化に打ち込んでいるが、本は全然減らないのである。
 





NHKにようこそ! 1-8巻セット

NHKにようこそ! 1-8巻セット

  • 作者: 大岩 ケンヂ
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: コミック


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

彼女いない歴=年齢オッサンのバチェラー3出演女性論評 [モテる漫画]

バチェラー・ジャパンシーズン3の女性出演者のPR動画にそれぞれコメントをつけて、ついでに漫画評ブログなので彼女らに勧めたい漫画を思いつきで付け加えちゃったぞ。

名前の横の数値は、動画の閲覧数(俺が見た瞬間)と、goodとbadの数値。


古澤 未来(ふるさわ みく)14994 53-17
◆ 30歳
◆ 運送業(ダンプ運転手)
◆ 埼玉県ダンプ乗り
笑い上戸で取っ付きやすそう。元ヤンってことで気も強そう。
バチェラーと接点なさそうで、あまり残れそうな感じには見えない。
予想:初期脱落
オススメ漫画「赤灯えれじい」


岩間 恵(いわま めぐみ)17515 34-17
◆ 25歳
◆ ぶどう農家
◆ 山梨県
清楚でちょっとアナウンサーっぽい美人。地味かも。
だめんず好きっぽい。不幸オーラある。
シーズン2なら真っ先に落とされているタイプ。
予想:中盤まで手堅く残りそう
オススメ漫画「夏子の酒」


中川 友里(なかがわ ゆり)15416 21-39
◆ 29歳
◆ DJ
◆ 石川県
金髪だしちょっと派手すぎるか。
バチェラーは保守的なイメージがあるので初期に落とされそうでもある。
容姿も特筆すべきものがないが、動画で見ると非常にキャラがよく個人的に俺の一番人気。
予想:ファイナリストは無理だが、キャラ的には中盤まで残りそう。
オススメ漫画「モンスターの眠り」


李 起林(い ぎりむ)15961 74−16
◆ 26歳
◆ 通訳・翻訳
◆ ソウル(韓国)
意識が高く理想高めだが好感度は76-16と許されてしまうのは才能か。
ルックスも良いし韓国ドレス目を引く。キャラが強い。
バチェラーとも合いそう。
予想:終盤まで残りそう。
オススメ漫画「この女に賭けろ」


庄子 智愉(しょうじ ちゆ)12159 72-3
◆ 30歳
◆矯正サロンオーナー
◆ 宮城県
控え目で真面目そう。人として圧倒的にまともそうで好感度も72-3と高い。
予想:アピールが弱そうなのが欠点か。ハマれば終盤まで残るかも。
オススメ漫画「ひねもすのたり日記」


永合 弘乃(なごう ひろの)11395 47-27
◆ 27歳
◆ 恋愛ライター
◆ 愛媛県
ショートで可愛いルックス。恋愛ライターということで、その辺の戦略コメントとか楽しそう。妄想キャラが受けると思ってそうでちょっと痛々しいかも。あまりバチェラーと接点がなさそう。
予想:初期脱落
オススメ漫画「みのり伝説」


濱﨑 麻莉亜(はまさき まりあ)15271 45-9
◆ 22歳
◆ IT企業勤務
◆ 埼玉県
ちょっと顔が幼い感じ。アナウンサーっぽい。
可愛らしいがマスコットとして残れるかどうかという感じか。
女子校出身。だめんず好きっぽい。
予想:マスコットとしてハマれば中盤まで残れるか。
オススメ漫画「だめんずうお〜か〜」


田尻 夏樹(たじり なつき)9682 51-7
◆ 30歳
◆ 広告代理店/モデル
◆ 大阪府
広告代理店勤務でモデルという肩書きで世の中渡っていてこの無邪気なキャラというのは自信&余裕の現れか。あまりバチェラーに合わせようとするタイプでも無い気がする。そこが失点につながりそうな気がする。
予想:初期で脱落か
オススメ漫画「蒼天航路」


浦田 直佳(うらた なおか)13490 10-57
◆ 22歳
◆ 大学生(看護学部)
◆ 埼玉県
意識が高過ぎて攻撃的にまでなっている。それがいらぬ軋轢を生むということを理解できる余裕がまだ無い。好感度も10-57とサゲサゲだ。ハイライト映像でも目が笑ってなくて怖い。
予想:ケンカ要因としては面白そう。早々に脱落しそうに見える。
オススメ漫画「ブッダ」


徳田 祐里(とくだ ゆうり)13167 73-5
◆ 21歳
◆ アパレル店員
◆ 宮崎県
シーズン1の岡田ゆり子っぽい体育会系女子で73-5と好感度も高い。21歳だが容姿も大人っぽい。
予想:中盤まで残れそうだが、バチェラーの結婚相手としては合わなさそう。
オススメ漫画「ブザービーター」


松木 星良(まつき せいら)12565 42-20
◆ 28歳
◆ 経営者
◆ 山梨県
予告番組でも顰蹙を買っていた自称カリスマ。とにかく自信家。容姿がちと地味で、パーティードレス姿でもあまり大差が無い。「映画に撮られているように生きろ」という座右の銘は素敵だが、ちと入れ込み過ぎでバチェラーと波長が合うか疑わしい。
予想:中盤で脱落
オススメ漫画「NANASE」


佐々木 あゆみ(ささき あゆみ)11397 7-55
◆ 27歳
◆ ラウンジ勤務
◆ 千葉県
派手な水着&巻き髪にメーテルみたいな付けまつ毛。カタギの人に見えない。ルックスが大事というが、それほど良いとも思えないし、結婚に特化した進化をしているようにも見えない。タトゥーは致命的なのでは。
予想:早期脱落
オススメ漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」


水田 あゆみ(みずた あゆみ)8342 43-3
◆ 30歳
◆ 元・北新地ホステス
◆ 大阪府
いかにも水商売の女性のオフという感じ。処世術を見たい。いい人そうだがなかなか医者の息子とは上手くいかないのでは。
予想:早期脱落
オススメ漫画「新ナニワ金融道 青木雄二物語」


野原 遥(のはら はるか)13070 30-11
◆ 28歳
◆ 広告代理店広報
◆ 茨城県
優勝候補。ミス・ユニバースなんだそう。力強い。
予想:終盤まで残りそう。
オススメ漫画「コブラ」


金子 実加(かねこ みか)10001 13-17
◆ 29歳
◆ シンガー
◆ 京都府
気性が荒いらしい。トラブルメーカー要員か。
歌のプレゼントまで生き残れるか。
バチェラーとは過去に接点があったらしい。
予想:中盤まで残るか?
オススメ漫画「史記」


加賀美 碧(かがみ あおい)10544 17-52
◆ 26歳
◆ 下町娘
◆ 東京都
高橋真麻が苦言を呈したヤリマン宣言女子。
はなからファイナリストは無理でキャラ重視、タレント狙いか。
でも確かに可愛い。安めぐみっぽい笑い方は女性必見かもしれない。
予想:にぎやかしとして中盤ぐらいまで残るかも。
オススメ漫画「フルーツ宅配便」


岩城 ありさ(いわき ありさ)7800 13-42
◆ 27歳
◆ OL
◆ 京都府
キャラ重視枠なのか、ガチでよくいる勘違い女子なのか。
3億の価値があると自称しているが、容姿的には圧倒的に下位の方である。
タレント狙いだとしても、言ってることは全く面白く無い。
予測:早期脱落
オススメ漫画「死神くん」


国分 亜美(こくぶん あみ)13653 17-91
◆ 29歳
◆ 社長秘書
◆ 北海道
29歳でこれは痛い。ぶりっ子でメンヘラっぽい。
初期のパタリロに出てくる変な中国人みたいな顔。
予測:早期脱落
オススメ漫画「墨攻」


城田 夏奈(じょうでん かな)12301 11-96
◆ 23歳
◆ 看護師
◆ 広島県
女性に嫌われるタイプという自覚はあるらしい。
嘘泣きが得意という、全く人が好感を持ちようも無いことを自ら暴露して勝手に損してる。
顔は田舎っぽい。素朴。だがドレスアップはなかなか良いのでは。
予想:早期脱落
オススメ漫画「風子のいる店」


髙田 汐美(たかだ しおみ)9440 13-125
◆ 26歳
◆ 無職/社長令嬢
◆ 埼玉県
クリスマスにサンタさんから100万円もらうという金持ちの令嬢。田舎くさい子が嫌いだと言って予告番組出演者から総ツッコミを受けていた。お金がないと相手にされなさそうな下膨れ顔。「うしおととら」の先生の似顔絵みたいな顔だ。
予想:早期脱落
オススメ漫画「うしおととら」

 
当たらないとは思うが、ベスト4予想するなら1李起林、2野原遥、3庄子智愉、4徳田祐里、次点岩間恵でどうだろう。

 

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

婚活バラエティ、「バチェラージャパン シーズン3」が撮入! [モテる漫画]

最近、TVでゆきぽよをよく見る。

Yukipoyogram ゆきぽよ写真集

Yukipoyogram ゆきぽよ写真集

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2019/01/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


たまにしかTVを見ない俺がよく見るのだから、本当によく出ているのだろう。
彼女の出世作といえば「バチェラージャパン」シーズン1。
途中、愛のために気合の黒髪チェンジしてきたのはインパクトがあった。
脱落した時は悲しかったなあああ。

婚活サバイバル「バチェラー・ジャパン」シーズン3の参加女性がついに発表された
一人のお金持ちイケメン男の、たった一人の妻になるために、女性たちが権謀術数を尽くして争う人気番組。もう撮影は始まっているが本放送は秋だという。そんなにあと?と思ったが、よく考えてみればそろそろ梅雨が明けて夏である。最低二ヶ月の我慢か。

 
今回のバチェラーは医者の息子。

フランス語と、三台の外車を操る能力を持っているという。
ちょっとマザコン気味という情報もある。
恒例の両親対面イベントが楽しみだ!

予告番組が上がっていて、YouTubeでも見ることができる。

例によってナイナイ、高橋真麻、指原がワイワイ盛り上がっていて本当に楽しそうでヨロシイ。


今回の女性陣はモンスター揃いだと話題になっている。
モンスターといえば、シーズン2の福良真莉果初見では本当にモンスターだった。
場違いはさっさと消えろと思いながら見ていたが、グングン好感度を上げ、まさかのベスト4入り。脱落シーンでバチェラーが泣いたことが話題を呼んだが俺も泣いた。

 
美人で、カタログスペックで強烈にキャラ付けしてるからと言って、バチェラーで残れるとは限らない。シーズン2は前作を超える美人が何人かいたが、あっさり序盤で落とされてしまった。予告番組でも語られていたが、誰が勝ち残るか予測するのは難しい。というかあまり意味がない。

 
予告番組ではゆきぽよや福良らがゲスト出演。
番組の内側を暴露していた。

本当にバチェラーを好きになるのかという質問に、ゆきぽよは「久保さんは初見で華奢で小柄でタイプではなかった」とぶっちゃけている。まあギャルだし、ガテンのオラオラ系が好みなんでしょうね(偏見)。しかし、好きになったのは本当だという。

そこはスタッフが上手くやっていて、徹底して彼女らから男を遠ざけ、バチェラーにしか興味が行かないように追い込んでいるのだという。

スタッフは基本彼女らをシカト。お店を使うようなシチュエーションでも女性スタッフに対応させたという。だから基本優しいバチェラーにほだされるという仕組み。これはまさに逆オタサーの姫状態!大奥システムだ。

ちなみにウッカリ彼女らの一人に優しくしてしまった男性スタッフが、その女性から惚れられてしまい修羅場に。その女性に「勘違いさせないでよ!」と激昂されるという結末だったそうな。誰なんだろう、すげえ気になる。。。

恋愛というのは環境要素も多いに絡んでくるという話ですな。
まさに環境利用闘法!

 
今シーズンの参加者のPRビデオがYouTubeにアップされているので、開幕までそれらを論評していこうかなと思っています。
 


1年前.png
写真は一年ちょい前。
アイドル並みに可愛い女の子との焼肉デートの時の写真(の一部)。
ダメージあり過ぎて見返すことができなかったけど、改めてすんげえ可愛い女の子だったなあと思う。いまだに思い出しては身悶えする日々です。

 
ゆきぽよ YukipoyoTube (<DVD>)

ゆきぽよ YukipoyoTube (<DVD>)

  • 作者: 双葉社
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2019/02/17
  • メディア: 単行本



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

やってはいけない!名作漫画「プレイボール」「岡崎に捧ぐ」の唇ペロペロ [モテる漫画]

女の子にモテる確率を1%でもあげるための習慣、その1。
リップクリームを使う。

 
むかし2ちゃんのまとめで、オススメのリップクリームが紹介されていた。

【医薬部外品】DHC 薬用リップクリーム

【医薬部外品】DHC 薬用リップクリーム

  • 出版社/メーカー: DHC
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


それを寝る前に多量に塗っておくといいとか書かれていた。
なるほどー、と思い、今でもたまにやる。

ちばあきおのプレイボールで「舌で舐めるといい」というのを読んで以来、ずっとやっていたのだが、それだと却ってガサガサになってよく無いらしい。
ぺろぺろ2.png


唇は真っ先に目がいくパーツである。
ここのメンテナンスをアピっておけば、他のパーツのケアも行なっているとアピールできる。
人間の進化の過程で、むかしお尻で行なっていたセックスアピールを唇で表現するようになったという説もあるんだっけ。

そのことの効果が出たのかどうなのかわからない。
以前、同じ職場で働いていたアイドル並みに可愛い子が、リップクリームを忘れて取りに戻ってきたので渡してあげた。そのリップが例のDHCのヤツだったのである。

「DHCのヤツだね?」
「はい(笑)」

「やったー、詳しいアピールできたぞ!」と内心思ったのだが、でも女の小道具知ってるのもキモいかなとも不安に思ったりした。が、その後、彼女から「私とお別れになっちゃうんですよ、いいんですか。」「一緒にご飯行くとかアリですか」などのモーションを受けてデートできたので、まあ効果があったのかはともかく失敗では無かったようだ。

あれからそろそろ一年か。。。

 
「岡崎に捧ぐ」にも唇ペロペロを卒業するシーンがある。
ぺろぺろ1.png

 

【医薬部外品】DHC 薬用リップクリーム

【医薬部外品】DHC 薬用リップクリーム

  • 出版社/メーカー: DHC
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

モテたいなら鍛えるべき筋肉は頰筋!ついでにPDT2回目の結果発表 [モテる漫画]

TVerで見ている「探偵ナイトスクープ」1月5日放送分で、笑顔の矯正を受ける回があった。周囲から笑い顔がわざとらしいとよく言われる依頼者が、春から営業職に就くので番組に矯正を依頼。好きな漫才のDVDを見てガチ笑いする姿がなるほどわざとらしい。結局、プロに依頼。頬の筋肉を持ち上げるレッスンを受けると、結構よくなった。
割り箸.png

本宮ひろ志の「実録たかされ」の中にこれと関連した印象深いコマがある。
たかされ1a.png
人間の顔には全く表情をつけない自然の顔がある。顔の筋肉を使わないニュートラルな地の顔だ。地の顔が笑い顔ならそれだけで特な生き方をする。怒りの顔、泣き顔、アホ顔。この時の江川の顔は泣き怒り顔だ。決して他人から好かれる顔ではない…。」

で、「極意を知るには数をこなすこと」というアサギロのセリフに従い、お金を払ってプロに自分のエスコートを批評してもらうの第二回の話。去年の夏頃の話だ。
PDT1.png
女子高生にイケメンだとツイッターに書き込まれるぐらいのレベルにあるにも関わらず、100%の確率で意中の女の子に振られてしまう自分。よく「眠そう」と言われることがその原因なのではないかと1回目のトレーナーに相談してみると、備えて挑んだにも関わらず、疲れた顔、笑顔が少ないと言われる結果に。もっと長篠の戦いのごとく、機関銃のように笑顔を作らなければいけないと臨んだ2回目のトレーナー(前回とは別の女の子)の反応は?

「笑顔が少ない?眠そうな顔?全然そんなことないですよ。はにかんだ笑顔がすっごい可愛いし(笑)」

ハチミツ.png

あっさりクリアしてしまい脱力した。

彼女がどんな子なのか。
20代半ば。女子力を上げきって少し落ち着いた頃の女の子という印象。
トレーナーと会う前にメールで色々交渉ごとをしたり互いの情報(ニーズ)を引き出すのだが、最初の女の子が熱心だっただった分、二人目の子はちょっといい加減な感じ。偶然かもしれないが年齢を伝えるキッカケでそうなったように思う。実際、あとで自分の印象を聞くと、「またおじさんかと思っていたので(イケメンで)ラッキーと思ったと言っていた。ちなみに数分だが遅刻もしてきたのである。

美術館デートをした。
最初は駅から歩いていく予定だったのだが、事前に予行演習してみたところ、時期が夏真っ盛りだったのでこれは汗だくになって無理だと思い、普段めったに使わないタクシーを使うことにした。予行演習してみるもんである。ちなみに二人っきりになるドライブデートはNGなのだ。

美術館も馴染みのない場所ではあるが、それでも予定を大幅に超過して、気づけば2時間ぐらい過ごしてしまった。気まずい沈黙になることもなく、である。なかなかやるなあ、俺。あまり心を動かされない作品の場合、額を見るのがオススメだと今回思った。額は作品を引き立たせるために作られているので、どんな額を使っているかで、どう見てもらいたい作品かということが何か喋れるのだ。ギャラリーフェイクからの知識ですが。
 

で、最後の1時間はトークである。
冒頭の笑顔が問題ない話に戻る。

最初の印象はあまり良くなかったが、2時間付き合ってみて特に彼女から悪い印象は無かった。
エスコートも問題なかったと思われる。
彼女の当たりも悪くない。

ネタばらしすると大層驚いていた。
「信じられないです。。。真面目そうで、浮気とか絶対しそうにないの、わかります」

しかし付き合えるかと聞かれれば返事はNO。
年齢がネックだという。
10歳若ければ付き合っていたと思うとは言っていた。

ちょっと口説いていい?と尋ねると、どうぞと彼女。
あれこれやってみたが、彼女は首を縦に振らず、気まずい別れとなった。

この口説きはちょっと失敗だったと思う。
「真面目そうで」という彼女の言葉から、真面目キャラで口説いてしまった。
誠実な口説きは正論みたいなもので、断るのに罪悪感を持たせてしまう。
さらに真剣であるという態度は怖い部分もある。

バカ負けさせることが必要だったと思う。
とにかく笑わせて口説く。

「次に付き合う人と結婚したい」「先立たれるのが嫌」というのが年上NGの理由だった。
だったら、「その人と一緒に天国に行くために、まずは俺と付き合うことで善行を積まないと天国いけないよ」とか言えば、笑ってくれたかもしれない。

 
口説きの失敗はあったにせよ、課題をあっさりクリアしてしまい、彼女にとっても直すべきところも見つからないらしい。年齢のことはあるが、それも言い訳のような気もする。だってデートを申し込んでくれる女の子もいるんだからさ。まだ何か欠点がある。それが何かは彼女も分からないらしい。ちょっと落ち込んでしまい、それ以後、トレーニングは申し込んでない。だが、また近々やろうと思う。

口角あげないとモテない件は時々思い出して鍛えている。
ナイトスクープの依頼者も、笑った後にすぐ素の顔に戻ってしまうのが作り笑いに見られる原因という解釈もされていた。同じような部分があると思う。女の子がいる場所では、ずっと口角を上げ続ける癖をつけるぐらいでないといけないのかもしれない。

 

探偵!ナイトスクープWalker ウォーカームック

探偵!ナイトスクープWalker ウォーカームック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/12/14
  • メディア: ムック


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

「友達かも!?」気まずい雰囲気に陥る前に見ておくべき「バチェラー・ジャパンシーズン2」第7話 [モテる漫画]

剛力彩芽のメロメロっぷりがすごい。
ZOZOタウンの社長の金に転んだとかいう人も多いけども、それだけでは無いと思う。
金があっても女にモテず、無理やり強姦して捕まったりする芸能人、殺されちゃったりするドンファンなど、例を挙げればキリがない。明石家さんまにだって転ばなかったのが剛力彩芽なのだ。
アンデルセン5.png
(画像は井雲くす「ぼくは愛を証明しようと思う。」)

そこへ行くとZOZO前澤友作は子供を産ませた女性が2人いて、さらに紗栄子と付き合っていた。元プロのバンドマンだったとかで、色々ウェーイ!的な、女性に取っつきやすいキャラだったんではないかなあと推測してしまう。単なる金持ちではない。
小口3.png
インベスターZのお試し無料版のZOZOタウン編があった)

 
さて、前回からの引き続き、「バチェラー・ジャパンシーズン2」の話。
バチェラー福満3.png
2代目バチェラーは振られることより振ることの方が多いという。
番組内でもかなり可愛い子をバッサバッサと落としていった。
回を重ねて親密になった子でも、合わないとわかれば即落としてしまう。

よく「内面ガー」「内面ガー」と言われるが、内面というフレーズの本質的な意味は「波長」だと思う。2代目は女性の容姿よりも、「波長が合うか合わないか」にかなり重きをおいているように見えた。外見よりも、内面重視な男なのだ。女遊びに飽きた男が、本気でパートナーを探しに来ている感がある。

貞操観念がしっかりしていて男に尽くすタイプの控え目な美人、これが最強のNGワードだった。彼から見ると「面倒くさく、男に依存した、主体性のない女」という風になるらしい。すごいぜ2代目。

シーズン2最大の見所は、第7話の小口那奈子による「友達かも!?」発言である。
周囲から見ても急にテンションを落としていった小口が、2代目とのデート中にとびきりの笑顔で「冷めて来た」的な発言をする衝撃的な展開。なんかどこかで見たような流れだ。あ、俺が時々遭遇する空気に似てるかもしれない。これをどう繕えばいいのか。思い出しただけで嫌な汗が出てくる。

「俺と結婚するイメージ、ちょっとでも湧く?(笑)」
「うーん……………(笑ってごまかす)……………ちょっと考えてもいい?(笑)」
「いいよ全然(スマイルなし)」

「やっぱちょっと不安になることもあったりとか、楽しいけど友達みたいな部分もあるのかな?(笑)
小口2.png
「あー、なるほどね(スマイルなし)」
「楽しすぎるぶん、みたいなね(笑)………うん、うん。(自分で頷く)」

「俺本当に女性として見ているつもりだし…(引きつった笑顔)」
「沖縄まではドキドキしてたんだけど、そのあとの軽井沢からキチンと話す時間がなくて、時間が空いたぶん考えすぎちゃったっていうのもやっぱりあるのかなって…」

「俺の中の那奈子って特別だったから、できればまだわからない人たちと時間取りたいなっていうのがあって、その間待たせちゃったっていうのも事実で、今日東京で一番最後にとってあるのは特別だからだし、…その、俺別に友達じゃねーし。
小口1.png
2代目ですら打開策はなく、解散した後に苛立ちを表していた。
しかしここから「追いかけエンジンに火がついた」という名台詞が飛び出す。一つ間違えればキモオタストーカーに降格してしまうオレには、一生火がつきそうにない。

結局、小口は戦線に戻ることを宣言。
番組内で、一気に真のラスボス感が出た。


 

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

誰もが初見で「かんちがい怪獣ババア」と思った福良真莉果に、別れの際に皆が号泣する!「バチェラー・ジャパン シーズン2」 [モテる漫画]

バチェラー福満3.png
けっこう経つけども、バチェラー・ジャパンシーズン2見終わった。

2代目バチェラーはサイバーエージェントの幹部。サラリーマンでもバチェラーになれるのね?というのがまず疑問だった(幹部をサラリーマンというのかよく分からんけども)。まあ、若くて億万長者の日本人ってのもそういないんだろうけど。これだったら俳優とか漫画家とかスポーツ選手でもOKだな。

ちなみに事前番組で高橋真麻が聞いて回って調べた結果を話していたが、前回のバチェラーは社会的地位で言ったら、サイバーエージェント幹部の肩書に劣るとのこと。シーズン1ではあちこちのデートスポットを圧倒的財力で貸切にした風な演出がされていたけども、絶対こんなに金あるはず無いと思っていたんだよなあ。

 
2代目バチェラーは肉食系でチャラい。
初見でコイツは敵だ!と思ってしまうキャラだったが、やはり見続けていくと親近感が湧いてくる。出演にあたって、会社には2ヶ月有給とったという。さすがインスタ映えしそうな会社は違うなと思ったが、それなりに摩擦もあったそうだ。体重も7kg落とすなど、努力もしている。イケイケにしか見えないが、「今度のバチェラーダサくね?」などと女性に思われていないか、内心常に不安だったという。

自分的に引っかかったのは、週末は鎌倉までドライブして過ごしているというフレーズ。なんかかっけえなあ。子供の頃、いつか湖周辺を彼女とドライブというのに憧れてた。それは何年か前に達成できたのだが、次は高速使って鎌倉的なとこ行って彼女と遊ぶというのを目標にしようと思う。

今回の女の子でヒットだったのは、福良真莉果

初見は「怪獣」だった。
会ったばかりでいきなり凄まじいパワーでバチェラーをベッドに押し倒し、そのまま食ってしまうんじゃ無いかという迫力だった。誰もが番組の趣旨を理解してない勘違いババアだと思ったと思う。即アウトだと思いきや、毎回生き残り、結局ベスト4まで残ってしまったのである。落選を告げる際にはバチェラーも号泣。その気持ちは視聴者が全員共感したと思えるほど、回が進むにつれ、キャラクターの良さが出た子だった。

スタイルも良く、ファッションのセンスも良い。ワイプの達人というか、表情のバリエーションが豊かで、それ見てるだけでも楽しい。


福良さんは男塾の冨樫虎丸ポジションっぽさもある。
俺は最初、「おもしろ枠で残しましょーよ」と絶対スタッフ推薦で残ってるんだと思ってた。
ふくら.png
(画像は「速攻生徒会」における、冨樫虎丸ポジションのパロディ)
 
続く

 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

出会いは回転寿司みたいなものだと思う。そこで思い出す島本和彦の「マンガの壺」 [モテる漫画]

全然ロマンチックな例えじゃ無いけど、出会いって回転寿司みたいなものだと思う。もうこんなに好きな女の子には出会えないって思うけど、そんな子が何回も流れてくるものだ。一度は取り損ねたその子が、また流れてくることだって長い人生にはあるかもしれない。

問題なのは、その子が流れてきたときに掴める力があるかということだ。この回転寿司は、誰でも好きなネタが取れるわけでは無い。生まれ持ってなんの努力もせずに「取れる」人もいるが、割と多くの人が努力を重ねて「取る力」を身につけている。運も大事だ。タイミング次第で取れるものも取れなかったり、本来取れないものが取れたりもする。

 
島本和彦の打ち切り漫画、「インサイダーケン」終了直後の短編に「インターミッション」というのがある。見えざる世界に「マンガの壺」というものがあり、そこに数々のネタが沈んでいるが、実力がなければつかみ出すことはできない、という設定で名作誕生の瞬間を表現している。
マンガの壺1.png
今回の話はコレに似ているような気がする。
マンガの壺2.png

 
アイドル並みに可愛い女の子に振られてからアレコレ努力して、まだ自分に伸び代があることを知った。過去最高に良い自分になってると思う。あとでまた書くが、PDTの二回目があり、前回の女性に指摘された部分が、今回の女性は全く感じないと驚いていた。努力は怠ってこなかったつもりだったが、まだまだ足りなかったということだ。あのとき、自分がこの状態だったらなと後悔は尽きない。でも、今だったら通用するかというのは正直わからないけども。

 
実は、アイドル並みに可愛い子以上に可愛い子と、むかし知り合ったことがある。バイトの後輩で、若い男から汚いオッサンまで、まるでスタンド攻撃を受けてるかごとく、連絡先を渡されまくっていた。その彼女と仲良くはなれたと思うが、彼女は俺のことを恋愛対象には見れなかったようだ。この時期、俺は結構調子がよかった。他にも行けそうな女の子が2人いて、うち1人から人生唯一の告白された。いま理由に気づいたが、それを断ったのは間違いなく彼女の存在があったからだ。
マンガの壺4.png
(画像はその彼女の書いた文章。ハニカミ顔が良いというのは今回のPDTの女の子にも言われた)

彼女とお別れしたとき、もうこんな女の子には二度と会えないと思った。アイドル並みに可愛い女の子が俺の前まで流れてくるのはそれから約10年後。奇跡といえば奇跡だけども、努力を続けていたからこそ、そのとき彼女からデートを誘われるぐらいの実力は身についていたわけだ。10年の間、容姿ではその2人に劣るけども、普通に結婚したいレベルの女の子が何人も流れてきた。

 
面倒くさいと思って嫌になることも多々ある。
取り乱して相手に不平不満を叩きつけたいという衝動に駆られるときもある。
でも必ず次のチャンスは来る。
失恋して努力を怠るのは勿体無い。
常に自分を最高以上の状態にして待ち構えないと損だ。

 
ちなみに「インターミッション」のオチは、小粒の作品を抱えすぎて「インサーダーケン」を落としてしまった炎尾燃が、「金の斧、銀の斧」よろしく出てきた壺の精霊に二つの作品を与えられるというもの。
マンガの壺3.png
そのうち一つは、この後すぐ連載を始める「ワンダービット」なのだが、もう一つの作品については「あとがき」でそのうち読めるかもしれないと匂わすのみに留めており、現在まで言及されているのを見たことがない。現在の島本和彦の実績からこじつけて考えてみると、「アオイホノオ」になるのだろうか。両作品には15年ぐらい間隔があるけども。。。

 

ワンダービット インサイダー・ケン編 (アスキーコミックス)

ワンダービット インサイダー・ケン編 (アスキーコミックス)

  • 作者: 島本 和彦
  • 出版社/メーカー: アスキー
  • 発売日: 1992/11
  • メディア: コミック



ワンダービット 1~最新巻 [マーケットプレイス コミックセット]

ワンダービット 1~最新巻 [マーケットプレイス コミックセット]

  • 作者: 島本 和彦
  • 出版社/メーカー: アスキー
  • メディア: コミック



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

倉科カナ、アッキーナを落としたよゐこ濱口の話術に学ぶ!「濱口女子大学」を見よう! [モテる漫画]

たぶんラジオからの転載なのだろうか。
よゐことドランクドラゴン鈴木と山本彩のトークが興味深い。
いわゆる「聞き役に徹しろ」という恋愛テクニックについて語っているのだが、倉科カナやアッキーナを射止めた濱口優の言葉なので必聴だ。


「女性との会話が上手くなりたいという願望があります。天気の話やなんの変哲もない世間話そしてしまい、進展もなく終わってしまいます。女性と話が盛り上がってるヤツがすごい羨ましいです。どうしたら女性が興味を引くような話ができるのでしょうか。」

というリスナーに対するお返事、一部省略、要約あります。
-------------------------------------
濱口「ひとことで解決できます。女性はあなたの話なんて聞きたくないです!話をしようとするのがそもそも間違いです。話を聞いてほしいだけです。男の意見なんてどうでもいいんです!私たちはずうっと女子の話を聞く番組、『濱口女子大』をやっております。120%はそういう女の子です。」

有野「それ間違ってるよ!っていうのは?」
濱口「それは一番嫌われます。」
鈴木「女性の意見はまず同調!否定しない!間違いないです!答え決まってます!いくら聞いてたとしてもその答えを導き出して、それでいいんじゃないっていうのを押して上げる。そういう事ですよね?」
濱口「人の話とか説教なんて聞きたくないんです。特に親父の説教なんてとんでもない!」
濱口1.png
(男の伝統的ダメ行為、風俗嬢に説教「課長島耕作」1巻より<無料>)

鈴木「話好きの人に見えて(濱口)優さん全然喋ってないですよ。トーク番組なのにずっと聞いてます。それにニコニコしながら、ああそうやなあって答えてあげると向こうも気分いいですもんね。」

山本「確かに自分のことに関心を持った話題の作っていき方だったらスムーズに話しやすいですよね。」
鈴木「正直、こっちは関心なんて持ってないですもんね。」
濱口「そんな事ないよ(笑)、ちゃんと俺は関心持って、どうなんだろうって聞いてるよ。」

有野「途中で気付くんじゃない?あれ?私ばっかり喋ってるんじゃないかって。」
鈴木「いやでも、それでも向こうは気分いいですもん。濱口さんにちゃんと聞いてもらえれば。間違いなくすぐに皆なんでも言いますよ。ポロポロと。
濱口「その子が話のプロみたいになってるよ」

濱口「女の子と盛り上がってる人のところ、よくみてくださいよ。絶対男は喋ってませんよ。それで、あそこは盛り上がってないなあっていうところは大体男が喋ってます。じゃあ。姿見るんじゃくて、一回背を向けてください。盛り上がってへんとこって男ばっかり喋っていて、女の子が相槌ばっかりしてます。で、女の子の笑い方が乾いてます。それが疲れてくると女の子の笑声がなくなって無表情になります。」
濱口2.png
(女だけ喋って男聞いてないイメージ「帯をギュッとね」5巻より<無料>)

濱口「それでですね、女の人は普通に天気の話してますよ。」
鈴木「めちゃくちゃしてるよ。男はパターンとしてそれがまどろっこしいんですよ。またコイツ落ちがねえな、これを言いたいんだろうに遠回りしてんなとか言って。ようはこれでしょ!みたいな事言っちゃうんです。それがまた女の子をムスッとさせる。

有野「先回りあかんねや?」
鈴木「先回り絶対ダメです!それわかるわーってニコニコゲラゲラ笑ってるだけで、女の子は勝手にふわふわふわふわ、ねえ?」

鈴木「濱口さんはちゃんと心から聞いています。表面上だけ僕は聞いています!(笑)」

山本「それは嫌ですけど(笑)。でも!でも!実際話していて、その人が面白い男性もいますよ多分。」

濱口「ウンウン。おるね。」

山本「だからそこは聞いていればいいってもんじゃないかもしれないですよ?」
鈴木「でも往々にして話がつまんない人が多いので。」

濱口「友達の女の子にね、気づいたことがあるんですよって言われて。濱口さんめっちゃ喋りやすいと。ふと、めっちゃ誘導されている事に気づいたんだと。私は自分が話し上手だと思っていたんだけど、ある日別のサラリーマンの人とかと食事会したときに全然喋れない事に気づいたと。なんでこんなに喋れないんだろうと思ったら、全然誘導もされないし、全然相槌も打ってくれないと。ああ、話まとめてくれてたんやってという事に気づいたんですって。

鈴木「一般の人は『要はこれだろ?』って言っちゃいますから。」

山本「濱口さんは聞き上手すぎるところがあるから、それが普通だと思わないほうがいい。」

鈴木「濱口さんは女性をダメにする!(笑)」
---------------------------------------

さらに他の人から仕入れた教訓ですけど、自分のことを聞かれたときですら、話さないほうが良いという人もいますね。実際そうなんだろうと思います。聞かれたら、相手が望んでそうな答えを少し言って、すぐに相手に意見を求める。将棋は一番最初の配置が一番防御力に優れているけども、一手進むごとにそれが崩れていくと聞いたことがある。それに似ている。

ジャンプで何読んでるか聞かれて、嬉々としてアレやコレや答え出すなんてとんでもないということですな。

とりあえず濱口女子大をチェックしようと思いました。
プライムビデオで観れるね。

 




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック
前の10件 | - モテる漫画 ブログトップ